オススメ

ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ
ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ

ユニバーサル・インターナショナル
移籍第1弾は、ニュー・アレンジの
セルフ・カバー・ベスト!!
小倉泰治さんもアレンジで
参加しています。
EXH〜EXILE HOUSE〜 [DVD]
EXH〜EXILE HOUSE〜 [DVD]

TBS系列でO.A.されていた「EXH〜EXILE HOUSE〜」のDVDが発売。
小倉さんサポートのスタジオ・ライブも収録。
EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜(3枚組) [DVD]
EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜(3枚組) [DVD]

小倉さんがツアーメンバーで
ご出演です。
早くもDVD & Blu-rayで
3月14日発売予定!!
EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~ (3枚組DVD)
EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~ (3枚組DVD)

EXILE TRIBE(一族)による
6大ドーム・ツアーのDVDが
早くも登場!
10月17日発売予定。
もちろん小倉さんご出演。
EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~ (DVD)
EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~ (DVD)

小倉さんがツアーに参加した、ATSUSHIさんライブ。いよいよDVDでリリースです。
道しるべ (SINGLE+DVD)
道しるべ (SINGLE+DVD)

ATSUSHIさんが自ら作詞・作曲を手掛けた、<日本の心>をテーマとしたシングル。小倉さんがピアノ&キーボードで参加しています。
EXILE LIVE TOUR 2013
EXILE LIVE TOUR 2013

EXILEの2013年ツアー「EXILE PRIDE」の東京ドーム公演をDVD化。小倉さんも出演しています!
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)

ATSUSHIさん待望のセカンド・アルバム「Music」がリリース。小倉さんがピアノ&キーボードで参加しています。

101 East 2 West

キーボーディスト小倉泰治氏を応援する音楽好きの管理人の勝手なつぶやき〜気まぐれ更新中。

  • 2008.07.30 Wednesday

歌鬼(Ga-Ki)〜阿久悠トリビュート〜本日発売

歌鬼(Ga-Ki)~阿久悠トリビュート~
歌鬼(Ga-Ki)~阿久悠トリビュート~

阿久悠氏のトリビュート・アルバム、本日発売です。

杏里さんがカバーした「ひまわり娘」から聴きました。
それでもって、アレンジは誰がなさったのか、すぐにチェックして
しまう、このサガが悲しいわ。ちなみに、清水信之氏でした。

阿久悠氏が書いた、この「ひまわり娘」の歌詞に、
「そしていつも見つめてくれる あなた太陽みたい」
という一節があるんですけど、
まさに、杏里さん、太陽であり、また、ひまわりの花のよう
であり、「白い夏のひざし」のような方であります。

そういえば、ひまわりの花言葉は、「憧れ」「あなたを見つめる」
でしたよね。

やはり、阿久悠さんの手掛けた楽曲はすばらしいですね。
個人的には、「ジョニイへの伝言」の塩谷哲さんのアレンジが
JAZZYでいいですね〜。
それと、「時の過ぎゆくままに」の押尾コータローさんの
ギターの音色が好きです・・・。

阿久悠氏の没後一年の8月1日に、日テレで「ヒットメーカー阿久悠物語
が、オンエアーされますよね。ちょっと見てみようかなと思います。

  • 2008.07.27 Sunday

ADLIB 2008年8月号

ADLIB (アドリブ) 2008年 08月号 [雑誌]
ADLIB (アドリブ) 2008年 08月号 [雑誌]

今月のADLIBに、杏里さんの紙ジャケ仕様で再リリースされた
角松3部作復刻の記事が載っている。

P37には、カラーページで、「NEW DISC」のコーナーでもピック・アップ
されている。

3部作の2作目、「Timely!!」では、「Cat's Eye」や「悲しみがとまらない」
など、今でも、ANRI CLASSIC となった大ヒット曲を収録していたり、
時期的にも、角松敏生さんのプロデュースの成功や、その後の杏里さんの
路線を決める重要なターニング・ポイントとなったシリーズと言って
過言ではないと思う。

杏里さん得意のダンス・チューンも、この辺りのアルバムから
スタートしている。この時期を経て、バブル経済絶頂期とも重なる
小倉泰治さんがサウンド・プロダクトを手掛ける、杏里さんの黄金期に
突入していくのです。

今回の紙ジャケ仕様の3部作は、リマスターされ、新たに収録された
ボーナス・トラックもあって、また聴き直してみたいものです。


杏里/Bi・Ki・Ni(紙ジャケット仕様)杏里/Timelly!!(紙ジャケット仕様)杏里/Coool(紙ジャケット仕様)

  • 2008.07.24 Thursday

ミューズの晩餐〜杏里〜2008年7月19日オンエアー

遅ればせながら、テレビ東京系列で7月19日(土)にオンエアーされた
ミューズの晩餐」の録画を観ました。またまた、親切な杏里さん
ファンの方に、お世話になりました。ありがとうございます。

なんてったって、静岡では、テレビ東京をネットしているキー局は
ないんですもの。おかげさまで、金融関係者必見の「ワールド・
ビジネス・サテライト」とか、「モーニング・サテライト」は
ネットしてないから、とっても大変。
「ガイアの夜明け」や「カンブリア宮殿」だって、ちゃんと見たい。
(すいません、ここんとこは、単なる愚痴です)

さて、この番組は、「音楽の女神に愛されし人々の人生で一番大切な曲、
あの名曲に秘められた物語」を語り合うのがコンセプトの音楽空間。

映像で、杏里さんの阿久悠氏のトリビュートアルバムの収録の模様が
出てきましたが、ワタクシメ、「ひまわり娘」を聴いて思い出しました。
この曲、こんなタイトルの曲だったんですね〜。
杏里さん、声質に合っていますよ!!

そして、オンエアーされたのは、カバーアルバム「tears of anri 2」で
小倉さんがアレンジなさった「最後の雨」。小倉さんがピアノを弾いて
いないのは、残念ではあるんですけど。

このアルバムについて、杏里さんが「キー(音域)が上がった」と話して
いらっしゃったのは、とても興味深く聞きました。「男性ボーカルの歌
だったので、キーを高めにした」というのにも、驚きました。
杏里さん、ボイス・トレーニングもちゃんとしてらっしゃるんですね。

さて、杏里さんの音楽人生をスタートさせた「My first music」は
「ポール・モーリア・オーケストラ」だったとのこと。お父様と
江ノ島に行ったりした時のドライブ・ミュージックだったとのこと。
この話は、有名ですよね。

そして、「My Song,My Life 人生で一番大切な曲」は、オリビア・
ニュートン・ジョンの「そよ風の誘惑」とのこと。
そして、デビュー曲の「オリビアを聴きながら」の「オリビア」は
オリビア・ニュートン・ジョンのこと、というのも、ファンの間では
有名な話ですよね。

そして、「そよ風の誘惑」をピアノとナビゲーターの川井郁子さんの
バイオリンをバックに、アコースティックに杏里さんが歌われるのを
聴けるのも、すごく貴重でした。

杏里さん、番組の最後に、「オリジナルはもう少し待ってください。」
っておっしゃってましたね。

それにしても、本当に内容の濃い25分のプログラムでした。

  • 2008.07.20 Sunday

週刊朝日2008 7/25号

週刊朝日2008年7月25日号

7月18日(金)に発売された「週刊朝日」7/25号の林真理子さんとの
対談「マリコのゲスト・コレクション」に、杏里さんが登場!!

P52〜P56にわたる記事は、最近の杏里さんの胸のうちを語ってます。
杏里さんの「社長業」の話、「予知夢」の話。

杏里さんは、シンガーソングライター、歌手、の肩書きだけでなく
キャリアを重ねた「ビジネス・ウーマン」になられたりもして
いらっしゃるんですね〜。バリ・キャリのスーパー・ウーマンの
杏里さん、素敵・・・です。

  • 2008.07.18 Friday

ふじさわ観光親善大使に杏里さん!

今日、早耳の友人から、お知らせメールがやって来た。

「杏里さんが、藤沢観光親善大使に就任」
おおーーー。しかし、ふと疑問が・・・。なぜに藤沢?
サザンは、茅ヶ崎だよね。湘南っていうのは、どの辺りまで?

うーん。ちなみに、ワタシクシメは、いつも空耳。
勝手な妄想で暴走し、聴こえてないものまで聴こえるヒト。
今、観ている「僕らの音楽」の今日のゲストは、福耳。
(関係ないっつーの)

自宅に戻って、ニュースを検索してみて、ナットク。
そうだ!江ノ島は、藤沢市だった・・・。(地元のみなさん、ごめんちゃい)
去年オンエアーされた、NHKの「SONGS」でも、江ノ島観光に行ってたし、
杏里さんのお気に入りの場所で、「原点」じゃないのーー。

ってなことで、就任式の模様を藤沢観光協会のサイトで拝見!
やはり、夏女、海女の杏里さんは、ブルーがよくお似合いです。

毎日新聞の記事は、こちら

藤沢市観光協会のサイトは、こちら

藤沢市観光ホームページは、こちら

  • 2008.07.16 Wednesday

『tears of anri 2 』 リリース!

tears of anri 2

今日、ANRIさんの第2弾カバー・アルバムがリリースされた。

今回は、業務多忙の為、フライング買いをする時間的余裕もなく
amazon から送られてきたのを、そのまま聴く・・・ということに。

それにしても、今回は、男性ボーカルの涙のうた、ということも
あって、杏里さんのキーの広さや、ハイ・トーンの歌声など
オリジナルでは聞くことのない、杏里さんの歌声が魅力。

杏里さんは、オリジナルの曲は、ご自分で楽曲を作曲なさるので、
多分、自分で歌う事を前提に作曲なさるのだろうと思うんですね。

自分で歌って気持ちの良い音域、自分の得意のキー、自分で歌って
好きな声の響きだとか、そういうのは意識して、多分アレンジを
なさる小倉さんも、そうした杏里さんの声の魅力をよく理解されて
いらっしゃって、その魅力を引き出されるんだと思うんだけど、
杏里さんもそういう曲の作り方をなさっている部分も
あるんだろうかと思うの。(違ってるかもしれないけど)

だから、ある意味、こういうカバー曲というのは、新しい挑戦
だったり、やはり、ボーカリストとして、試される部分も
あるのかな〜と。

前回の女性ボーカル涙のうた編は、杏里さんの歌声が、
リスナーの立場だと、すごく心地よかったり、というのが
あったけど、やはり、今回は、杏里さんの音域の広さ、というのが
際立っているな〜という印象です。

そう考えると、やっぱり、小倉さんのアレンジは、杏里さんの響く
歌声をうまく引き立たせるよう、すごく透明感のあるアレンジに
なっているなぁという印象を持ちました。
楽器が、杏里さんのボーカルを邪魔してないっていうのかな。

あと、杏里さんの声の透明感。多分、男性ボーカルでの
ハイトーンの美しさ、というところで、小田和正さんやオフコースの
歌を選曲して来たのかな、とも思うんだけど、杏里さん、
頑張って歌っていらっしゃるんだなぁ〜と感じました。

こんなことを言ったら、お叱りを頂戴しちゃうかもしれませんが、
Mr.Children の「抱きしめたい」は、杏里さんのボーカルを
聴いて、やっぱり、この曲、元の歌がすんごくいいわ〜と
思っちゃいました。

ミス・チルというと、桜井さんの字余りを歌いきるボーカルだったり
歌詞が韻を踏んでたり、とかあるんだけど、この曲は、ミス・チルの
初期の名曲と言われるだけあるよな〜なんて思ってしまいました。

個人的には、槇原敬之さんの「もう恋なんてしない」が好きです。
もちろん、小倉さんのアレンジした、「最後の雨」と「涙そうそう」
の2曲は、大好きなんですけどね。

ってなことで、杏里さんが、カバー・アルバムの第2弾を出すと
横浜のライブで聴いた時は、「早くオリジナルが聴きたいっす。」
と思ってしまいましたが、今回のこのアルバムを聴いて、
こう思ってます。

もうカバーはしないでなんて言わないよ絶っ対ぃ〜♪

  • 2008.07.12 Saturday

MUSIC FAIR 2008 〜杏里

今週のミュージック・フェアは、杏里さん!!Perfume ジェロさん。

1曲目は、杏里さんの「悲しみがとまらない」
イントロを、杏里さんの大好きな、アース・ウインド&ファイヤーの
「Boogie Wonderland」をサンプリングしながら、Perfumeと杏里さんで。

杏里さんのピンクの衣装とジーンズ姿も、キュートで素敵。
そして、曲間のダンスも、Perfumeといっしょに、頑張って
いらっしゃいました。

そして、2曲目は、杏里さんの「もう悲しくない〜No More Lonliness〜」
この曲のスペシャル・サポートのバックには、なんと L-mode の
みなさんが!
そうです、L-mode といえば、超有名アーティストのステージで
サポートメンバーとしてご活躍されている、ボーカリストの4人です。

画面左から、Mieさん、Marronさん、Norikoさん、Tinaさん。

杏里さんも含めて、みなさん背が高くていらっしゃるので、
画面に映えますね〜。
今回は、ANRI-Band のメンバーのサポートがないので、
L-mode のサポートが見れるのは、やはり、とってもスペシャルでした。

そして、このあとのパートは、カバー曲スペシャル!

昭和の演歌、歌謡曲のカバー・アルバムをリリースしたJEROさんの
「covers」からは、堺正章さんの「さらば恋人」を。
そして、男性ボーカルのカバー・アルバムをリリースする杏里さんの
「tears of anri 2」からは、平井堅さんの「瞳を閉じて」を
デュエットで披露。

杏里さん、「さらば恋人」いいじゃないですかぁ〜。JEROさんとの
ハモリもよくて、まるで、持ち歌のように歌っていらっしゃいます。
この時の衣装も素敵ですね。

それにしても、Perfume の「悲しみがとまらない」や「もう悲しくない」
の歌詞の内容について、MCをしているところでは、思わず笑って
しまいました。そうだよね、同じ人を好きになったら、私も引くかも(笑)

  • 2008.07.02 Wednesday

シルキー・ヴォイスのレゲエ・クイーン

marron / Oldies Reggae Cover #001

ワタクシメの大好きなボーカリスト、marronさんのCDがリリースされた。

marronちゃんといえば、矢沢永吉さん、今井美樹さんのバック・
ボーカリストでもおなじみ、L-modeのメンバーの一人でもある
見目麗しきボーカリスト。最近では、ANRIさんのライブにも出演してました。

今回のアルバムは、marronさんのオリジナルではなく、企画モノの
レゲエのカバーアルバムなのである。

カバーされた楽曲は、2曲。1stトラックは、カーペンターズの名曲
「We've Only Just Begun (邦題:愛のプレリュード)」。
2ndトラックは、メリー・ジェーン・ガールズの「All Night Long」。

カーペンターズと言えば、カレンさんのボーカルの粒々は、どこか
マロンちゃんにもあるような。うん、竹内まりやさんのボーカルにも
通じるところがあるんだけどな。

でも、今回のこのアルバムのマロンちゃんのボーカルは、タイトルにも
あるように、まるで「シルキー」なのである。

いつもなら、歌い上げる時のドスのきいた(ごめんちゃい)低音の
ハスキーなボーカルも、ハイトーンの透明感もかっこいいんだけど
今回は、ほんの鼻歌でも口ずさむように、リラックスしたクールな
感じで、英語詞を歌っている。
確かに、「シルクのような極上の手触り感」のある、なめらかなボーカル
なのである。

このレゲエ・アレンジの2曲は、やはり、夏に聴きたい曲なのである。
「We've Only Just Begun 」は、Sunny-Side と言ってもいいかな、
なんか、真夏の昼下がり、ちょっとした木陰で聞いてみたい一曲。
ビーチ・サイドにも似合いそう。

そして、「All Night Long」は、やはり、Night-Side とでも言いましょうか
クラブ・シーンでも大活躍しそうなクールなダンス・チューン。
「バハマ・レコード」のサイトの曲紹介には、「女性4人組メリー・ジェーン・
ガールズの高度なコーラス・ワークをmarronが一人でダビングを重ね
17トラックを使って再現。」と書いてある、この見事なコーラス・ワークも
必聴です。

インスト・バージョンは、このコーラス・ワークをすごく堪能できるので、
実は、ワタクシメ、けっこうこちらもヘビー・ローテーションなのです。
(ごめんね、マロンちゃん)もちろん、ベース・ラインもクールなんだけど
ワタシクシメは、メロウなギターのフレーズも好きなんです。

あ〜、L-modeのライブで、L-modeのみなさんのコーラス・ワークで再現
してもらえないかなぁ〜。(個人的願望)

marronさんのアルバムは、バハマ・レコード・オフィシャル・サイト
購入できます。ぜひ、一家に三枚!!!!!

Go to top of page