オススメ

ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ
ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ

ユニバーサル・インターナショナル
移籍第1弾は、ニュー・アレンジの
セルフ・カバー・ベスト!!
小倉泰治さんもアレンジで
参加しています。
EXH〜EXILE HOUSE〜 [DVD]
EXH〜EXILE HOUSE〜 [DVD]

TBS系列でO.A.されていた「EXH〜EXILE HOUSE〜」のDVDが発売。
小倉さんサポートのスタジオ・ライブも収録。
EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜(3枚組) [DVD]
EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜(3枚組) [DVD]

小倉さんがツアーメンバーで
ご出演です。
早くもDVD & Blu-rayで
3月14日発売予定!!
EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~ (3枚組DVD)
EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~ (3枚組DVD)

EXILE TRIBE(一族)による
6大ドーム・ツアーのDVDが
早くも登場!
10月17日発売予定。
もちろん小倉さんご出演。
EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~ (DVD)
EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~ (DVD)

小倉さんがツアーに参加した、ATSUSHIさんライブ。いよいよDVDでリリースです。
道しるべ (SINGLE+DVD)
道しるべ (SINGLE+DVD)

ATSUSHIさんが自ら作詞・作曲を手掛けた、<日本の心>をテーマとしたシングル。小倉さんがピアノ&キーボードで参加しています。
EXILE LIVE TOUR 2013
EXILE LIVE TOUR 2013

EXILEの2013年ツアー「EXILE PRIDE」の東京ドーム公演をDVD化。小倉さんも出演しています!
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)

ATSUSHIさん待望のセカンド・アルバム「Music」がリリース。小倉さんがピアノ&キーボードで参加しています。

101 East 2 West

キーボーディスト小倉泰治氏を応援する音楽好きの管理人の勝手なつぶやき〜気まぐれ更新中。

  • 2008.01.04 Friday

大発会 2008

初おみくじ

今日は仕事始め。

それにしても、納会&発会のこの下げはなんだ?!というほどの下げ。
日経平均14691.41 (-616.37)って、昨年の11月の安値も下回ったよ。

波乱の幕開け。でも、下がったら上がるしかないと思って買うか。
ちなみに、今日のおみくじ。
「買え 今が最上」だって。ホンマかい?(笑)

  • 2007.09.13 Thursday

安倍首相辞任表明

9/12は、ANRIさんのアルバムのリリース日だ。

アルバムのリリースのプロモーションの一環として、TV番組にも出演される
スケジュールもあったのに、今日のこのニュースの「特番」によって、
オンエアの変更を余儀なくされる・・・。

NHKの「SONGS」までが、来週9/19にオンエアが変更になってしまった。

さて、なぜ今、「辞任」なのか。今、取りざたされている話題が
首相の周辺に迫った「脱税疑惑」と「健康問題」。
いずれも、政権にとっては、致命的。ならば、先手を打って、「辞任」なのか。
エヴァンゲリヲンの主人公、碇シンジだって「逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ」
って言ってる。

相場に携わっているワタクシメとしては、昼過ぎからの報道が伝わった瞬間
緊張が走る、長い一日となった。

私の今のポジションは、「ベア」だ。日経平均225が、下落すると儲かる
というポジション。8月の月末に、ブルのポジションからベアにひっくり
返した。理由は、単純。7月の高値18295.7から8月の安値15262.1の
半値戻しを達成しなかったこと、そして、8/31は、高かったからだ。

相場の格言の中に、「半値戻しは全値戻し」という言葉がある。
高値から安値までの下げ幅の1/2戻しを達成するのなら、もとの高値までは
戻りますよって意味。

さて、明日からの相場をどう読むか、だ。
安倍首相が辞任したところで、次期首相が誰になっても、衆参のねじれ現象
には変わりはなく、困難な国会運営は続く。そういう意味では、政局リスクは
継続される、ということだ。

多分、一番気になるのは、外国人投資家の動向だろう。海外投資家は、政局混迷
や政治空白を嫌う傾向がある。速やかな次期総裁選びのスケジュールを当日に
発表しているのも、空白を避ける意味がある。だが、評価はネガティブと見る。

現在の金融市場は、米国のサブプライムローン問題に端を発した世界の市場の
混乱の影響が出ているが、これに、日本独自の政局問題が増えた、
というところか。

どちらにしても、週末のSQ、FOMCと、相場の変動には事欠かない材料が
控えている。2番底をつけに行くのか、それとも、もう底は打っているのか・・・。

  • 2007.03.02 Friday

鉄が、踊る大相場戦?!

さて、年末から大相場の様相を深めてきた鉄鋼株。

本日、新日鉄が上げ幅拡大。ドイツ証券が投資判断を中立から強気に、
目標株価を640円から1000円に引き上げたことで弾みがついた。

折りしも昨日、新日鉄は、今期連結経常益6%増に上方修正する決算と
増配と1000億円を上限とする自社株買いの方針を発表している。
また、今期最高益との予想もされている。

本来、鉄鋼株というのは、重厚長大産業の一角で、発行株数が非常に
多かったことから、株価が、なかなか飛ばない傾向なのだが、
バブル期には、そんな値動きの小さな鉄鋼株ですら、「鉄が舞う」と
形容されるほど、鉄鋼株の値段が飛んだ時代があったのだ。

さて、先日もBlogに書いたんだけど、この鉄鋼株の大相場とTBS開局
55周年の記念ドラマ「華麗なる一族」のオンエアが重なっているのは
非常に興味深い。主人公のキムタクが扮する万俵鉄平は、阪神特殊
製鋼の専務だ。(←これは、一度倒産している山陽特殊鋼がベースか)
ドラマの中では、「鉄は国家なり」といわれた1960年代の
製鉄業界と金融再編を迎える銀行業界の世相がよく描き出されている。

さて、今、鉄鋼株が買われる理由として挙げられるひとつに、業界再編
がある。今年の相場のテーマとなるM&A(企業の合併・買収)だ。
昨年の鉄鋼業界では、世界最大手と世界2位の企業が経営統合したり
英蘭コーラスを巡る買収合戦が展開されるなど、国境を越えた再編が
進んでいて、M&A関連と捉えることもできる。

(ある意味、「華麗なる一族」でテーマになっている金融再編も
父・大介氏が目論む、小が大を喰う合併、というのもM&Aである)

また、2007年の世界の自動車生産台数が1位となるであろうトヨタ自動車
に、高級鋼板を供給できるのは、世界広しといえども、その技術力を
有するのは、日本の鉄鋼メーカーでしかない。

新日鉄の上場来高値は、89年につけた984円である。
さて、この上場来の高値をいつ更新するんでしょうかねぇ。

  • 2007.01.20 Saturday

相場心得帳 P2

忘れちゃいけないこと。

株の売買というのは、「売り」と「買い」が出会って
はじめて商いが成立する。

っていうことは、自分が買った時には、売っている人が必ず
いるわけで、自分の行為のまったく反対のことを考えている人が
いるということ。

利害関係が衝突しているということなんだけど、やっぱり
感情に支配されないで、冷静に相場を眺めることが必要って
ことですかね。

株の相場観って、ある意味、その人の人生観が映し出されるものかも
しれないですね。

  • 2007.01.16 Tuesday

相場心得帳 P1

やっぱり、一番簡単だけど一番大事なこと。

株は、安く買って高く売る。

これが、なかなかできないんですよねぇ。

  • 2007.01.04 Thursday

大発会

おみくじ

今日は仕事初め。

神社にお参りに行き、ひいたおみくじ。
こんなふうに出したら、ご利益がなくなっちゃうかも(苦笑)
「相場 上がる買え」
ちなみに、戦後の株式市場では、亥年は、唯一、負け知らずの干支だったりする。

さて、今年の相場は?

  • 2006.05.08 Monday

円高だぎゃ。

円ドルチャート(週足)

GW明けたら、いきなり111円台の円高。日本のマーケットはお休みでも
海外マーケットでは、相場は動いていたわけで・・・。
米著名投資家のウォーレン・バフェット氏が、「膨張する米国の経常赤字は
ドルの下落をもたらし、米国でインフレを誘発する可能性がある」と警告したと
いう発言も材料視されているようだ。(う〜ん、ドルの売りポジションで儲けて
いるのだろうか。)

さて、1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144・・・
この数列を見て、はっと思われた方、最近、「ダ・ヴィンチ・コード」を読まれ
ましたか?そう、暗号解読の手法としても使われていました、フィボナッチ数列と
呼ばれる一連の数字です。(この数列の数をひとつ手前の下位の数で割ると
1.618倍の割合になり、ひとつ上位の数で割ると0.618倍の割合になり
ファイと呼ばれるものですが、これが黄金分割の比率ということ。)

そして、ダ・ヴィンチの発明品、あるいは、絵画の中にも登場しますが、美しいと
される比率、例えば、パルテノン神殿、音階、オーム貝の渦の形状、ひまわりの種
が、花の上で作る曲線の渦・・・など、自然界にも存在するこの比率を黄金分割と
呼んでいるんです。
例えば、名刺とかクレジットカードの長方形のバランスは、1:1.618の比率
で、美しいとされる分割比です。

実は週足の円ドルチャート、昨年1月17日の高値101.67円から昨年12月
5日の安値121.39円に向かって対角線を引いてできた三角形は、この比率に
あてはまったりもするんですよ。

さて、現在の円ドルレートの111.54円は、昨年の高値から安値の幅の半値
戻しの水準にあります。例えばこの分割比の61.8%戻しの水準を当てはめると
109円台付近まで円高になる可能性もあるわけです。
どこまで円高は進みますかな。

ところで「ダ・ヴィンチ・コード」は、いよいよ5月20日から公開されますね。
トム・ハンクスのラングドン教授というのは、個人的には小説を読んでいても
どうもイメージが浮かばないんですけど(ごめんなさい)映画もぜひ、見てみたい
と思います。

Go to top of page