オススメ

ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ
ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ

ユニバーサル・インターナショナル
移籍第1弾は、ニュー・アレンジの
セルフ・カバー・ベスト!!
小倉泰治さんもアレンジで
参加しています。
EXH〜EXILE HOUSE〜 [DVD]
EXH〜EXILE HOUSE〜 [DVD]

TBS系列でO.A.されていた「EXH〜EXILE HOUSE〜」のDVDが発売。
小倉さんサポートのスタジオ・ライブも収録。
EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜(3枚組) [DVD]
EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜(3枚組) [DVD]

小倉さんがツアーメンバーで
ご出演です。
早くもDVD & Blu-rayで
3月14日発売予定!!
EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~ (3枚組DVD)
EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~ (3枚組DVD)

EXILE TRIBE(一族)による
6大ドーム・ツアーのDVDが
早くも登場!
10月17日発売予定。
もちろん小倉さんご出演。
EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~ (DVD)
EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~ (DVD)

小倉さんがツアーに参加した、ATSUSHIさんライブ。いよいよDVDでリリースです。
道しるべ (SINGLE+DVD)
道しるべ (SINGLE+DVD)

ATSUSHIさんが自ら作詞・作曲を手掛けた、<日本の心>をテーマとしたシングル。小倉さんがピアノ&キーボードで参加しています。
EXILE LIVE TOUR 2013
EXILE LIVE TOUR 2013

EXILEの2013年ツアー「EXILE PRIDE」の東京ドーム公演をDVD化。小倉さんも出演しています!
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)

ATSUSHIさん待望のセカンド・アルバム「Music」がリリース。小倉さんがピアノ&キーボードで参加しています。

101 East 2 West

キーボーディスト小倉泰治氏を応援する音楽好きの管理人の勝手なつぶやき〜気まぐれ更新中。

  • 2009.08.31 Monday

Happy Birthday,ANRIさん

Bi・Ki・Ni(紙ジャケット仕様)

今日は、杏里さんのお誕生日です!!
杏里さん、お誕生日おめでとうございます!

杏里さんの夏のディナーショウから約1週間が経とうとしています。
なんと言っても、印象に残っている楽曲は、「Affection」ですよね。
久々に聴いたので、ホント、うれしかった〜。

この楽曲は、1983年にリリースされた「Bi・Ki・Ni」に収録
されているバラード。

Billboard Live 以来、1st SET と 2nd SET の楽曲を一部変えている
という取り組みをしていて、今回は、1st SET に採用されたもの。

私的には、この取り組み、継続していってほしいなぁ〜と願って
いたりもするのです。

ともあれ、杏里さん、益々のご活躍、心より祈っています!
早く新曲が聴きたいでーす。

  • 2009.08.26 Wednesday

門司港レトロ航海日誌

門司港レトロ門司港駅わたせせいぞう

またまた、ワタクシメの密かなる夏休み紀行。

やはり、静岡県民のひとりとしては、開港した、富士山静岡空港を
利用しなくては!という使命感から、九州へは、エアーで行くことに。
なんと言っても、福岡線は県が搭乗率保証をしているから、搭乗率が
70%に達しないと、血税が投入されるのよね。

まあ、そんなこんなで、杏里さんのディナーショーを観覧するために
福岡から小倉までは、新幹線を利用するんだけど、小倉の先には、
門司港レトロという観光スポットがあるというので、行ってみる
ことに。

門司港は、明治、大正時代に国際貿易港として栄えた港街。
その頃のレトロな建築物が残り、ノスタルジックな雰囲気を
漂わせる。そして、関門海峡を望む、広大なパノラマは
見ていると、時を忘れます・・・。

実は、門司港レトロに来てみたかったのには、旧大阪商船館に、
わたせせいぞうの小さなギャラリーがあるというのも、理由の1つ。

とりあえず、夕方にはホテルに戻らなくちゃいけないので、急いで
観光に出かける。ホテルからは、在来線で、15分弱。こういう時、
ステーション・ホテルというのは、迷わないからいいわ〜。

門司港駅を降りて歩き出すと、レトロな街並みの中にそびえる、
高層な建物に、目を奪われる。黒川紀章さんが設計した、
門司港レトロ展望室。この展望室からは、壇ノ浦の古戦場や
巌流島も遥かに望むことができ、対岸の本州が近いなぁ〜と
実感する。

関門橋ブルーウイングもじ

そして、眼下に見える、はね橋は、ブルーウイングもじ。
一日に、6回開閉するそうだ。

地ビール工房海を見ていた午後

街を散策していると、目に入る地ビール工房。やっぱり
飲むでしょ、飲んじゃうでしょ。そして、名物、焼きカレーは、
門司港が発祥の地なんだそうだ。

テイク・アウトしたビールを、午後の陽射しを浴びて海を見ながら
飲んじゃうなんて、極楽、極楽。ソーダ水ならぬ、ビールの泡の中を
貨物船が通るの図を撮りたかったのだが、飲みすぎて、足りなく
なっちゃいまして、断念。あ〜、手元がかなりピンボケですいませーん。

そうこうしているうちに、ホテルに戻る時間が迫ってくる。
スタンプ・ラリーの最後は、九州鉄道記念館。閉館の時間もあるので
ざっくり中を見て、記念にSLの写真なんか撮ってみる。

九州鉄道記念館門司港駅

さあ、スタンプラリーも完成したことだし、帰るぜ〜。
門司港駅のホームは、なんだか、横須賀駅にも雰囲気が似てるような、
クラシカルな港町な感じ。

あ〜、いつもながら、こんな観光でいいのかねぇ。
でも、楽しかったぁ。でも、帰り道は、ちょっとさみしい。

  • 2009.08.22 Saturday

江ノ島、生しらす丼

生しらす丼

というわけで、またまたやって参りました、湘南の夏、江ノ島です。

っていうか、先日、杏里さんが片瀬海岸の海開きにいらしたのを
ANRI STAFF Blog で拝見してから、やっぱり、また行ってみなくちゃ
だわ、と目論んでいたのです。

で、前回の湘南の夏休みVersionでは、江ノ島で、「しらす丼」を
食せなかったので、今回は、ちゃんといただこうと考えたわけです。

ガイドブックによく載っているお店の「とびっちょ」はさすがに
行列がすごかったので、別のお店に行ってみることに。

釜揚げのしらす丼もおいしいんでしょうけど、やはり、めずらしさも
手伝って、生しらす丼にチャレンジ!!
生しらすは、これから秋口に向けておいしくなりますよね。
(あ!静岡の場合なんですけど)

そして、青さのりのおみそ汁がめちゃくちゃおいしいじゃないですか!!
おみやげに、迷わず買ってしまいました。

ついでに、鎌倉ビール醸造の「江の島ビール」も飲んじゃいました。
この地域ビールのシリーズは、葉山ビールや、湘南ビールなど、
いろんな種類があるみたいですけど、ここの地ビールもおいしいです。

この江の島ビールは、ケルシュ・スタイルで、新鮮な魚介類にもあう
とてもフルーティで、さわやかな喉越しが特徴なんだそうです。

今年の夏は、すっかり、ハイネケンなワタクシメですが、
江の島ビール、しらす丼には、よく合っていると思います。

  • 2009.08.21 Friday

鈴木明男ライブ@Miles' Cafe

鈴木明男ライブ@Miles' Cafe鈴木明男ライブ@Miles' Cafe

鈴木明男さんの池袋Miles' Cafe のライブに行って参りました。

池袋マイルス・カフェは、初めて行くライブ・ハウスだったんですけど
これが、60人も入ったら、もう満席になってしまうほどのキャパで、
とってもアット・ホームな雰囲気。今回は、B2Fの「AGHARTA」の方の
Floorでのライブでした。もちろん、明男さんのライブは、満席です。

ここは、グランドピアノに、エレピの「Rhodes」も置いてあるので
小倉さんのアコピは、グランドピアノで聴けるのもうれしい。

今回のゲスト・ボーカルは、ANRIさんのコーラス・メンバーでもある
フィリップ・デビット・ハンターさん。
1st SET、2nd SET、アンコールと一曲づつ歌っていたんですけど、
まず、1st の「What's Going On」に、しびれる。

圧倒的に、印象が深いのは、ダニー・ハサウェイのVersionだろうと
思うんですけど、やはり、今は、マーヴィン・ゲイのVersionかなぁ・・・と。
声の甘さもそうなんですけどね。

マイケル・ジャクソンが亡くなった時に、山下達郎さんがFMのプログラムで
「マーヴィン・ゲイ同様にアメリカ芸能界の地獄で燃え尽きてしまいました」
と、話しておられたのを、すごく興味深く聴いてしまったのです。

話を戻して、2nd の「Summet Time」のボーカルもすごく良かったです。
この曲では、小倉さんは、グランドピアノでアコピを弾いていらした
んだけど、このプレイがまた、素晴らしい。

明男さんのMCによると、小倉さん、フットサルで、ケガをされたそうで
(なんか、Birthday Live の時にも聞いたような気がするんですけど
その後再び??ってことなんでしょうか??)
お具合は大丈夫かしらんと思いましたが、Rhodesを弾くお手元よりも
グランドピアノのアコピのお手元の方が、しっかりなさっていたように
思えたので、少しホッとしていたんですけど・・・?!

そして、最近、明男さんのSAXは、グローバルさんがサポートして
いらっしゃるんですけど、なんて表現していいかわからないんですけど
雨の後の路面のつややかなwetな感じといいますか、以前にも増して
すごく音色に艶があるように思いました。

あと、アンコールの最後の曲で、明男さんと小倉さんとで奏でた
「Danny Boy」が、今日、一番「演ってくれてありがとう」な曲でした。

やっぱり、小倉さんが演奏している、インストのライブでは、メンバーの
音のやり取りとか、ライブ感がカッコイイなぁ、と思う、ライブでした。

P.S.波丸さんへ ギターのあの方も観にいらっしゃってましたよ。

鈴木明男 (Sax) 小倉 泰治 (Key) 小松秀行 (B) Kenny Mosley (Ds)
高山 一也 (G) Phillip David Hunter (Vo)

  • 2009.08.15 Saturday

海を見ていた午後〜JR東海

あの歌が聴こえる、ヨコハマ

今、JR東海では「横浜・神奈川デスティネーションキャンペーン」
というのを開催しているみたいで、駅の構内では、開港150年を
迎えたヨコハマを紹介する案内ポスターが掲示されている。

前回は、「よこはまたそがれ」の歌詞で、氷川丸のポスターだった
ような気がするんだけど、今回のシリーズは、ユーミンの
「海を見ていた午後」だ。

なるほど、TRNSITツアーを運行しているユーミンちゃん、神奈県
以外にも、アンコールで歌っていたりするのかな??

  • 2009.08.11 Tuesday

揺れた〜

うぉ〜、こんな朝早くに、地震なんて〜。
揺れましたね〜。っていうか、寝てても気がつくもんですね〜。
でも、家財が倒れるとか、そういうことはなかったです。
むしろ、1時間くらい遅ければ、朝食の支度をしてたから、火事が
心配だったなぁ。

とりあえず、無事ですから、大丈夫!!

やっぱり、会社に行かなくちゃいけないんだよね???

  • 2009.08.10 Monday

SURF & TEARS

16th Summer BreezeSURF & TEARS / 杏里

先週の水曜日だったか、めざましテレビの「ガクナビ」のコーナーの
BGMでかかった曲が、杏里さんの「SURF & TEARS」だった。

「SURF & TEARS」は、1987年の7月にリリースされたシングル。
この辺りの、サーフィンをモチーフにしている歌詞の楽曲は
けっこう好きだったりするんですね。
JTの「サムタイム」のCMのタイアップ曲群だったか、ちょっと記憶が
定かでないんですけど・・・。

サーファー愛用の煙草っていうと、「ガラム」とかあったりした
じゃないですか。あの甘いにおいとパチパチ弾ける感・・・。

杏里さんの1986年にリリースされたアルバム、「MYSTIQUE」の中の
「MYSTERY ZONE」って曲の中に登場する煙草でした。

あ!「SURF & TEARS」ですよ・・・。
「♪夏を忘れない大人でいたい」のフレーズにグッときて
何かと口ずさんでしまう今日この頃・・・いかがお過ごしですか?

  • 2009.08.05 Wednesday

Rock'n Roll / E.YAZAWA

ROCK¥'N¥'ROLL (初回生産分のみフェイスタオル付 全3種)PRESSフェイスタオル

最近、巷では、還暦まわりの方々を「アラカン」と呼ぶらしい。
昨年流行った、アラフォーにならってってことか、アラウンド還暦
ってことですね。

で、矢沢永吉さん、一巡りを間近に控え、30枚目のアルバムを
ご自身のレーベルからリリースする、初めてのアルバム
その名も直球勝負な「Rock'n Roll」。

すでにシングルでリリースされている「Loser」や、「コバルトの空」を
はじめとして、タイトルのとおり、Rockテイストの強い楽曲が並ぶ。

そして、なんと、このアルバムには、G.B.V で、Noriko Lewis さんが
参加している!!

小倉さんのスペシャル・バンドのボーカリストでもあるNorikoさん、
ご活躍ですね〜。

さて、矢沢さん、このアルバムで、今年、一年ぶりに再びツアーに
出られるんですね。その前に、東京ドームだ!!

アルバムに付属のフェイスタオルは、赤でした。
矢沢さん、太っ腹ですね〜。
他にも、白と黒のバージョンがあるようです。

Go to top of page