オススメ

ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ
ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ

ユニバーサル・インターナショナル
移籍第1弾は、ニュー・アレンジの
セルフ・カバー・ベスト!!
小倉泰治さんもアレンジで
参加しています。
EXH〜EXILE HOUSE〜 [DVD]
EXH〜EXILE HOUSE〜 [DVD]

TBS系列でO.A.されていた「EXH〜EXILE HOUSE〜」のDVDが発売。
小倉さんサポートのスタジオ・ライブも収録。
EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜(3枚組) [DVD]
EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜(3枚組) [DVD]

小倉さんがツアーメンバーで
ご出演です。
早くもDVD & Blu-rayで
3月14日発売予定!!
EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~ (3枚組DVD)
EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~ (3枚組DVD)

EXILE TRIBE(一族)による
6大ドーム・ツアーのDVDが
早くも登場!
10月17日発売予定。
もちろん小倉さんご出演。
EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~ (DVD)
EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~ (DVD)

小倉さんがツアーに参加した、ATSUSHIさんライブ。いよいよDVDでリリースです。
道しるべ (SINGLE+DVD)
道しるべ (SINGLE+DVD)

ATSUSHIさんが自ら作詞・作曲を手掛けた、<日本の心>をテーマとしたシングル。小倉さんがピアノ&キーボードで参加しています。
EXILE LIVE TOUR 2013
EXILE LIVE TOUR 2013

EXILEの2013年ツアー「EXILE PRIDE」の東京ドーム公演をDVD化。小倉さんも出演しています!
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)

ATSUSHIさん待望のセカンド・アルバム「Music」がリリース。小倉さんがピアノ&キーボードで参加しています。

101 East 2 West

キーボーディスト小倉泰治氏を応援する音楽好きの管理人の勝手なつぶやき〜気まぐれ更新中。

  • 2012.03.11 Sunday

鎮魂の夕べ

震災から1年が経ちました。

被災された皆様、ご家族の方々に
心からのお見舞いを申し上げます。

とにかく、「当たり前の事が
当たり前のようにできる」という事が
いろんな意味で、恵まれたことなんだと
感じる1年だったと思います。

ふと観ていたNHKのニュースで
杏里さんが参加されていた
石巻の犠牲者追悼の「鎮魂の夕べ」
の模様を拝見しました。

ギターの高山さんと参加なさった
アコースティックなVersionの
「未来の最初の日」や「ONE」が
画面から流れていました。

久々に聴いた「ONE」グッと来ました・・・。

お元気でお過ごしでしたら、嬉しいです。

  • 2011.07.07 Thursday

杏里 Heart to Heart〜with you〜

Heart to Heart 〜with you〜
Heart to Heart 〜with you〜

杏里さんのベスト・アルバム「Heart to Heart〜with you〜」
がリリースされた。

やはり、先の震災を意識されていることもあり、タイトルの
「Heart to Heart」にも覗えるように、心の繋がりとか
新たな一歩を踏み出す感のある楽曲も選ばれているような
気もして、また、違った意味でのベスト盤な印象がある一枚。

今回は、オリジナルで収録されている楽曲が多い中、新曲が
3曲、ニューアレンジの「BOOGIE WOOGIE MAINLAND」と
聴き応えのある楽曲もあって、「BOOGIE WOOGIE〜」と
「With you」は、早くもヘビロテ状態に・・・。

私の中では、けっこう「With you」の歌詞、ポイント高いです。
なんだろう、なんかいろんなモノ背負ってないっていうか、
飾らないストレートな話言葉の歌詞っていうか、好きですね。
安部潤さんのアレンジなんだけど、さくっといい感じです。

そして、小倉さんが以前に手掛けた楽曲達もたくさんあって、
1996年のアルバム「Angel Whisper」からの「Legend Of Love」
も、杏里さんの歌詞がいいですね。
ところで、「EAST MEETS WEST」ってどんな映画でしたっけ?
(ごめんなさい・・・ファン失格ですね)

さて、全然関係ない話なのですが、最近、私の中で関心が高まって
きたのが、NHKのBSプレミアムでオンエアーされるドラマ
「テンペスト」。幕末の琉球王国を舞台に、仲間由紀恵さんが
主人公を演じるんですけど、沖縄でロケをしてるんですよ。

首里城でもロケをしたりしてるんですけど、やはり、海がきれい
なんですよね〜。

小倉さんのアルバム、「14 Pebbles on the beach」
聴きたくなりますよ・・・。

  • 2011.01.03 Monday

ANRI Billborad Live News

ビルボード・ライブ・ニュース

「Billboard Live News」に、杏里さんのInfoが
載っていましたぜ。
サイトにも載っていますが、なるほど、これが
2011年の杏里さんのアー写なのねん。

サイトには、メンバーさんの名前も載って
いました。

杏里(vo)小島恵里(cho)ラリー・ボールデン(cho)
安部 潤(key)高山一也(g)レンジー・クロスビー(b)
ケニー・モズレー(ds)ルイス・グスターボ(sax)

小倉さん、カム・バーーーック!!

とにかく、今年はエンタメ関係は時間に制限があるため
厳選して観に行くことにしているのだ。

  • 2010.12.24 Friday

MERRY X'mas

写真素材 PIXTA(c) sayawork写真素材 PIXTA


この時期に、こういうお知らせを見ると
あ〜、いいプレゼントもらったなぁ〜なんて
思えますよね。

ってなことで、杏里さんの来年のLIVE HOUSE TOURが
発表になってました。恒例になりつつありますね。

ANRI LIVE TOUR 2011 Heart to Heart

2011年4月8日(金)9(土)
@ Blue Note NAGOYA

2011年4月13日(水)15(金)16日(土)
@ Billboard LIVE OSAKA

2011年4月26日(火)27(水)29日(金祝)30日(土)
@ Billboard LIVE TOKYO

恒例といえば、クリスマスの夜は、小田和正さんが主宰する
「クリスマスの約束」。今年で10回目なんだって。
昨年の「22分50秒」も感動したもんなぁ。

今年もスタレビの要さんや、スキマスイッチのおふたりなど
ご出演なさるらしい。松たかこさんや山本潤子さんのコーラスも
とっても楽しみだもんね。

  • 2010.10.05 Tuesday

Roots〜アロマインパクト

Roots

朝のめざましテレビで、久々、杏里さんを発見!!

昨日行われた、JTの新商品の発表会の会見の模様で、
杏里さん他豪華アーティストのみなさんが、CMソングを
歌っているようだ。このメンバーすごい面々ですね〜。

それにしても、久々の杏里さんじゃありませんか・・・。
JTのRootsといえば、アロマブラックには、
時々お世話になってますぜ。

  • 2010.03.22 Monday

杏里が歌う!JALオリジナルソング

写真素材 PIXTA
(c) taka写真素材 PIXTA


「JALが会社更生法適用を申請、事業会社で戦後最大の破たん」
というニュースが紙面を踊ったのもまだ記憶に新しい。

杏里さんが、JALのオリジナルソングの日本版を歌うのか〜
というニュースを、ある意味、意外感を持って読む。

杏里さんと親交も深い、デヴィッド・フォスター作曲のJALの
オリジナルソングに吉元由美さんが日本語詞をつけた
日本語版を杏里さんが歌われとのこと。

いつ、この曲が披露されるのか、楽しみですね。

詳しくはJALのHPへ。

  • 2010.03.17 Wednesday

COOL JAPAN!日本ブランドも今こそ商機!

テレビ東京のニュース番組、「ワールド・ビジネス・サテライト」の
特集「日 ファッション 今こそ商機!」の中で、「AULA AILA」の
ブランドが取り上げられていた。

経済産業省と伊藤忠ファッションシステムが上海とパリで日本の
ファッションブランドの海外展開を支援するプロジェクト、
それが「tokyoeye」。

「COOL JAPAN」として世界的にも評価が高い、日本のコミックや
アニメ、音楽などのポップ・カルチャー。ファッションの世界でも
日本の優秀なブランドを世界に発信するための支援として
パリでも現地ショールームと連携し、展示商談会が開催された模様。

杏里さんが、LIVEで着ているステージ衣装が「AULA AILA」(アウラアイラ)
である、というのは、杏里さんのファンの間では、有名な話。

このブランドを主宰しているオーナーデザイナー、川島幸美さんの
パリの展示会での様子やインタビューが、番組の中でオンエアー
されたのだ。

この展示会で、「AULA AILA」のブランドは、現地のバイヤーとの
商談で、実際にオーダーを取り付けたということだった。現地で
実績のないブランドとしては、とてもまれなことだと紹介されて
いました。それだけ、「AULA AILA」のブランドは高く評価された
ことの証ですよね。

「COOL JAPAN」として、ますます評価が高まるといいなと思います。

たぶん、番組サイトで、オンエアー部分の動画がアップされて
くるのでは、と思うのでまたチェックしてみたいと思います。

  • 2010.03.11 Thursday

杏里さんが表紙!

Billboard LIVE Tokyo

先日届いた、Billboard Live Tokyo の情報誌。
表紙は、なんと、杏里さん!!

ANRI BOX STAFF BLOG にもありましたけど、
確かに、邦楽のアーティストが表紙を飾ることは
少ないですよね。

そうか・・・、大事にとっておこうっと。

  • 2010.02.11 Thursday

ANRI LIVE HOUSE TOUR

ANRI LIVE HOUSE TOUR

そういえば、Billboard Live から情報誌が届いていて
杏里さんのLiveの案内も掲載されていた。

Billboard Live のサイトによると、今回のメンバーは
安部潤 (Key)高山一也 (G)レンジー・クロスビー(B)
ケニー・モズレー (Dr)グスターボ・アナクレート (Sax)
小島恵里 (Cho) フレディ・スネディコー(Cho)
のみなさんの模様・・・。

それにしても、Billboard Live にしても、Blue Note にしても
なかなか強気な価格設定ですね〜。Blue Note で、¥12,000 かぁ・・・。
なんだか、ため息が出ちゃいますね〜。

  • 2009.12.04 Friday

INSTORE LIVE @ TOWER RECORDS

杏里さんのアルバム発売を記念して、タワーレコードで
インストア・ライブが、開催されたそうだ。

夏に、永ちゃんも自身のレーベルから初めてアルバムをリリースした時に
インストア・ライブを決行した時は、38年のキャリアで初!でしたが
杏里さんも、31年のキャリアでは、初の試みだったよう。

ライブで演奏された楽曲は「悲しみがとまらない」「オリビアを聴きながら」
「Affection」「DANCE WITH NOSTALGIA」の4曲だそうです。

この冬のライブでは、小倉さんは、杏里バンドの一員ではないんですよね。
残念・・・。

で、このインストア・ライブの模様は、以下のスポーツ新聞に載っています。

スポニチ

報知新聞

デイリースポーツ

 

  • 2009.11.13 Friday

Around40〜バラフォー〜

Around40~バラフォー~
Around40~バラフォー~

アラフォーコンピの第3弾がリリースされているらしい。
夏の第2弾「サマフォー」に続いての今シリーズは、
バラード・セレクション。

今回は、杏里さんの「SUMMER CANDLES」も収録されている。
個人的には、スターダスト・レビューの「木蘭の涙」や、
今井美樹さんの「半袖」、先日、NorikoさんがLIVEで歌っていた
ASKAさんの「はじまりはいつも雨」や、ATSUSHIさんがカバーした
徳永英明さんの「レイニー・ブルー」なんか、いいな〜なんて思ったり・・・。

ところで、前回、NHKの「究極ヒットパラダイス」の話題を書いたんだけど、
なんと、年末特番「究極ヒットパラダイス アラフォー・クリスマス」に
杏里さんがご出演になると、杏里さんのオフィシャル・サイトに
アナウンスされているではないか。

12月4日に公開収録があるらしい。
オンエアーは、12/25(金)午後10:00〜10:57
完全版のオンエアーは、12/28(月)午前0:05〜1:18(73分)
なんだそうだ。

出演は、杏里さんの他に、稲垣潤一、小野正利、カズン、辛島美登里、
広瀬香美、藤田恵美、渡辺美里 のみなさん。

杏里さんは、クリスマスのこのシーズンだと、何の曲を歌うのかな??
興味は、尽きないところ・・・。


Around40~サマフォー~
Around40~サマフォー~

  • 2009.10.12 Monday

ANRI AGAIN〜Best Of Myself

ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ
ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ

ユニバーサル・ミュージックに所属してる杏里さんが、洋楽レーベルの
「ユニバーサル・インターナショナル」に移籍し、その第1弾として
セルフ・カバー・アルバムをリリースすることが発表された。

もちろん、小倉泰治さんも、杏里バンドを率いて、2曲、アレンジで
参加していらっしゃるそうだ。

ユニバーサル・インターナショナルの杏里さんのサイトによると
小倉さんが参加している楽曲は、「Affection」と「ドルフィン・リング」
の2曲だ。

「Affection」は、角松敏生さんがプロデュースをした、いわゆる
角松3部作の中の「Bi・Ki・Ni」に収録されている。
杏里さんが作詞も手掛けている、隠れた名バラード。

1987年にリリースされたバラード・リ・アレンジ・ベスト・アルバムの
「MEDITATION」にも収録されている。

今年の夏のディナーショウで、演奏されて、ワタクシメとしましては
「今回の、演ってくれてありがとう!の楽曲」であったんですけど、
多分、ライブでは、1997年のツアー「Birthday Party編」以来では
なかったかと・・・。

夏のディナーショウのアレンジは、小倉さんらしい、楽曲の持ち味を
きちんと引立たせる、ある意味、杏里CLASSICの王道を行くものだと
思います。

今回、アルバムに収録されるのは、小倉さんがバンドを率いての
バージョンになるわけで、夏のディナーショウの再演になるのかな
と思うと、とても楽しみです。

杏里さんのリ・アレンジのベスト盤は、過去何枚も出ているけれど、
今回は、新たなクリエイターの方々が手掛けることもあり、聴き慣れた
杏里さんの楽曲に、どんな新風が吹き込まれるのか、というのは
とても興味深いと思っています。

そして、ジャケ写を、レスリー・キー氏が手掛けているのも楽しみ
ですね。ジャケットの写真の杏里さん、いつになく素敵です。

アルバムのリリースは、12月2日です!!

でも、ワタクシメは、新譜が早く聴けることを切望しています。

  • 2009.08.31 Monday

Happy Birthday,ANRIさん

Bi・Ki・Ni(紙ジャケット仕様)

今日は、杏里さんのお誕生日です!!
杏里さん、お誕生日おめでとうございます!

杏里さんの夏のディナーショウから約1週間が経とうとしています。
なんと言っても、印象に残っている楽曲は、「Affection」ですよね。
久々に聴いたので、ホント、うれしかった〜。

この楽曲は、1983年にリリースされた「Bi・Ki・Ni」に収録
されているバラード。

Billboard Live 以来、1st SET と 2nd SET の楽曲を一部変えている
という取り組みをしていて、今回は、1st SET に採用されたもの。

私的には、この取り組み、継続していってほしいなぁ〜と願って
いたりもするのです。

ともあれ、杏里さん、益々のご活躍、心より祈っています!
早く新曲が聴きたいでーす。

  • 2009.07.27 Monday

HEY!HEY!HEY!

Timely!!(紙ジャケット仕様)


今日のCX系の音楽番組、「HEY!HEY!HEY!」に杏里さんが登場!
今聴きたい1984年の名曲リクエスト、トップ10の第5位にノミネート。
なんと、「ご本人に歌っていただきましょう」のコーナーに
ご出演でした。

「杏里 真夏のスペシャルメドレー」と題して、「悲しみがとまらない」と
「SUMMER CANDLES」を披露してらっしゃいました。

バンドのみなさんは、先日、ANRI BOX STAFF Blog で紹介されていた
メンバーでしたね。今回の夏のツアーは、コーラスが Noriko Lewis
さんから、小島恵理さんにチェンジする模様・・・。

小倉さんは、黒のストライプのシャツのいでたちで、シブい!!

それにしてもですね、「悲しみがとまらない」オーディエンスの人たちも
楽しそうに笑って手をたたいている、とのお言葉ですが、やはり、この曲は
ライブでは、アップテンポな曲が続くときのキメの一曲だったりも
するので、それは仕方がないですよね〜〜。

いやぁ〜、今度は、なつかしの一曲、みたいなコーナーではないところで
杏里さんを拝見してみたいものです。

京本さんもおっしゃっておいででしたけど、杏里さん、ホントに
いつみても、お変わりありませんよね・・・。

  • 2009.07.13 Monday

片瀬海岸海開き

藤沢の片瀬海岸海開きに、藤沢の観光大使を務める、
杏里さんが登場した模様。

杏里さんのオフィシャル・サイトのSTAFF Blogによると
海開きの式典のあとは、杏里さん、新江ノ島水族館を
訪れた模様。

あ〜、いいよね。この辺り、ワタクシメも、チャリンコで
来たもんね。イルカの水槽近くで、びしょ濡れになって、
笑われたこととか、クラゲの展示や、相模湾大水槽、
いっぱい思い出すもんね。

また、行ってみたいなぁ。

  • 2009.05.26 Tuesday

リニューアル

杏里さんのオフィシャル・サイトが、リニューアル・オープン
しているんですね!

だけど、ワタクシメのPC、高性能ではないので、うまく見れません・・・。
スケジュールとかチェックしたいのに、クリックしても
画面が変わらないのよね。私だけ?
涙が出ちゃう。

  • 2009.05.13 Wednesday

SONGS〜尾崎亜美 5/13 On Air

NHKでオンエアー中の音楽番組「SONGS」。
今日のオンエアーは、尾崎亜美さん。

杏里さんの「オリビアを聴きながら」の楽曲を提供したことでも
知られていますよね。今回は、亜美さんが歌う、セルフ・カバー。
番組では、亜美さんの歌う、「オリビアを聴きながら」の前に、
杏里さんのコメントもオンエアーされました。

バックに、ドラム・セットが映っていたけど、あれは、Live House
TOURの間に、収録されたんですよね。ブルー・ノート名古屋かなぁ??

亜美さんの「オリビア〜」は、弾き語りで、ストリングスが入って
いたんですけど、アレンジも、なんだか、興味深く聴いてしまいました。

  • 2009.03.28 Saturday

ANRI Nagoya Blue Note Voice

Voice.Vol.77

名古屋ブルーノートの情報誌に、いよいよ来月に迫った杏里さんの
ライブ情報が掲載されていた。

名古屋ブルーノートは、杏里さんにとっては、2007年の11月の
ライブ以来になる。今回のライブ情報とともに、2007年の
プレイバック・ライブ・レポも載っているのが、見に行けなかった
ワタクシメにとってみれば、とってもうれしい限り。

そうか、この時は、男性コーラスが、ユーミン・バンドの今井マサキ
さんだったんだっけ、エンディングには、クール&ザ・ギャングの
「Celebration」のフレーズまで飛び出してたんだ・・・、なんて
見入ってしまうのでした。

杏里さんの「エバー・グリーン」な歌声が聴けるのも、もうすぐ・・・
なんですね〜。

  • 2009.03.22 Sunday

Billboard Live News

ビルボード・ライブ大阪

いよいよ今月の月末からスタートする杏里さんのライブ・ハウス・ツアー。

すでに、杏里さんのオフィシャル・サイトや、ビルボード・ライブ東京の
サイトでは紹介されていましたが、ビルボード・ライブ・大阪の情報誌
にも、しっかりと、バンド・メンバーの名前が載っています。

「トップ・オブ・ポップスの歌声」かぁ。素敵すぎる・・・。

あ!それから、個人的な近況ですけど、とりあえず、今日、PC検定
合格しました。って言っても、基礎編なんですけどね。以前は、こういう
資格試験には、ほとんど無頓着だったんですけど、100年に一度の金融
不況なこの時期、自己啓発のため資格取得熱が高まっていることも
あり、ワタクシメも、遅れ馳せながら、取り組んでおります今日この頃。

今後も、精進いたしまする・・・。

  • 2009.02.10 Tuesday

受験生のミカタ!

TWIN SOUL
TWIN SOUL

杏里さんのモバゲーの日記を読むと、杏里さんのお友達のご子息が
中学受験に合格したお話が載っていた。

受験勉強の応援ソングは、杏里さんの「Future for You」だったらしい。

「Future for You」が収録されているのは、1997年リリースの
アルバム「TWIN SOUL」だ。小倉さんが、サウンド・プロデュースをした
一枚でもある。たしか、このアルバムのリリースの年のツアーでは、
小倉さんに、お子さんが生まれた、と杏里さんがMCで話していた
記憶があるんですけど・・・。

話は変わるんですが、最近ワタクシメ、各種資格試験のスケジュールが
かなり詰まって来ており、最近では、資格試験対策に追われています。

今さら、暗記モノや、勉強といわれてもかなりしんどいものがあります。
あ〜〜〜、記憶力があ・・・にぶっているではないかぁ。
ワタクシメも、お子様の学習グッズに習って、シャープペンシルは
「クルトガ」を使っていますよ!消しゴムは「カドケシ」です。

「Future for You」かぁ。ワタクシメも、あやかりたいものです。

そして、合格、おめでとうございます!!!!!

  • 2008.07.30 Wednesday

歌鬼(Ga-Ki)〜阿久悠トリビュート〜本日発売

歌鬼(Ga-Ki)~阿久悠トリビュート~
歌鬼(Ga-Ki)~阿久悠トリビュート~

阿久悠氏のトリビュート・アルバム、本日発売です。

杏里さんがカバーした「ひまわり娘」から聴きました。
それでもって、アレンジは誰がなさったのか、すぐにチェックして
しまう、このサガが悲しいわ。ちなみに、清水信之氏でした。

阿久悠氏が書いた、この「ひまわり娘」の歌詞に、
「そしていつも見つめてくれる あなた太陽みたい」
という一節があるんですけど、
まさに、杏里さん、太陽であり、また、ひまわりの花のよう
であり、「白い夏のひざし」のような方であります。

そういえば、ひまわりの花言葉は、「憧れ」「あなたを見つめる」
でしたよね。

やはり、阿久悠さんの手掛けた楽曲はすばらしいですね。
個人的には、「ジョニイへの伝言」の塩谷哲さんのアレンジが
JAZZYでいいですね〜。
それと、「時の過ぎゆくままに」の押尾コータローさんの
ギターの音色が好きです・・・。

阿久悠氏の没後一年の8月1日に、日テレで「ヒットメーカー阿久悠物語
が、オンエアーされますよね。ちょっと見てみようかなと思います。

  • 2008.07.27 Sunday

ADLIB 2008年8月号

ADLIB (アドリブ) 2008年 08月号 [雑誌]
ADLIB (アドリブ) 2008年 08月号 [雑誌]

今月のADLIBに、杏里さんの紙ジャケ仕様で再リリースされた
角松3部作復刻の記事が載っている。

P37には、カラーページで、「NEW DISC」のコーナーでもピック・アップ
されている。

3部作の2作目、「Timely!!」では、「Cat's Eye」や「悲しみがとまらない」
など、今でも、ANRI CLASSIC となった大ヒット曲を収録していたり、
時期的にも、角松敏生さんのプロデュースの成功や、その後の杏里さんの
路線を決める重要なターニング・ポイントとなったシリーズと言って
過言ではないと思う。

杏里さん得意のダンス・チューンも、この辺りのアルバムから
スタートしている。この時期を経て、バブル経済絶頂期とも重なる
小倉泰治さんがサウンド・プロダクトを手掛ける、杏里さんの黄金期に
突入していくのです。

今回の紙ジャケ仕様の3部作は、リマスターされ、新たに収録された
ボーナス・トラックもあって、また聴き直してみたいものです。


杏里/Bi・Ki・Ni(紙ジャケット仕様)杏里/Timelly!!(紙ジャケット仕様)杏里/Coool(紙ジャケット仕様)

  • 2008.07.24 Thursday

ミューズの晩餐〜杏里〜2008年7月19日オンエアー

遅ればせながら、テレビ東京系列で7月19日(土)にオンエアーされた
ミューズの晩餐」の録画を観ました。またまた、親切な杏里さん
ファンの方に、お世話になりました。ありがとうございます。

なんてったって、静岡では、テレビ東京をネットしているキー局は
ないんですもの。おかげさまで、金融関係者必見の「ワールド・
ビジネス・サテライト」とか、「モーニング・サテライト」は
ネットしてないから、とっても大変。
「ガイアの夜明け」や「カンブリア宮殿」だって、ちゃんと見たい。
(すいません、ここんとこは、単なる愚痴です)

さて、この番組は、「音楽の女神に愛されし人々の人生で一番大切な曲、
あの名曲に秘められた物語」を語り合うのがコンセプトの音楽空間。

映像で、杏里さんの阿久悠氏のトリビュートアルバムの収録の模様が
出てきましたが、ワタクシメ、「ひまわり娘」を聴いて思い出しました。
この曲、こんなタイトルの曲だったんですね〜。
杏里さん、声質に合っていますよ!!

そして、オンエアーされたのは、カバーアルバム「tears of anri 2」で
小倉さんがアレンジなさった「最後の雨」。小倉さんがピアノを弾いて
いないのは、残念ではあるんですけど。

このアルバムについて、杏里さんが「キー(音域)が上がった」と話して
いらっしゃったのは、とても興味深く聞きました。「男性ボーカルの歌
だったので、キーを高めにした」というのにも、驚きました。
杏里さん、ボイス・トレーニングもちゃんとしてらっしゃるんですね。

さて、杏里さんの音楽人生をスタートさせた「My first music」は
「ポール・モーリア・オーケストラ」だったとのこと。お父様と
江ノ島に行ったりした時のドライブ・ミュージックだったとのこと。
この話は、有名ですよね。

そして、「My Song,My Life 人生で一番大切な曲」は、オリビア・
ニュートン・ジョンの「そよ風の誘惑」とのこと。
そして、デビュー曲の「オリビアを聴きながら」の「オリビア」は
オリビア・ニュートン・ジョンのこと、というのも、ファンの間では
有名な話ですよね。

そして、「そよ風の誘惑」をピアノとナビゲーターの川井郁子さんの
バイオリンをバックに、アコースティックに杏里さんが歌われるのを
聴けるのも、すごく貴重でした。

杏里さん、番組の最後に、「オリジナルはもう少し待ってください。」
っておっしゃってましたね。

それにしても、本当に内容の濃い25分のプログラムでした。

  • 2008.07.20 Sunday

週刊朝日2008 7/25号

週刊朝日2008年7月25日号

7月18日(金)に発売された「週刊朝日」7/25号の林真理子さんとの
対談「マリコのゲスト・コレクション」に、杏里さんが登場!!

P52〜P56にわたる記事は、最近の杏里さんの胸のうちを語ってます。
杏里さんの「社長業」の話、「予知夢」の話。

杏里さんは、シンガーソングライター、歌手、の肩書きだけでなく
キャリアを重ねた「ビジネス・ウーマン」になられたりもして
いらっしゃるんですね〜。バリ・キャリのスーパー・ウーマンの
杏里さん、素敵・・・です。

  • 2008.07.18 Friday

ふじさわ観光親善大使に杏里さん!

今日、早耳の友人から、お知らせメールがやって来た。

「杏里さんが、藤沢観光親善大使に就任」
おおーーー。しかし、ふと疑問が・・・。なぜに藤沢?
サザンは、茅ヶ崎だよね。湘南っていうのは、どの辺りまで?

うーん。ちなみに、ワタシクシメは、いつも空耳。
勝手な妄想で暴走し、聴こえてないものまで聴こえるヒト。
今、観ている「僕らの音楽」の今日のゲストは、福耳。
(関係ないっつーの)

自宅に戻って、ニュースを検索してみて、ナットク。
そうだ!江ノ島は、藤沢市だった・・・。(地元のみなさん、ごめんちゃい)
去年オンエアーされた、NHKの「SONGS」でも、江ノ島観光に行ってたし、
杏里さんのお気に入りの場所で、「原点」じゃないのーー。

ってなことで、就任式の模様を藤沢観光協会のサイトで拝見!
やはり、夏女、海女の杏里さんは、ブルーがよくお似合いです。

毎日新聞の記事は、こちら

藤沢市観光協会のサイトは、こちら

藤沢市観光ホームページは、こちら

  • 2008.07.12 Saturday

MUSIC FAIR 2008 〜杏里

今週のミュージック・フェアは、杏里さん!!Perfume ジェロさん。

1曲目は、杏里さんの「悲しみがとまらない」
イントロを、杏里さんの大好きな、アース・ウインド&ファイヤーの
「Boogie Wonderland」をサンプリングしながら、Perfumeと杏里さんで。

杏里さんのピンクの衣装とジーンズ姿も、キュートで素敵。
そして、曲間のダンスも、Perfumeといっしょに、頑張って
いらっしゃいました。

そして、2曲目は、杏里さんの「もう悲しくない〜No More Lonliness〜」
この曲のスペシャル・サポートのバックには、なんと L-mode の
みなさんが!
そうです、L-mode といえば、超有名アーティストのステージで
サポートメンバーとしてご活躍されている、ボーカリストの4人です。

画面左から、Mieさん、Marronさん、Norikoさん、Tinaさん。

杏里さんも含めて、みなさん背が高くていらっしゃるので、
画面に映えますね〜。
今回は、ANRI-Band のメンバーのサポートがないので、
L-mode のサポートが見れるのは、やはり、とってもスペシャルでした。

そして、このあとのパートは、カバー曲スペシャル!

昭和の演歌、歌謡曲のカバー・アルバムをリリースしたJEROさんの
「covers」からは、堺正章さんの「さらば恋人」を。
そして、男性ボーカルのカバー・アルバムをリリースする杏里さんの
「tears of anri 2」からは、平井堅さんの「瞳を閉じて」を
デュエットで披露。

杏里さん、「さらば恋人」いいじゃないですかぁ〜。JEROさんとの
ハモリもよくて、まるで、持ち歌のように歌っていらっしゃいます。
この時の衣装も素敵ですね。

それにしても、Perfume の「悲しみがとまらない」や「もう悲しくない」
の歌詞の内容について、MCをしているところでは、思わず笑って
しまいました。そうだよね、同じ人を好きになったら、私も引くかも(笑)

  • 2008.06.30 Monday

歌鬼 (Ga-Ki) 〜阿久悠トリビュート〜

歌鬼(Ga-Ki)~阿久悠トリビュート~
歌鬼(Ga-Ki)~阿久悠トリビュート~

杏里さんが参加なさった、阿久悠氏のトリビュートアルバムが
7/30にリリースされます。発売元は、ユニバーサルなんですね。
ユニバーサルのサイトにも、詳細が載っています。

杏里さんは、74年の伊藤咲子さんのナンバー「ひまわり娘」をカバー。
多分、ワタクシメ、元歌を知りません・・・。
すごく新鮮な気持ちで、聴かせていただこうと思います・・・。

  • 2008.06.07 Saturday

杏里「涙、別れ」破局テーマに男性カバー〜昨日のスポニチ記事

昨日のスポニチ記事に、杏里さんのカバー・アルバムの
続編の記事が載っていた。

先日の横浜開港149周年記念式典のスペシャル・ライブの
MCでも披露されていたけど、「tears of anri」の第2弾が
7月にリリースされる、とのこと。今度は、男性ボーカルの
曲を選曲したそう。

杏里さんの「ボーカリスト」としての評価が高いことからの
待望の続編とも言えるのではないでしょうか。
でも、個人的にはオリジナル・アルバムのリリースが
待ち遠しいなぁ・・・。

スポニチ記事は→こちら

  • 2008.04.29 Tuesday

杏里 「婚約破棄」 〜今日のスポニチ記事

あ〜〜〜〜、昭和の日に・・・
杏里さんとリー・リトナーさんの「婚約破棄」の記事がスポニチに
載っていた・・・。

ANRIさんのオフィシャル・サイトのトップ・ページの「ご報告」には
4/28日付で掲載されていた。

個人的には、リーさんの音楽性に影響を受けた、ANRIさんの楽曲とか
すごく好きだったりもしたので、なんだか複雑な心境です。

でも、どんなことがあっても、ANRIさん、応援し続けますぜ。

なんか、トップ・ページでリフレインする「もう悲しくない」が
ちょっと哀しい。こんな時に書いたらヒンシュクを買うと思うけど
「So No More Loneliness」ってとこ、空耳で、「そのものにね〜」
って聴こえるんですけど・・・。そして、私も「破棄」の前科者です。

スポニチ記事は→こちら

  • 2008.04.27 Sunday

阿久悠トリビュートアルバムに〜先日のスポニチ記事

先週末の25日のスポニチ記事によると、ANRIさんが
阿久悠さんのトリビュートアルバムに参加する模様。

トリビュートアルバムは、7月にも発売される予定で、
なんでも、このアルバムにお声がかかったアーティストは、
”歌力”のあることが条件だったよう。
最近のANRIさんの目元のメイク、眼力ありますよね・・・。(余談)

ANRIさんが選ばれるのも、すごく納得できたりして。
ANRIさんが歌う、和田アキコさんの「あの鐘を鳴らすのはあなた」
とか、大橋純子さんの「たそがれマイラブ」とか聴いてみたいなぁ。
似合うと言ったら、やはり、岩崎宏美さんの楽曲かなぁ。

男唱を女性が・・・となると、沢田研二さんの「時の過ぎゆくままに」
とか?かなぁ。実は、Char さんの「気絶するほど悩ましい」とか
好きなんですけど・・・。

スポニチ記事は→こちら

  • 2008.04.12 Saturday

ハピふる!ご出演

anri-band

4月11日(金)にオンエアーのフジTV「ハピふる!」に、番組
テーマソングの発売を記念して、ANRIさんがゲスト出演しました。

もちろん、ANRI-Band の皆様も、ご出演。
リリースされたCDのM-1 「もう悲しくない〜No More Loneliness」
に参加されているミュージシャンの皆様が、出演しました。

キーボード&アレンジ&バンドマスターの小倉泰治さん。
ギター高山一也さん、ベースの小松秀行さん。
ドラムのケニー・モズレーさん、サックスの鈴木明男さん。
そして、コーラスの小島恵理さん、Noriko Lewis さん。

オンエアーの楽曲は、「No More Loneliness」Version に、
歌詞が「ハピふる!」Version がのっかったスペシャルもの。
やはり、バンドの皆様が揃うと、壮観ですなぁ。

実は、静岡では、金曜日は「ハピふる!」のオンエアがないんです。
今回は、番組を録画して、マッハで送ってくださった方のおかげで
観ることができました。ありがとうございます。
ANRIさんのファンの方は、いい方が多いんですよね〜。

  • 2008.04.02 Wednesday

杏里出す!〜今日のスポニチ記事

今日のスポニチに、杏里さんが4/9にリリースする
「悲しみがとまらない」の続編「もう悲しくない」の記事が
載っている、とANRIさんのオフィシャル・サイトでアナウンスが
ありました。

スポニチ記事は→こちら

  • 2008.03.13 Thursday

ANRI さんのファンクラブ会報に・・・

Fizz vol.73

今日、ANRIさんのファンクラブの会報が届いた。

昨年の冬のLIVEの模様やANRIさんのインタビューが
掲載されている。

表紙は、ANRIさんとピアノを弾く小倉泰治さんだよ〜ん。

  • 2008.02.10 Sunday

一期一会〜 Jake Shimabukuro

一期一会 / ジェイクシマブクロGENTLY WEEPS / ジェイクシマブクロ

ジェイク・シマブクロ
言わずと知れた、ハワイのジミヘンと呼ばれる、ウクレレ奏者である。

個人的には、YUMING のカバー・アルバム「OVER THE SKY」の中の、
「春よ、来い」のプレイが大好きだ。

映画「フラガール」(2006)の主題歌も手がけている。
2006年にリリースされたアルバム「GENTLY WEEPS」にも、収録されていた。
このアルバムの中の、「While My Guitar Gently Weeps」は、めちゃくちゃ
かっこいい。原曲は、ビートルズのジョージ・ハリスンの曲なんだけど、
一番好きなナンバー。

最近では、押尾コータローさんのアルバム「Nature Spirit」で、
ビートルズのジョン・レノンの「In My Life」をセッションしている。

ウクレレというと、ハワイアンだったり、癒しの音色だったりするんだけど
ジェイク・シマブクロさんのウクレレのプレイは、ロック・ギタリスト
よりも、ある意味、卓越した早弾きのテクニックの持ち主で、やはり、
スーパー・プレイヤーと呼ぶにふさわしい。

アルバム「一期一会」は、2/20にリリースされる、日本の名曲を
ウクレレで弾くカバー・アルバムだ。
このアルバムのリリースを期に、プレミアム・ジャパン・ツアーが
開催される。

そして、2月23日の東京のオーチャード・ホールの公演には、
スペシャル・ゲストで杏里さんが出演されるのが決定したようだ。
杏里さんのオフィシャル・サイトでも、アナウンスされていた。
キョードー東京のサイトでも、アナウンスされている。

杏里さんとジェイク・シマブクロさんのコラボ、どんな感じなんでしょう?
楽しみですね〜。そして、ハワイアンといえば、アロハシャツ??

  • 2007.12.24 Monday

Merry Christmas!

クリスマスANRIさん


今日はクリスマス・イブ。
ホテル日航東京では、ANRIさんの「It's Christmas 〜QUIET STORM
2007 HOLY NITE,!!〜」のディナーショウが開催された。

もちろん、この3連休も休出だったワタクシメは行けるはずもなく・・・。
なんと言っても、予約を入れて行けなかったら、あまりにも高額すぎて
泣けてくるもんね。

それにしても、10月以降は、めちゃくちゃタイトな日程で仕事に
追われているような気がする。

今年はこういう一年だったんだなぁ。

さて、この時期に聴きたくなる曲、といえば、忘れてはならないのが
平原綾香さんの「CHRISTMAS LIST」。

先日の21日オンエアーのMTVのプログラムで、平原綾香さんが出演
された時のサポートは小倉泰治さん!その模様が掲載されています。

Re:MTV

Re:MTV」のサイトの「収録現場スタッフレポート」のコーナーの
「MTV MUSIC BLOG」です。ぜひ、ご覧ください。

  • 2007.10.07 Sunday

ハピふる!〜杏里さん沙耶さん2ショット

先日、杏里さんが「ハピふる!」にご出演なさっていたんですが、
ハピふる!」の番組ホームページの「スタッフブログ」の中に
杏里さんと高樹沙耶さんの2ショット写真を発見!

杏里さんと沙耶さん「めざましマガジン」に掲載される対談で盛り上がった
と書いてありますよ。10月25日に配布予定の「めざましマガジン」
楽しみですね。絶対、ゲットして読まないと!!

追記
杏里さんのオフィシャルサイトに、「めざましマガジン」」掲載の
お知らせが載りました。

追・追記
めざましマガジンの配布は、10/30(火)に決定!

  • 2007.10.04 Thursday

とくダネ!〜杏里さん登場〜

とくダネ!


フジTVの朝8:00〜9:55は、情報プレゼンター「とくダネ!
木曜日の9:20頃は、往年の名曲をお送りする「朝のヒットスタジオ」
というコーナーが始まったよう。本当に生で、フルコーラスで歌うのだという。
その第一回のゲストが杏里さん!!

「酒豪神話」「悲しみがとまらない」のエピソード、「サファリパーク話」など
本当?!と言われるような話を披露したあとは、1983年の大ヒット曲、
「悲しみがとまらない」。今回はニューアルバムの〜tears of anri Version〜。
時々、「夜のヒットスタジオ」の映像も入って、ANRIさん、お変わりなく!
なんて思ってしまう。

間奏のローズピアノのソロは、小倉泰治さんだったら、どんなだろう?
なんて、また思いながら聴いてしまうのでした。でも、高山さんのアコギ
いいですね〜。

プロモーションビデオの映像も見れてよかったです。

さて、小倉泰治さんが出演している、織田裕二コンサート。
静岡のコンサートでは、メンバー紹介で、「おぐらともあき〜!」って・・・。
織田さん、それって、「とくダネ!」の・・・(泣)

  • 2007.10.02 Tuesday

ハピふる!〜杏里さん登場〜

ハピふる!

10月1日から、スタートしたフジTVの情報番組(月〜金9:55〜11:25)
ハピふる!」、番組テーマソング「もう悲しくない〜ハピふる!」を
書き下ろした杏里さんが初回スペシャルゲストとして登場。

先日のフリーライブの時もMCでお話していましたが「悲しみがとまらない」の
続編にあたるのが、このタイトル曲。
「悲しみ〜」は、失恋の曲で、『自分のボーイフレンドと自分の友達がカップルに
なってしまうという曲だったんだけど、何十年も歌って来て、このカップルを
元に戻してあげたい』というのが、今回のコンセプトになるそう。

アップテンポの軽快な曲で、番組の「もっと幸せになりたい」という
コンセプトにもマッチしている。

番組のメインキャスターの高樹沙耶さんは、フリーダイビングのタイトルも
持っていて、現在、千葉の南房総で、エコロジカルな生活をなさっている。
高樹さんは静岡県の浜松市出身ということもあり、何か親しみを感じている
私、なのだ。

ナチュラル派の高樹さん、ハワイに住んでいたり、イルカと泳いだり、海が
好きだったり、髪型だったり、杏里さんとも通じるところがありますよね。

さて、ニューアルバムの紹介をしている杏里さん、今回のレコーディング
では、「キーを全体的に上げた」ことが、大変だったことのよう。
「ライブでは、Dのキーが普通に出るんだけど、マイクの前だとなかなか
出なくて、それを抑え気味に歌うところが苦労」なさったようだ。

「スピーカーで聴くよりは、ヘッドフォンで聴く方が気持ちいい」と話して
おられた杏里さん。

番組のオープニングから、35分間くらいご出演なさっていらして、
なかなか生でご出演される機会も少ないようですが、杏里さんのコメントも
たくさん聞くことのできた、貴重なプログラムでした。

  • 2007.09.29 Saturday

MUSIC FAIR21 〜杏里

ミュージックフェア

今日のミュージックフェアは、杏里さん、岩崎宏美さん、工藤静香さん。
J-POP界のFemaleのアーティストの中では、文句なし、実力派と言われる
歌の巧い歌い手さんたちなのであろうと思う。

杏里さんのアルバムでは、本家の岩崎宏美さんの「聖母たちの
ララバイ」もカバーしている。そういう意味でもこの競演は興味深い。
今年、デビュー20周年を迎えるという工藤静香さんも、この中では
一番お若いでしょうに。そういえばMusic Loversでは、杏里さんの
一週間前にオンエアーされていたっけ。

今回は、3人とも、ストリングスを入れ、アコースティックや、JAZZ
タッチに、バラードを熱唱するというプログラム。やはりみなさん、
いい楽曲をたくさん持っていらっしゃいますよね。長く、この世界で
第一線で活躍できるというのは、アーティストの資質もあるでしょうが
楽曲に恵まれるというのも、やはり、ひとつの幸運というか。

3人、MCで話している内容も、歌詞を大切に、「歌うこと」に関して、
やはり、ひとかどの思い入れを持っている、素晴らしいVOCALISTなんだな
と思いました。人の楽曲を歌っても、やはり、それぞれの個性がちゃんと
発揮されていて、素晴らしいと思う。

岩崎宏美さんというと、ちょうど一年前の「僕らの音楽」に、中村中
(なかむら あたる)さんが出演された時、岩崎宏美さんに楽曲提供した
中村さんの「友達の詩」をコラボした。

Natural

確かに、中村さんの楽曲も素晴らしいんだけど、岩崎宏美さんの歌唱も
素晴らしかった。多分、この曲を聴きながら、あんなに無意識のうちに
涙が溢れていたことは、かつてなかったと思う。
(MUSIC FAIRでは、今年の1月13日に、コラボされています)

さて、ミュージックフェア。
前半の3曲は、3人でボーカルを取り、後半の3曲は、それぞれソロで。
後半は、衣装を黒に統一しているところが、また素敵。

ANRIさんの「雨」は、「tears of anri」から、90年の森高千里さんのカバー。
この曲を聴けるのも、なかなか嬉しい。

全体的に、このANRIさんのアルバムでは、淡々と、そして涼しげに歌って
いるようにも思える。「声が、爽やか」と岩崎宏美さんも話していたけど
かえって、このフラットな歌唱の方が、逆に聴く側が感情移入しやすいと
思えるんだけどな。

On Air List

1 「聖母たちのララバイ」
2 「悲しみがとまらない」
〜「恋一夜」
Vo. 岩崎宏美、杏里、工藤静香

3 「雨」
Vo. 杏里
4 「めちゃくちゃに泣いてしまいたい」
Vo. 工藤静香
5 「思秋期」
Vo. 岩崎宏美

  • 2007.09.24 Monday

Music Lovers 〜47th Live 杏里

Music Lovers

今週の「Music Lovers」はANRIさん。
この番組は、「架空のライブハウス『Music Lovers』に毎週一組の
ビッグアーティストを迎え、一夜限りのスペシャルライブを開催する。」
(番組HPより)というのが、コンセプト。

ファンクラブでも、観覧希望を募っていて、9/11に、番組の収録があった
ようだ。今日は、「杏里 涙の名曲ライブ」。

オープニングは、「オリビアを聴きながら」
今回も、Key は、小倉さんではなく、一連のサポートの安部潤さん。

そういえば、ANRIさんが、吉元由美さんとコンビを組んで、加賀美聖良さんに
楽曲を提供しているんですけど、そのアレンジをなさったのが、安部潤さんだったよう。

さて、ライブの2曲目は、「悲しみがとまらない」(tears of anri Version)
そして、3曲目は、「夜空ノムコウ」
今回のアルバムは、バラードが多いせいか、今回のライブも、全曲バラード。
やはり、ANRIさん、バラードでは歌唱力がすごくて、感動してしまう。
アンコールは、「サマーキャンドルズ」だ。

今回は、コーラスも、Noriko Lewisさんではなく、比山貴咏史さんと仁科薫理さん。
夏のライブの時のメンバーの高山さんと比山さん以外は、違ったミュージシャン
ではありますが、また、印象の違った演奏で、興味深く聴けました。
確か、仁科さんは、今井美樹さんの2004年の「ドリームツアー」にコーラスで
出ていらした方じゃないか・・・と思う。

それにしても、Guest Loversの伊達公子さん、宮迫博之さんを交えての
MCも、めちゃくちゃおもしろかったですね。相変わらず、CAPをかぶって
いらっしゃるANRIさんではあるんですけど・・・。

  • 2007.09.19 Wednesday

SONGS 〜第18回 杏里

SONGS

今日こそ、何の「報道特番」もなく、無事にオンエアーされた、「SONGS」。

オンエアされた楽曲もよかったが、やはり、ANRIさんの江の島の旅は、
興味深く拝見しましたね〜。だって、個人的に、ワタクシメ、夏休みは
江の島に行ったりしたので、すんごくうれしかったですよ。

江の島ヨットハーバー

これはね、江の島サムエル・コッキング苑のマイアミ・ビーチ広場から見た
江の島ヨットハーバーだよ。杏里 SPECIAL MEDLEY に入る前に映ってた風景。

さて、残念ながら、今日のオンエアのANRI-Bandのメンバーには、
小倉泰治氏がいらっしゃらなかった。やはり、いつも耳にしている演奏と
違うように感じてしまうのは、私だけだろうか・・・。

そして、先日のビーナス・フォートのフリー・ライブの折に披露してくれた
ANRI MEDLEY は、このSONGSのためのSPECIAL MEDLEYでもあったんですね。

カバー・アルバムからは、「優しい雨」を披露されてました。

やはり、ANRIさんの歌声は素晴らしいし、ドキュメントに出てきたANRIさんの
笑顔もすんごくまぶしくて、ANRIさん、一生ついていきますぜ〜なんて
思いをあらたにした、オンエアーなのでした。

  • 2007.09.12 Wednesday

tears of anri

tears of anri
tears of anri

今日は、ANRIさんが、ユニバーサル・ミュージックに移籍後、初の
アルバムをリリースする。「涙・別れ」がテーマのカバー・アルバム
「tears of anri」。

昨日、一日前に、店頭に並んだこのアルバムを早速買って聴いている。
やはり、気になるのは、小倉泰治さんが、アレンジをしているのか、
というところだったんだけど、残念ながら、クレジットはありません
でした。

このアルバムで、Pianoを弾いていらっしゃるのは、先日のフリー・
ライブでもKeyを担当していた、安部潤さん、でした・・・。

ワタクシメが、一番好きなのは、「探偵物語」。
なんと言っても、私、ボサノバ・タッチの曲にはかなり弱くて、(笑)
ヤラれてしまうんです。無条件に、好きなんですの。ANRIさんの
コーラスの字ハモのパートもすごくよくて。
(私、こういう鑑賞の感想とか、ちょっと人よりズレてるんです)
なんと言っても、大瀧詠一さんの楽曲ですしねぇ。

「悲しみがとまらない」のセルフ・カバー、ミディアム・スローな
テンポにしても、やはり、元の楽曲の良さが生きているなぁと思います。
ANRIさんの楽曲では、この曲、アップテンポの代名詞となっているけれど
テンポをおとして、アレンジし直したら、どうなるんだろう?と、
興味が尽きない楽曲は、実は、たくさんあると思ってるんです。

あと、ANRIさんの声質にすごくあっているな〜と思ったのは、「Love
is all〜愛を聴かせて〜」と「あなたのキスを数えましょ」ですね。
印象としては、原曲のシャーリーンの「I've Never Been To Me
(愛はかげろうのように)」を洋楽カバーしてほしいくらいなんです
けど・・・。「あなキス」は、サビの高音のところが、やっぱり、ANRI
さんの透明感のある高音で聴けるのが、いいなぁ〜と思います。

個人的には、「雨音はショパンの調べ」は、ロック・テイストのアレンジ
になっているんだと思うんだけど、イントロのメロディは、やはり、
サックスじゃなくて、アコピがよいなぁ、ショパンだし・・・と思いました。
あ〜、ユーミンちゃんのセルフ・カバーのイメージがあるんだね>私。

「雨」は、文句なく好きですね。
やはり、アルバム全編をとおして、ANRIさんのボーカルで聴けて
良かったなぁ〜という印象。やはり、音楽家として、Melody Maker
として、ANRIさんは素晴らしいと思うけど、VOCALISTとしても、
素晴らしいんだなぁ〜と思うアルバムです。

さて、カバーアルバムの企画であてているユニバーサル・ミュージック
だと思うんですけど、ANRIさんのアルバム、売れてほしいな〜と思います。
そしたら、今度、ANRIさんのオリジナル・アルバムをリリースする時には
予算を割いてほしいと思うし、小倉さんの敏腕も振るってほしいとなぁ〜
なんて、思っちゃったりして・・・。

ところで、話は変わるんだけど、ユニバーサル・ミュージックのサイト
Blogパーツから、ストーンズのDVDのリリースのを貼ってみたんですけど
ANRIさんのは、Blogパーツ、できないですかねぇ。

  • 2007.08.31 Friday

Happy Birthday

tears of anri

今日は、ANRIさんのお誕生日。おめでとうございます。

来月、9月12日には、カバーアルバム「tears of anri」がリリースされる。
来年は、いよいよ、ANRIさん、デビュー30周年を迎えられる。

ANRIさんのお誕生日と同じく、8/31は、ダイアナ妃が亡くなった日
でもあった。今年は、ダイアナ妃が亡くなってちょうど10年が経つ。

1997年というと、私が遅れ馳せながら、インターネットをはじめた年だ。
はじめて買ったパソコンは、Win PC IBMのAptivaだった。
ダイアナ妃が亡くなったニュースは、インターネットのニュースを見て
知ったのを思い出す。

話は戻って、ANRIさんの新譜のリリースに合わせて、ANRIさんが
メディアに登場する機会も増えてきそうな気配。

ANRIさんのますますのご活躍を楽しみにしています!!

  • 2007.06.29 Friday

ANRI@K-MIX On Air 「J-TRIP BAR」

K-MIX

今日は、地元のFM、K-MIXでANRIさんが出演される番組があった。
もちろん、平日の18:00〜18:30といえば、まだ仕事中・・・。
したがって、外まわりと称して、こっそり、車で聴くことに・・・。

「J-TRIP BAR」とは、東京の郊外、世田谷のとある裏通りにある
会員制のバー。ここのお客様は、音楽関係者が多い。今日は、
FMの番組でANRIさんとお仕事をしたことのある音楽プロデューサー
テリーさんと、ANRIさんが久々に、このBARにて再会するという設定。
ふたりの会話を聞くことで、番組が進行していくというスタイル。

さて、BARにきて、ANRIさんがオーダーされたのは、「グリーン・ティ」。
静岡のFM番組という配慮もあってなのかは、不明だが、「お酒は健康な
うちにやめないと・・・」なんて、話されているANRIさん。ホント?!

「全然変わらないANRI(テリーさん談)」さんに、美容にいいことして
いるのか、という質問には、「お酒も飲まないこともいいことなのかも
しれませんよね。あとは、肉と野菜はバランスよく食べることだったり、
過度にフェイス・ケアはしないことだったり。」なんて答えていましたね。

食べ物のこだわりの話では、マーケットでは、野菜をたくさん買うとの
ことなんだけど、特に、「もやし」はたくさん使われるのだそう。

そして、話題は、「オリビアを聴きながら」でデビューした時のことに。
ダンサブルな曲が好きなANRIさんとしては、「バラードですか?」と
思ったのだそう。あの時のデモ・テープ、今もあるかな?みたいな。
レコーディングをロスでするということで、初めて、ディレクターの方と
旅に出るという緊張感と、ロスに行くのに、KOREAN AIRで行くんだった
んだけど、ダブル・ブッキングがあり、韓国で一泊し、観光をする羽目に
なったのが、思い出だと話されていました。

そして、次の話題は、ANRIさんの携帯の活用法に。
この番組のスポンサーが、「NTTドコモ東海」ということもあるのでしょうが
ANRIさんは、「携帯のメールも使ってますが、あれは便利ですね。」
あとは、ロスと日本を行き来されているので、国際電話は便利で助かって
ます、とのこと。ANRIさん、甥御さんや姪御さんのメールには、
「けっこう頑張って絵文字も使っている」のだそう。

さて、テリーさんが聞きたかった本題は、やはり、リーさんとのこと。
「リー・リトナーっていうのは、僕たちにとっては、超あこがれのギタリスト
なわけ。ANRIといっしょになったって聞いて、すごくびっくりした。」と。

「出会いは、なんとなく覚えているけど、今となってみるとふたりの出会い
って運命的な出会いだった。」と話されていたANRIさんは印象的でしたね。
「日本とアメリカって違う国にそれぞれが住んでいて出会った、
音楽を通してっていうのもあるんだけど、誰かスタッフと繋がっていたって
ことも全くなかったんですよ。」

ANRIさんというと、アルバム制作はロスでやっていらして、「ほとんどの
(ロスの)ミュージシャンとは仕事をなさっている」のだそう。ANRIさんは
制作のすべてに直接関わらないパートもあったりして、「アルバムに、リーが
てっきり参加していたと思っていた、という勘違いから出会った」のだそう。
実は、その参加していたと勘違いしていたのは、ラリー・カールトン氏だった
んだって。また、それもすごいことですよね。

ANRIさん、リーさんとは、婚約はしてるけど、まだご結婚はされていないそう。
いろんな音楽業界の方から、祝福されながら、ANRIさんが知らないリーさんを
教えていただいているのだと。リーさんは、努力家だし、ギターに対して
とてもまじめだし、やさしい方だとANRIさんは話していらっしゃいました。

リーさんは、アコギは家でも弾いていらっしゃるのだそうです。今日、
こんなことがあったんだよなんて話しながら、ギターを弾いているんだとか。
ANRIさん、リーさんのプレイを独り占めする時間があるんですね。
すげー!!なんて感動しちゃいました。

そして、次は、ANRIさんの曲作りの話に。コンピューターで作曲をなさる
そうなんですが、曲は、旅の途中に、景色を見て思い浮かんだり、寝る前に
浮かんだりすることが多いのだそう。

最近は、せいらちゃんっていう新人の女の子に曲を書いたんだそうです。
(せいらちゃんってどう表記するのかわからないので、ひらがなで書いてます)
大昔の自分を思い出しながら、ティーンエイジャーのイケイケな曲を書いた
と話していらっしゃいました。

夏のディナーショーのライブの話もしていました。
アコースティック・ライブは、ドラムを入れないで、やるんだそう。
夏のイメージが強い、ANRIさん、「いくつになっても夏女でいよう」と
話していらっしゃいました。

さて、番組の最後、「最後の晩餐に食べるとしたら?」の質問に、
「お寿司!」と答えていた、夏のよく似合う、夏女ANRIさん、でした。

On Air LIST
1) Not Serious But Free 〜アルバム「Sol」より
2) If 〜「SMOOTH JAM−Quiet Storm−」より
3) Malibu 〜「SMOOTH JAM−Quiet Storm−」より
4) Surf Break HALEIWA 〜「ANRI MTV Premium Live In Duo」Version

  • 2007.06.24 Sunday

ADLIB 7月号

ADLIB (アドリブ) 2007年 07月号 [雑誌]
ADLIB (アドリブ) 2007年 07月号 [雑誌]

今月のADLIBには、「浅野祥之に捧げる言葉」ということで、ブッチャー氏の
追悼特集が組まれている。その中には、角松敏生氏に次いで、ANRIさんも
コメントを寄せている。

”ブッチャー”のニックネームの名付け親は、ANRIさんだったんですね・・・。

  • 2006.12.01 Friday

ANRI MTV On Air 

MTV

ANRIさんのMTV PREMIUM LIVE in duo がMTVでオンエアーされました。
ライブのセットリストは、11/24にリリースされたライブ映像からの
ピック・アップで、計5曲。
1 風に吹かれて
2 KISS
3 メドレー
〜MERCY! MERCY!
〜SUNSHINE ON ME
4 SUMMER CANDLES
5 オリビアを聴きながら

MTVでは、ANRIさんのインタビュー映像が、ところどころに
挿し込んでありましたね。インタビューの内容は、
1) LIVEとは・・・?
2) 音楽活動の”原動力”となるもの・・・
3) LIVEを終えて・・・   でした。

LIVEは、「何よりもFANとのコミュニケーションが取れる唯一の
大切な場所」「ずっと立ち続けたい場所」とおしゃってた
ANRIさんの言葉には、グッときましたね。

そして、”原動力となるもの”では、「刺激がまず大切ですよね」
と答えていらっしゃいました。「音楽以外のモノから刺激を得る
ように心がけています」と。ANRIさんにとっては、ロスと日本の
二つの場所は、刺激を得るには大切な場所、なんだそうだ。

そして、LIVEを終えて、率直に「すごく楽しかったですね。」と。
「もともと私たちが育った場所って、こういうライブ・ハウス
なんで、ある種、原点に戻れるところ」とも話していらっしゃいました。
ライブ・ハウス・ツアー、本当に実現してくれたら、嬉しいですね。

  • 2006.09.07 Thursday

ADLIB 8月号

ADLIB (アドリブ) 2006年 08月号 [雑誌]



ADLIB 8月号には、ANRIさんのLyrics Producer 吉元由美さんが
載っていらっしゃる。

山本達彦さん、松井五郎さんとともに、「ポエトリー・ミュージック
の新世界」を創り上げたのだそう。

「女性である吉元由美さんが、男性詞を書く。」
・・・となると、いったい、どうなるのだろう。
ANRIさんの曲は、女性詞だからなぁ。

その豪華なコラボレーションは、「Libido game (リビドーゲーム)」
というアルバムで聴くことができる。

Libido game
Libido game

  • 2006.06.17 Saturday

悲しみがとまらない

DOUBLE FACE / 青木智仁

日本のベーシストの宝、青木智仁 氏が6月12日永眠された。
49歳。お誕生日だったそうだ。
「人間五十年」先週の大河ドラマの本能寺のシーンが頭をかすめる。

角松敏生バンドや、有名ミュージシャンとのセッションでは、なくては
ならないベーシストの青木さん。小倉さんが出演されるライブでは
青木さんがベースというのが、とても多くて、うねるようなベースと
かっこいい立ち姿でプレイする青木さん、大好きなミュージシャンの
中のひとり。

写真のアルバムは青木氏の初のソロアルバム「DOUBLE FACE」
高校の先輩後輩の間柄だった、小倉さんも参加している。

杏里さんのアルバムで一番最初に聴いたのは、「Timelly!」
角松さんのプロデュースで、ベースは青木さんが弾いている。
角松サウンドに、青木さんのベースがあったからこそ好きになった
と言ってもいいくらい。

角松さんのライブに行けば、青木さんのベースがまた聴ける・・・
当たり前のように思っていた。「どうしてなの?」って信じられない。
角松さんのアルバム「Summer 4 Rhythm」の「桃色の雲」のイントロの
ベースが今、頭の中を流れてる。

ライブは「生き物」だとよく言われます。
同じ時間と空間をともにし、心を重ねて、プレイヤーの奏でる音を
オーディエンスが聴く。その瞬間は、唯一無二なもの。
あの音もプレイもその瞬間限りのもの。

来週から杏里さんのツアーが始まる。そういう気持ちでライブを見たい。

でも、「悲しみがとまらない」を聴いたら、泣いちゃうかもしれない。
小倉さんのご心中、お察しします・・・。

そして、青木さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

Go to top of page