オススメ

ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ
ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ

ユニバーサル・インターナショナル
移籍第1弾は、ニュー・アレンジの
セルフ・カバー・ベスト!!
小倉泰治さんもアレンジで
参加しています。
EXH〜EXILE HOUSE〜 [DVD]
EXH〜EXILE HOUSE〜 [DVD]

TBS系列でO.A.されていた「EXH〜EXILE HOUSE〜」のDVDが発売。
小倉さんサポートのスタジオ・ライブも収録。
EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜(3枚組) [DVD]
EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜(3枚組) [DVD]

小倉さんがツアーメンバーで
ご出演です。
早くもDVD & Blu-rayで
3月14日発売予定!!
EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~ (3枚組DVD)
EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~ (3枚組DVD)

EXILE TRIBE(一族)による
6大ドーム・ツアーのDVDが
早くも登場!
10月17日発売予定。
もちろん小倉さんご出演。
EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~ (DVD)
EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~ (DVD)

小倉さんがツアーに参加した、ATSUSHIさんライブ。いよいよDVDでリリースです。
道しるべ (SINGLE+DVD)
道しるべ (SINGLE+DVD)

ATSUSHIさんが自ら作詞・作曲を手掛けた、<日本の心>をテーマとしたシングル。小倉さんがピアノ&キーボードで参加しています。
EXILE LIVE TOUR 2013
EXILE LIVE TOUR 2013

EXILEの2013年ツアー「EXILE PRIDE」の東京ドーム公演をDVD化。小倉さんも出演しています!
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)

ATSUSHIさん待望のセカンド・アルバム「Music」がリリース。小倉さんがピアノ&キーボードで参加しています。

101 East 2 West

キーボーディスト小倉泰治氏を応援する音楽好きの管理人の勝手なつぶやき〜気まぐれ更新中。

  • 2009.10.18 Sunday

黄色いロールスロイス

「黄色いロールスロイスで
ふられたばかりのシーンを次へと飛ばそう」

ユーミンの「そしてもう一度夢見るだろう」のアルバムの中に
収録されている楽曲、「黄色いロールスロイス」。
加藤和彦さんがユーミンといっしょにデュエットしている曲。

先日のユーミンのTRANSITツアーのラス日前、10/2のライブには
スペシャル・ゲストで国際フォーラムに登場したそうだ。
ツアーでは、今井マサキさんが、ユーミンといっしょに
シング・アウトのコーナーでやった、あの曲です。

先週ON AirされていたWOWOWのライブは、7月17日(金) に
昭和女子大学人見記念講堂で収録されたものだけど、
そのスペシャル・ゲストとしても登場していた。

加藤和彦さんがキャンペーン・ソングを手掛けていた「大腸ガン
撲滅キャンペーン BRAVE CIRCLE 」では、初年度の2007年、
杏里さんも平原綾香さんと共に、キャンペーンに参加していた
のを思い出す・・・。

加藤和彦さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

  • 2009.10.12 Monday

ANRI AGAIN〜Best Of Myself

ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ
ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ

ユニバーサル・ミュージックに所属してる杏里さんが、洋楽レーベルの
「ユニバーサル・インターナショナル」に移籍し、その第1弾として
セルフ・カバー・アルバムをリリースすることが発表された。

もちろん、小倉泰治さんも、杏里バンドを率いて、2曲、アレンジで
参加していらっしゃるそうだ。

ユニバーサル・インターナショナルの杏里さんのサイトによると
小倉さんが参加している楽曲は、「Affection」と「ドルフィン・リング」
の2曲だ。

「Affection」は、角松敏生さんがプロデュースをした、いわゆる
角松3部作の中の「Bi・Ki・Ni」に収録されている。
杏里さんが作詞も手掛けている、隠れた名バラード。

1987年にリリースされたバラード・リ・アレンジ・ベスト・アルバムの
「MEDITATION」にも収録されている。

今年の夏のディナーショウで、演奏されて、ワタクシメとしましては
「今回の、演ってくれてありがとう!の楽曲」であったんですけど、
多分、ライブでは、1997年のツアー「Birthday Party編」以来では
なかったかと・・・。

夏のディナーショウのアレンジは、小倉さんらしい、楽曲の持ち味を
きちんと引立たせる、ある意味、杏里CLASSICの王道を行くものだと
思います。

今回、アルバムに収録されるのは、小倉さんがバンドを率いての
バージョンになるわけで、夏のディナーショウの再演になるのかな
と思うと、とても楽しみです。

杏里さんのリ・アレンジのベスト盤は、過去何枚も出ているけれど、
今回は、新たなクリエイターの方々が手掛けることもあり、聴き慣れた
杏里さんの楽曲に、どんな新風が吹き込まれるのか、というのは
とても興味深いと思っています。

そして、ジャケ写を、レスリー・キー氏が手掛けているのも楽しみ
ですね。ジャケットの写真の杏里さん、いつになく素敵です。

アルバムのリリースは、12月2日です!!

でも、ワタクシメは、新譜が早く聴けることを切望しています。

  • 2009.10.03 Saturday

金木犀の夜

小倉泰治さんのユニット『Maiden Earth』とNoriko Lewis さんの
コラボレーション・ライブ、朗峰会館 FRIDAY GARDEN CONCERT
『金木犀の夜』に行って来ました。

金曜日の夜は、あいにくの雨模様。会場となる池上本門寺の
朗峰会館から望む奥庭は、雨に濡れた木々の湿った匂いがたちこめる。

Maiden Earth のライブは、2007年より2年ぶり。
思い起こせば、この年は本当に仕事が忙しくて、あまりライブも
行けなくて、Maiden Earth のライブもゆっくり伺えなかったっけ。

そして、今回は、Noriko さんをボーカルに迎えてのライブ。

1st セットは、Maiden Earth のライブからスタート。
小倉さんのピアノと片岡さんのサックス、フルートのデュオ。
NorikoさんがMCで話しておられたように、Maiden Earth は地球とか
宇宙を感じられるイメージ、みたいなことをおっしゃってらしたけど、
まさに、「音の宇宙」ですよね。
ここは、お寺でもあるんですけど、「虚空」とでもいいますか。

ピアノとフルートのデュオで有名な名盤っていうと、JAZZの
チック・コリアとスティーブ・クジャラの「Voyage」だと
聞くけれど、確かに、このアルバムのジャケットは、宇宙から見た
地球だったりするんだけど、そんなイメージです。

私的には、片岡さん、サックスもいいんですけど、フルートの音色が
すごく好きだったりするんです。

小倉さんもいろんなバンドで、プレイするのを見てきたけど、やはり
片岡さんとのかけあいで奏でられる音は、また、特別な美しさが
あると思います。

1st SET は後半しか聴けなかったんですけど、後半の片岡さんの音色に
小倉さんのアコピ、そして、小倉さんが機材を操作して、もうひとつ
ピアノの音を重ねた曲は、すごく印象に残りました。

そして、2nd SET はお待ちかねのNorikoさんの登場。

こんなこと書いたら、お叱りを頂戴するかも、なんですが、年を重ねる
とともに、なぜか、とても雨の歌が似合う方におなりになったなぁと。

以前は、恋する女性の心情を歌ったら、日本一!と言われてましたよね。
そんな中での「はじまりはいつも雨」の選曲には驚かされました。

そして、この選曲には、エピソードがあり、Norikoさんが参加された
EXILEのATSUSHIさんのソロプロジェクトで、ご本人がいらっしゃらない
バンド・リハの時には、Norikoさんが仮歌を歌ってらしたそう。

そういえば、Norikoさんがユーミン・コーラスのときにも、
アンプラグドのコーナーと思わしき、真ん中の椅子に座って、歌って
いる写真がパンフに載ってたっけ、なんてことを思い出しました。

そして、やはり、一番印象に残ったのは、このライブのタイトルにも
なっている、「キンモクセイ」ですね。

この曲を歌っているKUMAMIさんは、ピアニストでもあるから、やはり
ピアノで奏でると、とても美しい旋律を持つ曲であったりもします。
間奏の小倉さんのアコピと、片岡さんのソプラノ・サックスのプレイは
もう鳥肌モノ。

あと、今日一番の「演ってくれてありがとう!」な曲は、ズバリ、
アンコールの「Thank You For The Music」でした。
Norikoさんらしい、そして、小倉さんのピアノがはねてる!はねてる!
もうご機嫌な一曲、とっても素敵でした。

いつもライブでは思うのですが、Norikoさんは、いつもオーディエンス
に向かっても、直球勝負!かけひきなしのド真ん中を投げてくるのが
音楽に対しても、オーディエンスに対しても、真摯な姿勢が、Noriko
さんらしく、本当に素晴らしいライブでした。

Go to top of page