オススメ

ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ
ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ

ユニバーサル・インターナショナル
移籍第1弾は、ニュー・アレンジの
セルフ・カバー・ベスト!!
小倉泰治さんもアレンジで
参加しています。
EXH〜EXILE HOUSE〜 [DVD]
EXH〜EXILE HOUSE〜 [DVD]

TBS系列でO.A.されていた「EXH〜EXILE HOUSE〜」のDVDが発売。
小倉さんサポートのスタジオ・ライブも収録。
EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜(3枚組) [DVD]
EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜(3枚組) [DVD]

小倉さんがツアーメンバーで
ご出演です。
早くもDVD & Blu-rayで
3月14日発売予定!!
EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~ (3枚組DVD)
EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~ (3枚組DVD)

EXILE TRIBE(一族)による
6大ドーム・ツアーのDVDが
早くも登場!
10月17日発売予定。
もちろん小倉さんご出演。
EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~ (DVD)
EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~ (DVD)

小倉さんがツアーに参加した、ATSUSHIさんライブ。いよいよDVDでリリースです。
道しるべ (SINGLE+DVD)
道しるべ (SINGLE+DVD)

ATSUSHIさんが自ら作詞・作曲を手掛けた、<日本の心>をテーマとしたシングル。小倉さんがピアノ&キーボードで参加しています。
EXILE LIVE TOUR 2013
EXILE LIVE TOUR 2013

EXILEの2013年ツアー「EXILE PRIDE」の東京ドーム公演をDVD化。小倉さんも出演しています!
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)

ATSUSHIさん待望のセカンド・アルバム「Music」がリリース。小倉さんがピアノ&キーボードで参加しています。

101 East 2 West

キーボーディスト小倉泰治氏を応援する音楽好きの管理人の勝手なつぶやき〜気まぐれ更新中。

  • 2006.11.28 Tuesday

ANRI Premium Live in Duo

ANRI Premium Live in duo
ANRI Premium Live in duo

いよいよ待ちに待った、ANRIさんのDVDが発売された。
前回、R134 OCEAN DeLIGHTSのスペシャル・コンサートの
DVDがお蔵入りになってしまうという悲しい事件があったので、
今回は、そんなことのないようにとせつに祈ってきたものだ。

今回は本当にリリースされることになり、手にとって観ることが
できるのは本当に嬉しい限り・・・。

このLIVEは、8/15(Tue)に渋谷のDUOで収録された。
MTVが主催のLIVEだったため、完全招待制のイベントで
この貴重なLIVEを観れたのは、数少ない人たちだった。

そういう意味でも、DVDという形であっても、観ることが
できるのは、ありがたいことだ。

今年のツアーは、本数があったこともあり、メンバーが
一部入れ替わったりしているので、どの組み合わせで
聴けるのか、というところがなかなか実は貴重だったり
したのだ。DUO LIVE Version は、ギターがユーミン・
バンドの中川雅也さん、サックスが山本公樹さん
というところは、貴重じゃないかい。

楽曲は、夏のツアーからのSpecial Selection。

やはり、形に残るプレイというところでは、
小倉さんのアレンジが秀悦な、「夏の月」では
ないかしらん。ソプラノ・サックスの旋律も
とても印象的なんだけど、やはり、オリジナルとは
違う「夏の月」のレゲエ調のアレンジ、大好きです。

「夏の月」の冒頭の小倉さんが弾いているフレーズ、
アコピのキーボードで弾いているんですけど、
あの音がすごく好きです。

「Surf Break HALEIWA」この曲は今ツアーでも
演ってくれてありがとう!な曲です。
なんと言っても、Endingのところでは、小倉さんの
シンセのかっちょいいソロが聴けるもんね。

そして、「LOVERS ON VENUS」もいいですよね。
この曲、私の中では、かなりポイントの高い
名バラードです。小倉さんのアコピも聴けるしね。

そして、またまた今回も、小倉さんの着て
いらっしゃるドレス・シャツの衣装協力は
「ナラカミーチェ」ではないでしょうか?!
小倉さん、よくお似合いです。

とにかく、DVDとして、形に残って本当に良かった
と思う、LIVE DVD なのでした。

ANRI-Band Member

ANRI(Vo) 小倉泰治(Key) 中川雅也(G)
小松秀行(B) KENNY MOSLEY (Dr) 山本公樹(Sax)
NORIKO LEWIS (Cho) 今井正樹(Cho)

  • 2006.11.27 Monday

冬の蛍

冬の蛍


小倉さんが出演なさる平原綾香さんのクリスマスライブの
イベントが始まりましたね〜。

浜松にも、こんなイルミネーションが点灯したんですよ。

それにしても、この携帯のカメラ、なんとかなりませんかねぇ…。
さあ、残業に戻ろうっと。

  • 2006.11.25 Saturday

E.YAZAWA ROCK OPERA2 @ 名古屋レインボー

トランポ

矢沢永吉のコンサートに、またまた行って参りました。
この名古屋公演から、アリーナサイズの会場が増えるため、ROCK OPERA
Versionに変わっている。

前回の長野のホール・ツアーのVersionとは、曲目も多少変わっているし、
もちろん、ダンサーが加わったり、オーケストラの人数も多くなったりと
アリーナサイズの会場ならではの演出も数多く施されている。

今回の席は、なんとアリーナのステージを向いて、左手の端っこの方
だったので、コーラスさんの姿が、スピーカーの影になってしまって、
見れず〜。個人的には、もうテンションが思いっきり下がる・・・。

そう、ユーミンちゃんのステージでは、端から端まで余すところなく
セットとして使用されている気がするんだけど、永ちゃんのステージでは
両脇に設置された黒の天幕に囲われたスペース、あれに機材だとかが
置かれているんだろうと思うんだけど、スタンドのステージに近い方は
かなり見えてない見切りの空間があるのでは、とも思える。

でも、今回ラッキーだったのは、前回の長野の時とは、コーラスの女性陣の
お衣装が、逆で今回は、Norikoさんがパンツ・スタイル、Marronちゃんが
ミニスカ・スタイルを見れたってことかなぁ。
それにしても、ステージのスケールが大きくなればなっただけ、存在感が
増すというのは、素晴らしいことだと思うのです。

さて、本編。前回のROCK OPERAの時にも演った、「東京」を今回も演って
いるのですが、この曲は、間奏に、コーラスのアカペラがあって、そのあと
オーケストラのパートがかぶってきて、壮大なスケール感が出る演目なのである。
前回のROCK OPERAでも、真髄と言える演目だった印象があるんですけど
今回も、3人のコーラスワークは冴えまくっているのです。
(ちなみに、前回のROCK OPERA 武道館 Versionは、Norikoさんと比山さんは
すでにこの曲で出演なさっているんですよね。)
これは、武道館でまた見るのがすごく楽しみ。きっと、武道館の頃には
もっともっと熟成感が出ることと期待しているのです。

あと、ちょっとブロードウェイ・テイストの「ニューグランド・ホテル」。
これも、ダンサーが加わってすごく粋な演出になっていて、永ちゃんの
白シャツに袖のカフスをはだけさせている姿が、めちゃくちゃかっちょいい。
実は、このコーラスのパートで、永ちゃんのボーカルに絡む字ハモのパート
があるんですが、これは、Norikoさんなのか、Marronちゃんなのかすごく
気になるところ。次回の武道館では、ちゃんと確かめたいところです。

こうやって見ていくと、本当に永ちゃんのコンサートは細部の細部まで
こだわりつくしているんですよね。本当に、一流のパフォーマンスを
見せたい、一流のステージングを見せたい、という質の高さへの追求
という意味では、出演しているキャストのミュージシャンの皆さんも
求められているもののレベルが高いので、苦労もきっとおありになる
のでは・・・なんて思っちゃうんですよね。

でも、そのステージで、日々進化を遂げていらっしゃるキャストのみなさん
さすが、永ちゃんのライブに出ている方々なんだな、と思うわけです。

さて、ワタクシメの今日のタオルは、今ツアーのロゴ入りの会場限定の
タオル。こういうグッズへのこだわりも、すごいですよね〜。

今日のタオル

  • 2006.11.23 Thursday

On The Road〜浜田省吾

ON THE ROADON THE ROAD

広島出身というと、孤高のアーティストがとても多い気がするんだけど
もちろん、矢沢永吉もそうだし、吉田拓郎、奥田民生とかいらっしゃる
けど、浜田省吾もそのひとり。

今日は、静岡へ浜田省吾のライブに行く。本当は、いつもお世話になって
いる、省吾サマファンの友人が行けるようにとチケットを取ったのだが、
やはり、ママは家庭を捨てられず、ワタクシメがピンチ・ヒッター。

さて、今回の省吾サマのライブのオープニングは、「HELLO,ROCK & ROLL
CITY」の中でも歌われている♪「はじめて歌ったR&B」 ”A PLACE IN THE
SUN”なのである。

この曲は、省吾サマのライブを初めて観た、1988年の「渚園」の時も
オープニングだったので、なんかすごく嬉しい。
今回のライブの途中に、ショート・フィルムも上映されて、その中にも、
この曲が印象的に使われているんだけど”A PLACE IN THE SUN”は、
スティービー・ワンダーが、1966年にリリースしたナンバー。
邦題が「太陽のあたる場所」となっているが、省吾サマの「陽のあたる
場所」は、また違う曲。

ROCKのスタイルもいろいろな形があると思うけど、省吾サマの歌は
代表曲「J.BOY」の定義にもなっているように「戦後アメリカの影響下の
中で育った日本の少年たち」が大きくなって、社会に出て、家族を持ち
父になり、働いて、生きていく、この国はどうなのか、と、そんなテーマを
織り込んだのが、省吾サマのスタイルのようにも思える。

私、昔の曲も好きなんですけど、最近めっきり涙腺が弱くて、必ず
泣いちゃうのが、「I am a father」なんです。この曲のフィルムに、
父ちゃん役で時任三郎さんが出ていたりするんですけど、働く父さんと
ちゃんと挨拶の出来る子供たちを観ると、いつもこっそり涙ふいてます。

省吾サマのライブでは、オーディエンスに対して、年齢を拍手で求める
恒例のMCがあるんですけど、10代から60代まで、本当に幅広い方が来て
いらっしゃるんですが、一方的にショーを見せ付けるって形ではなくて、
こういうオーディエンスとの関わりっていうのを、とても大事にされて
いるんだな、っていうのを感じますね。

あまり、メディアに出ない浜田省吾氏ですが、全国津々浦々、日本の
各地に浜省の歌を待っているオーディエンスがいて、多分、それを一番
わかっていらっしゃって、ホールツアーを各所で重ねていらっしゃるのが
浜田省吾さんの流儀なんだな、っていうのを実感したコンサートでした。

  • 2006.11.19 Sunday

CHRISTMAS LIST

クリスマス・リスト
クリスマス・リスト

平原綾香さんの新曲「CHIRISTMAS LIST」が11/15にリリースされた。
この曲は、David Foster氏の楽曲で、ナタリー・コールのカバー曲。
訳詞は吉元由美さんがなさっている。

この曲の訳詞についてのエピソードは、吉元由美さんのBlog
書かれているので、ぜひ、読んでみていただきたいと思います。

さて、この「CHIRISTMAS LIST」の発売を記念して、平原綾香さんが
全国各地でクリスマス・イベントに出演し、観覧することができます。

もちろん、そのライブでピアノを弾くのは、小倉泰治さんです!
David Foster氏の楽曲ですから、アコピがすごく美しい曲なんです。

  • 2006.11.18 Saturday

THE TOUR OF MISIA 2007〜ASCENSION

THE TOUR OF MISIA 2007

MISIAの2007のツアーのオープニング、静岡エコパアリーナの
ライブを観に行ってきました。

今年は、夏にアコースティック・ライブの「星空のライブ」が
あったせいか、冬のツアーは、DJを入れた、クラブサウンド
仕立てのダンスミュージックが中心のライブ。

REMIXされた楽曲は、バラードの名曲であっても見事なアップ
テンポの曲に生まれ変わる。ああ、こういうのもありだな、と
思えるのは、やはり、元の楽曲が素晴らしいからか。

今日のライブは、ツアー初日ということもあり、遠征してきた
んであろう、コアなMISIAファンもすごく多いのが伺える。
多分、2曲目のタオル・マフラーをブンブン振り回すのは、
コアなファンの間では、もうお約束なのでしょう。
アリーナでは、いっせいに、タオルが振り回されていました。

ライブの中ほど、ニューアルバムはリリース前だけど(2/7)
そのアルバムの中の曲をこのライブで初披露というバラードは
ピアノ一本をバックに、MISIAの圧倒的な歌唱力を見せ付けるほどで
圧巻でした。そして、そのピアノに施される演出も。
(ネタばれになるので、くわしくは書きませんが・・・)

ライブの終盤は、もうアップテンポの曲のオンパレード。
いつもの、あの両手を挙げるあのフリの曲も
演ってくれちゃってました。

残念だったのは、ANRI−Bandでもご活躍の鈴木明男氏
(SAX,Fl)が、出ていらっしゃらなかったこと。
ダンスミュージックが中心となるとやむを得ない気もしますが、
やはり、MISIAのステージでは、定評のある明男さんのシンフォニック
な印象のフルートやサックスが聴いてみたかったです。

  • 2006.11.16 Thursday

W44S au Sony Ericsson

W44S

私が使っている携帯は、ちょっと時代遅れなんだけど
何世代か前の Sonny Ericsson のモノ。
Sony特有のジョグ・ダイヤルというのがついていて、昔CMにも
あったけど、「くるくるピッピ」と選択しやすいのが特徴。
私は、けっこう使い勝手が良くて、このジョグ・ダイヤル肯定派。

なんか、今日、新製品が出ると発表があったらしい。
デジタルラジオとワンセグが楽しめるらしい。
携帯で音楽はあまり聴かないが(iPod愛用者)
デジタルラジオは、田舎だから、関係ないが
でも、新製品はちょっと気になる。

カラーバリエーションに、アズライトブルーがあったらなぁ。
でも、横のヒンジがでっぱってるのが使いづらそうな気も・・・。

って言って迷ってるうちに、また時代に取り残されてしまうんだろうなぁ。

  • 2006.11.12 Sunday

予想外です。其の弐

今日はエリザベス女王杯(G1)。
朝から新聞を見て、ちゃんと予想したんですよ。
私の中の本命は、すんごく迷ったんだけど、
秋華賞を制した、カワカミプリンセス。
対抗は、福永騎手騎乗のフサイチパンドラ。
だって、フサイチパンドラ、なんかオッズを見ると評価が低いんだもん。
この馬、2000M距離適正があるんじゃないかと思えるの。
なかなか、2000M以上のレースは、好走してるもの。

それなのに、カワカミプリンセス、降着って・・・。
スイープトウショウも抑えておくべきだったわ。
またまた、予想外です。

  • 2006.11.12 Sunday

お戒壇めぐり

善光寺

ってなことで、せっかく長野までやって来たので、ちょびっと観光も。

今日も、朝方はあいにくの雨模様。
おかしい、またもや雨なんて・・・。

さて、善光寺といえば、「お戒壇めぐり」でしょう。
これは、本堂のご本尊の壇下にある真っ暗な回廊を通り、中程にかかる
「極楽の錠前」を探り当てるというもの。
真っ暗な地下道を、右手で腰の高さくらいを探って、壁をつたって歩くと
探せるそうなのですが、私は、探り当てることができず・・・。
暗所や、閉所がダメってことはないんですけどねぇ。

でも、これ、「ゲド戦記」に出てくる、アチュアンの墓所のテナーに
なったような気になるわ。
・・・なんて、不謹慎なこと言ってごめんなさい。

善光寺では、只今、三門が平成の大修理の最中。
そういえば、夏に、ANRIさんの大津のライブの翌日に、三井寺に
行った時も、金堂が修理中だった。

それにしても、長野では、もう紅葉がきれいでした。

  • 2006.11.12 Sunday

E.YAZAWA NEW STANDARD @長野

会場ポスター

そして、レスリー氏の写真展におじゃましたその足で、夕方には
長野に向かい、矢沢永吉のコンサートへ。

休日ということもあり、永ちゃんのコアなファンと思わしき方たちも
白スーツに、みんな、手にタオルを持ち、来場。やはり、熱いです。
今日は、あいにくの『予感の雨』。
とうとう、ワタクシメの晴れ女伝説、崩れる(泣)

さて、永ちゃんのコンサートのオープニング。
アナウンスのあと、会場でかかった曲はなんと、リー・リトナー氏の
「キャプテン・フィンガー」 永ちゃんのスタッフにはリーさんの
ファンがいるのか?!(笑)
それにしても、この曲に乗って、会場では「永ちゃんコール」の嵐!!
いやぁ〜、この曲のテンポにハマるといえば、ぴったり!なんですけど
壮観であります。

さて、今年の永ちゃんのコンサートは、途中、ストリングスも入って、
去年のライブ・ハウス・ツアーとは、また一味違った雰囲気のある
ロック・コンサート。
今年、リリースした、リミックス・アルバム「YOUR SONG」1〜3からの
曲を中心にピック・アップした内容で、このアルバムのコンセプトが
永ちゃんのボーカルが全面に押し出された、シンプルな構成ということ。

今も増え続けている新しいファンのために、入門編のアルバムとして
聴いて欲しい、そういうアルバムを作りたいということで、今年は
ニューアルバムを出さずに、このリミックス・アルバムでツアーを
スタートさせた永ちゃん。
ツアー・タイトルの「New Standarad」は、今までの名曲の数々を
新たな矢沢永吉のスタンダード・ナンバーとして届けるという意味も
あるのだろうか・・・。

このライブのコーラスには、なんと、夏の「ROCK IN JAPAN FES」に
出演していた、あの3人が!!Norikoさん、比山さん、marronさん。
やはり、知っているミュージシャンの方が出ていると、見ている方も
かなり盛り上がれて、嬉しい。

やはり、バリバリのロックのライブとは、また違う印象のある今年の
コンサートでは、この3人のコーラスは、ぴったりハマっている印象。
コーラス・チームとしては、これまた、日本のミュージシャンの宝!
と言うべきチームなのかもしれません。

さて、本編のライブは、大盛り上がり!!
あの曲も、あのロックな曲も、あのタオル投げの名曲も演っちゃって
ました。永ちゃん、最〜高っ。

ちなみに、これが、今日のワタクシメのタオル。もう寒い長野の夜には
マフラー替わりにもなったのです。

今日のタオル



  • 2006.11.11 Saturday

VOICE 〜 super stars by Leslie Kee

メイキング オブ スーパースターズ

レスリー・キー氏の写真展『super stars』を見に
表参道ヒルズに行って来ました。

写真は、The Making of super stars
さすがに、写真集は買えなかったので…。

写真展には、もちろんANRIさんの写真も展示してありました。
写真は、白のドレスを着たANRIさんが、デニムを巻いたマイクスタンドの
隣に立っているという構図。マイクに、ANRIさんの好きなアンセリウムの
花が飾ってあり、赤がとてもよく映えていて、ANRIさんらしい。

ANRIさんの写真は、タイトルが入った50枚のうちのひとつ。
タイトルは、『VOICE』-Speak out let your voice be heard

残念ながら、メイキング本には、ANRIさんの写真は載ってなかったです…。
平原綾香さんは載っているんですけどね。

あ!ユーミン・バンドでは、武部さん、村石さん、今井くん、
そしてプロデューサーの正隆さんの写真が写真集には載っていましたね。
さお親父のお三人はどうしたんだろうか…。

会場には、写真集も何冊か置いてあり、じかに見ることができるように
なっていました。レスリー氏の写真は本当に美しいです。

  • 2006.11.09 Thursday

ANRI It's Christmas

ANRI  IT'S CHRISTMAS

今日は名古屋のキャッスル・プラザの近くに所用があり、お出かけ。
ANRIさんのディナー・ショウもいよいよ来月の23日。

写真は、キャッスル・プラザのディナーショウの告知ポスター。
う〜ん、もうちょっと鮮明に写るといいんだけど・・・。

この携帯もそろそろ潮時ですかねぇ。

  • 2006.11.08 Wednesday

JAZZ FILE〜Chris Botti

トゥ・ラヴ・アゲイン
トゥ・ラヴ・アゲイン

昨夜、WOWOWでオンエアーされた、クリス・ボッティのライブを観ました。
このライブは、昨年の12月にロスのウィルシャー・シアターで行われた
ライブからのオンエアーで、今年の6月には「クリス・ボッティ・ライブ」
のタイトルで、DVDになってリリースされている。

今月の4,5日には、ブルー・ノート東京でライブもあり、来日もしていた。

クリス・ボッティといったら、イケメンのトランペッターで有名で
スティングのツアーに出演していたり、リー・リトナー氏のライブDVD
にも出演していて、Smooth Jazzの好きなANRIさんもFMのプログラムで
曲を紹介していたこともありました。

「トゥ・ラブ・アゲイン」と前作「ホェン・アイ・フォール・イン・ラヴ」
からの楽曲が中心のライブでしたが、35人編成のオーケストラをバックに
スティングや、バート・バカラックなどゲストとの競演も見事でした。
MCをするクリス・ボッティの笑顔も素敵です。

さて、ブルー・ノート東京というと、12月2日には、なんと矢沢永吉が
ライブをしますよね。そして、その後、12月4日〜7日には、
リー・リトナー氏も来日されますね。ANRIさんはもちろん観覧なさる
のでしょうねぇ。

Go to top of page