オススメ

ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ
ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ

ユニバーサル・インターナショナル
移籍第1弾は、ニュー・アレンジの
セルフ・カバー・ベスト!!
小倉泰治さんもアレンジで
参加しています。
EXH〜EXILE HOUSE〜 [DVD]
EXH〜EXILE HOUSE〜 [DVD]

TBS系列でO.A.されていた「EXH〜EXILE HOUSE〜」のDVDが発売。
小倉さんサポートのスタジオ・ライブも収録。
EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜(3枚組) [DVD]
EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜(3枚組) [DVD]

小倉さんがツアーメンバーで
ご出演です。
早くもDVD & Blu-rayで
3月14日発売予定!!
EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~ (3枚組DVD)
EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~ (3枚組DVD)

EXILE TRIBE(一族)による
6大ドーム・ツアーのDVDが
早くも登場!
10月17日発売予定。
もちろん小倉さんご出演。
EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~ (DVD)
EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~ (DVD)

小倉さんがツアーに参加した、ATSUSHIさんライブ。いよいよDVDでリリースです。
道しるべ (SINGLE+DVD)
道しるべ (SINGLE+DVD)

ATSUSHIさんが自ら作詞・作曲を手掛けた、<日本の心>をテーマとしたシングル。小倉さんがピアノ&キーボードで参加しています。
EXILE LIVE TOUR 2013
EXILE LIVE TOUR 2013

EXILEの2013年ツアー「EXILE PRIDE」の東京ドーム公演をDVD化。小倉さんも出演しています!
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)

ATSUSHIさん待望のセカンド・アルバム「Music」がリリース。小倉さんがピアノ&キーボードで参加しています。

101 East 2 West

キーボーディスト小倉泰治氏を応援する音楽好きの管理人の勝手なつぶやき〜気まぐれ更新中。

  • 2014.03.08 Saturday

本日、NHK 「SONGS」On Airです!

(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)

いよいよ来週、EXILE ATSUSHIさん待望の2ndアルバム「Music」が
リリースされることもあり、プロモーションでTVご出演が目白押しです。

昨夜は、TBSの「A studio」にご出演でしたね。
そして、10日の月曜日には、日テレの「しゃべくり007」にもご出演の
模様。LIVEにご一緒してくださるお友達から連絡があり、小倉さんが
予告で映っていたというので、これも要チェックなんです。

そして本日は、NHKの「SONGS」にATSUSHIさんがご出演ですよ。
小倉さんのBlogに、収録の記事があったので、小倉さんも
ご出演されるようで、楽しみです。

  • 2014.01.02 Thursday

Happy Happy Greeting

Rarities
Rarities山下達郎

Oh! happy happy greeting
おめでとう おめでとう 
New Year! 何かが始まる
きっといいことある
予感で胸がさわぐよ

「Happy Happy Greeting」山下達郎

新年あけましておめでとうございます。

昨年は、なんと言いますか、アベノミクスの
おかげさまで、潤いの一年でございました。

今年は、「然うは問屋が卸さない」ってなことに
なるのかもしれないけど「勝って兜の緒を締めよ」
ですね。え?「買って株価の緒を締めよ」では
ないですよ??(笑)

最近、HPの更新に手をかけることができず、
ごめんなさいです。
管理人は、気まぐれな人ですが、また時々
覗いてやってくださいまし。

それでは、本年も「口角上げて颯爽と、
自分らしく」参りましょう!!

  • 2013.06.23 Sunday

EXILE PRIDE@NAGOYA DOME 6/15(Sat)

EXILE PRIDE@NAGOYA DOMEEXILE PRIDE@NAGOYA DOME

ちょびっと【ネタバレ】しています




恥ずかしながら、EXILEのコンサートを観に行く
ようになったのは、小倉さんがバンドメンバーとして
参加されるようになってからのことです。

なので、正直、すごくコアなファンでもなんでもなく、
知っている歌も、超メガヒット曲しか知らないし、、、。
あ、でも、いつもご一緒してくれるお友達が、色々と
親切に面倒を見てくれるから、というのはあるんだけど。

でも、そんなワタクシメでも、メチャクチャ楽しめて
それでいて、すんごく幸せな気持ちになれる、
そんなライブだったりするんです。

やっぱり、DOMEのスケール感で展開していくライブは
毎回、ステージ映像にしても、空間の使い方にしても
どこの席に座っていても楽しめるよう工夫を凝らしていて
本当に驚かされます。

ワタクシメがまだ、EXILEのコンサートに慣れてないから
というのもあるんですけどね。

なんかね、フラッグを振るオーディエンスの一体感とかね、
もちろん、自分が知ってる曲だからっていうのも
あるんだろうけど、「Hallelujah」とか連呼されると
なんだか、うっすら涙がこぼれそうになって、なんか
鳥肌が立っちゃいました。

ご一緒してくれるお友達も、小倉さんのことを覚えてくれて
声援を送ってくれたり、私の好きな「FIREWORKS」を演ると
教えてくれたり、すげぇー、嬉しかった。

途中の「LOVE SIDE」コーナーの「ふたつの唇」のアコピを
弾いているのがすごく気になったり、バンドのメンバーさんも
演出上、ステージに上がってくる時と、ステージ下に格納されている
時とかあって、どこのパートをどのキーボードで弾いているのか
とか、アコピのパートをNOBU-Kさんが弾いてるのか、小倉さんが
弾いているのか、客席からではとても判別できないけど、
でも、やはり、バンドの皆さんは、キャプテンをはじめとして
凄腕のミュージシャンの方ばっかだから、演奏も楽しみのひとつ。

アンコール付近では、また、小倉さんが立ってキーボードを
弾いていて、ノリノリなお姿を発見でき、嬉しかったですよ。

ツアーは、月末までまだまだ続きますから、みなさん、お身体に
気をつけて、がんばってくださいね。

あ!今回、「SUMMER TIME LOVE」という曲にヤラれてしまいました、、、。

  • 2013.03.24 Sunday

3/20(Wed) ANRI@NAGOYA Blue Note

杏里@名古屋ブルーノート杏里@名古屋ブルーノートSurf City

昨年10月以来の名古屋ブルーノート、またまた行って参りましたよ。
今回は、名古屋だけのライブということもあり、観にいらして
いるお客様の顔ぶれも、コアなファンの方が多い印象ですね〜。

今回は、個人的には、好きな曲が多く、また、懐かしい
角松さんのアルバムからの曲も演ってくれて、ありがとう!
ってな感じで、メドレーは、かなり上がりましたね。

オープニングの「センチメンタルを捨てた人」、確か
杏里さんからのインタビューを受けていたオーディエンス
の方も思い出の曲と話しておられましたが、
「抱き合ってちぎるよに 離れてくふたり
 一年で十年の愛を知ったわ」の歌詞にしみじみして
しまうのでした。

2曲目の「HAPPY BIRTHDAY TO ME」も盛り上がるし、
かなり好きな曲です。何が好きって、それはですね、
やっぱり、間奏のピアノソロの部分なんですけど〜。

3曲目の「Surf City」は、ひょっとしたら、ライブで
聴くのは、はじめまして?!でしょうか、、、。
個人的には。そして、この曲のタイトルが、今回の
アーティスト・カクテルの名前でした。

このカクテル、シャンパン・ベースということでしたので、
ワタクシメもオーダーしてみましたよ〜。
ヴーヴ・クリコ イエローラベルとストロベリーリキュール
、アップルジュースに旬のイチゴがちりばめられている
カクテルで、めちゃくちゃおいし〜〜。

そして、今回、演ってくれてありがとう!な曲は、
角松3部作から、メドレーでやってくれた3曲です。
「Good bye Boogie Dance」は、「Bi・Ki・Ni」から、
「 BRING ME TO THE DANCE NIGHT」〜「GONE WITH
THE SADNESS」は、「COOOL」からですね。

そして、アンコールの「オリビア〜」は、「MEDITATION」
Version。間奏のコーラスのソロ部分から始まるという、
アレンジが、なかなか、斬新でした。

今年は、杏里さんデビュー35周年ということで、
ホールでのコンサートも企画されているそう。
夏あたりにあったら、嬉しいですね〜〜。


SET LIST

1. センチメンタルを捨てた人
2. HAPPY BIRTHDAY TO ME

3. Surf City
4. 夏の月
5. 砂浜

6. 週末だけのPARADAISE
Medley
7. Good bye Boogie Dance
8. BRING ME TO THE DANCE NIGHT
9. GONE WITH THE SADNESS

10. 悲しみがとまらない
11. CAT'S EYE

12. Voice of my heart( with vahoE)

アンコール
13.もう悲しくない
14.オリビアを聴きながら

Members
杏里(vo) 安部 潤(key) 奥田健治(g)
グスターボ・アナクレート(sax)
小島恵理(cho) 佐藤vahoE栄一(cho)

  • 2013.02.18 Monday

SURF&SNOW in Naeba Vol.33 オンデマンド配信(Aパターン)

*ネタばれしていますので、ご注意ください。


冬の風物詩、ユーミンの苗場の季節がやって来ましたね。

今年の苗場のライブのテーマは、「氷の世界」。
「井上陽水ではないですよ〜。」のMC談、笑えました。

ライブ会場は、さながら「氷穴」とでも言ったらよい
のでしょうか。ユーミンの衣装が「温度の低い
テルマエロマエ」(MC談)というのにはバカウケです。

「遠い未来の世界なのか、イマジネーションの中の
過去の世界なのか、私たちが体験できない世界の中に
私の曲を置いてみました。」(MC談)と話すように
曲の世界観が広く、幻想的で、情景が目に浮かぶ
ような、ビジュアル的な楽曲が選曲されているのが
いいですね。

メンバーさんの衣装も白を基調としているのが素敵。

オープニングの「Age of our innocence」は、なんだか
久々に聴きましたね。2001年リリースの「アケイシャ」に
収録されているんですけど、ライブで聴くのは、
ワタクシメとしては、ツアー以来かなぁ。

2曲目の「Man In the Moon」は、バブルの色彩がする
楽曲なんだけど、けっこう私、好きだったりするの。
「得意なことと幸せは 同じところにあるはず」
という歌詞があるんだけど、このフレーズ、私
いつも強く信じていたのを思い出します。

「Glory Birdland」〜「砂の惑星」も、好きなパートです。
「Glory Birdland」は、コーラスのパートが好きだったり、
間奏のピアノのソロが好きだったり・・・。

「砂の惑星」は、ユーミンの裏のいちばん下のパートを
ティナさんが歌っていた頃が、なんだか懐かしいですね。
今回のは、Mieさんの高音パートが、すごく印象的。

「影になって」も好きな楽曲ですね。このアンニュイな
アーバン・メロウな感じがたまらなく。この曲の
間奏のサックスのソロが、とってもJazzyで好きですね〜。
「SUGAR TOWNはさよならの町」も、やはり、冬に聴いて
みたい曲ですよね。コーラスの皆さんのダンスも素敵。

リクエスト・コーナーのあとのパートでは、冬の曲が
続くんですけど、「Many is the time」は、すっかり
忘れてましたね。あ〜、この曲は、2006年リリースの
「A GIRL IN SUMMER」に収録されていた曲でしたね。
ユーミンが、「5年前くらいが一番遠い」って話して
いたことがあるけれど、なんか、わかる気がしました。

「Sign of the Time」から「BRIZZARD」までの一気な
捲り感がとってもいい感じで、盛り上がりますね。

どうでもいいんだけど、「恋の一時間は孤独の千年」って
ワタクシメの業界で言うところの「天井三日底値百日」と
通じるものがあって、(ごめん、全然通じてないかも)
真理ですよ、格言ですよと思っちゃうんだけどさぁ。

あー、苗場へ行きたい。
今年もまたもや、ネット配信で見ちゃったんだけどね〜。

ラストの「何もなかったように」すげぇよかった・・・。

SET LIST

01. Age of our innocence
02. Man In the Moon
  MC
03. Glory Birdland
04. 砂の惑星
05. 吹雪の中を
06. 星のクライマー
07. 影になって
08. SUGAR TOWNはさよならの町

リクエスト・コーナー

 1. One more kiss
 2. 9月の蝉しぐれ

   MC
09. 未来は霧の中に
10. Northern Lights
11. 雪月花
12. Many is the time
13. Sign of the Time
14. リフレインが叫んでる
15. もう愛は始まらない
16. 破れた恋の繕し方教えます
17. BLIZZARD

EC1. 恋の一時間は孤独の千年
EC2. 真夏の夜の夢

 (Wコール)
EC3. 何もなかったように

収録日:2月8日(金)

Go to top of page