オススメ

ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ
ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ

ユニバーサル・インターナショナル
移籍第1弾は、ニュー・アレンジの
セルフ・カバー・ベスト!!
小倉泰治さんもアレンジで
参加しています。
EXH〜EXILE HOUSE〜 [DVD]
EXH〜EXILE HOUSE〜 [DVD]

TBS系列でO.A.されていた「EXH〜EXILE HOUSE〜」のDVDが発売。
小倉さんサポートのスタジオ・ライブも収録。
EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜(3枚組) [DVD]
EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜(3枚組) [DVD]

小倉さんがツアーメンバーで
ご出演です。
早くもDVD & Blu-rayで
3月14日発売予定!!
EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~ (3枚組DVD)
EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~ (3枚組DVD)

EXILE TRIBE(一族)による
6大ドーム・ツアーのDVDが
早くも登場!
10月17日発売予定。
もちろん小倉さんご出演。
EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~ (DVD)
EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~ (DVD)

小倉さんがツアーに参加した、ATSUSHIさんライブ。いよいよDVDでリリースです。
道しるべ (SINGLE+DVD)
道しるべ (SINGLE+DVD)

ATSUSHIさんが自ら作詞・作曲を手掛けた、<日本の心>をテーマとしたシングル。小倉さんがピアノ&キーボードで参加しています。
EXILE LIVE TOUR 2013
EXILE LIVE TOUR 2013

EXILEの2013年ツアー「EXILE PRIDE」の東京ドーム公演をDVD化。小倉さんも出演しています!
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)

ATSUSHIさん待望のセカンド・アルバム「Music」がリリース。小倉さんがピアノ&キーボードで参加しています。

101 East 2 West

キーボーディスト小倉泰治氏を応援する音楽好きの管理人の勝手なつぶやき〜気まぐれ更新中。

  • 2009.12.30 Wednesday

愛すべき未来へ〜V2なるか、EXILE

愛すべき未来へ
愛すべき未来へ

今年、天皇陛下ご即位20周年国民祝典で、お祝いの歌を奏でた、
国民的エンターテイメント・グループ、EXILEのニュー・アルバム
「愛すべき未来」に、小倉さんもライブのサポートをしている
L-mode のみなさんが参加している。

このアルバム、12月2日にリリースされたのに、初日で、ミリオンを
突破したそうだ。すごすぎる・・・。
この日は、杏里さんのアルバムもリリースされていたというのに・・・。

L-mode のみなさんが参加している楽曲は、15曲収録されているうちの
14曲目「forever love」だ。
ATSUSHIさんがソロ・ボーカルをとっているバラード。

今年、10月にTBSの「EXILE HOUSE」の一環で、オンエアーされた
ATSUSHIさんのソロ・プロジェクト「EXH ライブスペシャル!
EXILE ATSUSHI プレミアム・ソロライブ」のライブに参加していた
コーラス・メンバーで収録されたそうだ。

コーラス・メンバーのクレジットを見ると、Noriko Lewis, marron,
Mieko Sudo, Masaki Imai の名前が・・・!!

そして、なんと、コーラス・アレンジは、Norikoさんがつけている
ではありませんか!!

「forever love」の冒頭、重厚なゴスペル調のコーラス・パートから
みなさんの歌声が炸裂していますよ。

さて、レコ大、EXILE は、V2達成なるか?!

  • 2009.12.25 Friday

究極ヒットパラダイス〜アラフォークリスマス〜

クリスマスの夜にオンエアーされた、杏里さんがご出演となる
「究極ヒットパラダイス 〜アラフォークリスマス〜」。

この冬になって、初めて実感として、小倉さんがいない、杏里バンドを
ビジュアルで確認してしまいましたねぇ。(自虐的)

オンエアーされた楽曲は、予想通りに、「悲しみがとまらない」と
「オリビアを聴きながら」の2曲。ニューアルバムからのアレンジ・
バージョンでした。オーディエンス、総立ちでしたね。

ボーカルは杏里さんの生歌ですけど、オケは当て振りかなぁ。
けっこう、「悲しみがとまらない」のピアノのパート、好きなんです
けど・・・。

ASKA 昭和が見ていたクリスマス


そして、今、この時間は、スカパーHDのTBSチャンネルでは、L-mode の
TINAさんNorikoさんのトニ・エルのおふたりとカミ・エルの marron ちゃん
がご出演していたASKAさんのライブ「昭和が見ていたクリスマス」が
オンエアーされています。

残念ながら、ワタクシメ、スカパーHDには加入してないので、この番組は
見ることができませんが、知人に、録画を頼みました!!
ブルーレイで録画してくれると言ってくれたんですけど、ワタクシメ
ブルーレイなるもの、持ってないんですよねぇ。
いったい、いつになったら見れるんでしょうか・・・?!

ブルーレイ・レコーダーくらい買えよ〜とお思いでしょうが、この不況
のこの時期に、なかなか新たなる家電は買えないんですよね。

ところで、今日オンエアーされているASKAさんのライブは、C&Aのサイト
のスタッフ・ブログによると、国際フォーラムの2日目の模様だそうで
スペシャル・ゲストで、岩崎宏美さんがいらっしゃったそうです。

なんと、そのスタッフ・ブログのお写真の後姿、ワタクシメ的には
L-mode のメンバーのあの方では、と思うのですが、いかが??

チャゲ&飛鳥さんのライブというと、以前に、大滝裕子さんと田中雪子さんが
コーラスでご出演になっていたことありましたよね。なんと言っても
ユーミン・コーラスのメンバーだったんですものね。

L-mode のメンバーのみなさんも、やはり、コーラスの部門では、日本を
代表する方々でいらっしゃるんですものね。

ところで、このライブで、「YAH YAH YAH」はやったかなぁ??
織田裕二さんが出ていたドラマ「振り向けば奴がいる」の主題歌で
よく、車の中で、大声で歌った思い出が・・・。

  • 2009.12.23 Wednesday

ONEPIECE FILM〜STRONG WORLD

SWITCH vol.27 No.12(スイッチ2009年12月号)特集:永遠のこども[尾田栄一郎×桜井和寿]ワンピース零巻

「ワンピース」言わずと知れた、週刊少年ジャンプに1997年から
連載されている漫画。先頃、最新刊の56巻が初版で300万部に迫る
とコミック史上最高初版発行部数を記録したことでも話題になった。

そして、この劇場版アニメが10作目のアニバーサリーを迎えるとして、
作者の尾田栄一郎氏が、アニメの製作総指揮に携わっている。

なんてったって、「ミスチルが主題歌を歌ってくれるなら、
(製作総指揮)をやります」って尾田っちが言って引き受けた
というくらいの作品だから、その出来栄えたるや、ルフィ風に
言ったら、目がキラキラして、「すげぇーー」って感じ。

この映画のキャッチが「遂に本物が動き出すー」というもの
だけあって、原作者の尾田っちだからこそ、設定がいじれる、
プロットも、そして、デザインも・・・というところの完成度の
高さはすごいと思った。

OPのアニメの劇場版って、見たことなかったけど、今回のは
もう作画からして、すごく美しいもんね。アニメ版は
コミックと比べると、作画の絵が似てねぇ〜と思うことは
幾度もあるけど、この劇場版は、すんごく美しいもんね。
ストーリーも、見応えがあるしね。

あ〜、子供に騙されて、観に行ってよかったよー。
なんか、少年マンガなのに、胸のすく様な登場人物の生き方や
感動シーンで涙すること多々、そして、意表をつくギャグなど
めちゃくちゃおもしろいもんね。

でも、密かにコミックは、何巻か持っているぜ。

  • 2009.12.20 Sunday

E.YAZAWA ROCK'N' ROLL@日本武道館

トランポ2009

昨日、永ちゃんの武道館ライブ、3日目に行って参りました。
今年は、東京ドーム公演のあと、ツアーに突入しているので
セトリとしては、ドーム+アルバム”ROCK’N'ROLL”中心。

やはり、アルバム・タイトルの「ROCK’N'ROLL」にも
あるように、尖がった、Rockな曲が続く。

やはりね、キャリアが長いと、持ってる楽曲も多いわけ
じゃないですか〜。やはり、過去のシブい曲とか、
ライブでも、ちゃんとPick Upしてますよね。

永ちゃんのライブは、やはり、ご自身がプロデュースを
しているということもあるでしょうが、ツアーの最中も
1〜2曲、必ずセットリストを変えてますよね。

そういう心遣いっていうか、客をナメてないというか、
手を抜いてないっていうか、客を飽きさせないというか
長く走り続けられる、ファンが付いて来るところでも
あるのかな〜なんて。

やっはり、また見たい!って思うライブですものね。

そうそう、MCですんごく印象に残ったのは、「Lady
バッカス」の中に、「シームが流れる」って歌詞が
あって、その「シーム」って何ですか?のくだりです。
そうなんだ、ストッキングの縫い目のことなんだ〜。
今回のアルバムの歌には、艶な女性が登場するもんね。

とにかく、ドームに続いて、ロックなライブでした。
最高にうまいビールは、新幹線の中でプレモルを
飲みました♪

本日のタオル
そして、今日のタオル

SET LIST

1.トレジャーハンター
2. BROTHER
〜MC〜
3. 未来をかさねて
4. 小悪魔ハニービー
5. KISS KISS KISS
6. チャイナタウン
〜MC〜
7. Take It Time
8. Loser
9. Lady バッカス
10.FLESH AND BLOOD
11.君と・・・
〜MC〜
12.あの日、アイツに
13.雨に打たれて
14.オイ、そこの Friend
15.Sweet Rock'n' Roll
〜MC〜
16.YES MY LOVE
17.傘
18.ディスコティック
〜メンバー紹介〜
19.スタイナー〜逃亡者
20.ひとりぼっちのハイウェイ

アンコール

21.ワン・ナイト・ショー
22.コバルトの空
23.止まらないHa〜Ha

    

  • 2009.12.04 Friday

INSTORE LIVE @ TOWER RECORDS

杏里さんのアルバム発売を記念して、タワーレコードで
インストア・ライブが、開催されたそうだ。

夏に、永ちゃんも自身のレーベルから初めてアルバムをリリースした時に
インストア・ライブを決行した時は、38年のキャリアで初!でしたが
杏里さんも、31年のキャリアでは、初の試みだったよう。

ライブで演奏された楽曲は「悲しみがとまらない」「オリビアを聴きながら」
「Affection」「DANCE WITH NOSTALGIA」の4曲だそうです。

この冬のライブでは、小倉さんは、杏里バンドの一員ではないんですよね。
残念・・・。

で、このインストア・ライブの模様は、以下のスポーツ新聞に載っています。

スポニチ

報知新聞

デイリースポーツ

 

  • 2009.12.02 Wednesday

ANRI AGAIN〜Best Of Myself

ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ
ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ

杏里さんのセルフ・カバー・アルバムが、本日リリースされた。
洋楽部門のレーベル移籍第一弾ということで、洋楽テイストなアレンジが
ウリになっている一枚。いろいろなクリエイターが、意匠を凝らした
アレンジが、新しい杏里サウンドを彩っている。

杏里さんといえば、やはり、アップテンポな曲あり、バラードあり、
音楽のルーツがディスコサウンドや、R&Bにあることもあり、
こういうデジタル・トラックにのった、杏里さんの歌声は、新鮮さも
あり、どこか懐かしさもあり・・・。

ワタクシメが一番好きなのは、やはり、小倉さんがアレンジした
「ドルフィン・リング」が秀悦かな。はじめて聴いた時には
鳥肌が立ってしまいました。

小倉さんの得意な、バラードのリズムパートをレゲエにのせて、
テンポをミディアム仕立てにする手法、そして、今回は、ジェイク・
シマブクロさんが、参加していて、小倉さんのトラックに、ウクレレの
アコースティックなサウンドが、独特なゆらぎを醸し出しているので
聴き心地がとてもいい。

そして、水滴の音やイルカの鳴き声も、いい感じで、花を添えてる
感があり、ジェイク・シマブクロさんのウクレレ、見事にフィーチャー
させている感があると思います。

そして、杏里さん、やっぱりいい楽曲たくさんあるじゃん!!と思わ
せるのが、「Fly By Day」ですね。この曲は、1982年にリリースされた
アルバム「Heaven Beach」に収録されている、角松敏生さんの楽曲。

アレンジのベースは、ハウスなんだけど、リズムセクションがラテン
っていうか、サンバ調になっているのが、ビバ!カリフォルニアで素敵!
なんて・・・。(意味不明で、すいません)

それにしても、「オリビアを聴きながら」のボサノバのアレンジは
素敵ですね。やはり、名曲です。

そして、もう一曲、小倉さんのアレンジの「Affection」。
夏のディナーショウのアレンジは、原曲に近いものなので、正統派な
バラードアレンジなんですけど、今回の小倉さんのものは、やはり、
テンポがミディアムで、小倉さんのピアノの高音の流麗なパートが
やっぱり、ゆらぎ感が出ていて、とても気持ちがいい。

デジタルトラックの中にあってこその生身のアコースティックな
ウクレレやピアノの音、これを狙っての、グルーブ感やゆらぎのある
小倉さんならではのアレンジ、ワタクシメ的には、かなり、
気に入っているところであります。

ただ、ワタクシメとしましては、このデジタル・トラックなアレンジの
セルフ・カバーの対極の位置づけの傑作として、小倉さんがサウンド
プロデュースをした、リ・アレンジ・ベスト「R134 OCEAN DeLIGHTS」を
挙げたいと思います。

やはり、生身のミュージシャンが演奏しての、ライブ感のある一枚だし
このバンドのみなさんで奏でられてこそのグルーブが好きなんですよね・・・。

R134 OCEAN DeLIGHTS
R134 OCEAN DeLIGHTS

  • 2009.12.01 Tuesday

「嵐の宿題くん」チェーンメール

来たーーー!!

またもや、番組の企画を謳う、チェーンメール!!
今回は、「嵐の宿題くん」です。

転送されてきたメールは以下に。
>>>テレビ番組「嵐の宿題くん」で メールがどこまでつながるかを 
嵐が実験競争中だそうで、スタートが嵐松本潤くんから始まって 
とうとう回ってきました(^0^)/
>>>これと同じメールを、10人に送ってください。
>>>この結果は12月24日放送です。
>>>絶対にとめないでね
>>>お願いしますチェーンメールじゃないです※ヨロシク!

ちなみに、日テレの「嵐の宿題くん」のホームページでは、
「ご注意ください!」と注意喚起をしています。

やっぱり、申し訳ないと思って、メールを転送してしまう人もいるよね。
そんなときのために、お役立ちのサイトがあります。

迷惑メール相談センター
のサイト内、その名も、「撃退チェーンメール」!!

チェーンメール転送先アドレスも、用意されています。
小学生のみなさんにも読めるよう、ひらがなもふってあります。
良心に耐え兼ねたら、一度アクセスしてみてください。

やっぱり、転送しないのが、大事だと思います。

Go to top of page