オススメ

ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ
ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ

ユニバーサル・インターナショナル
移籍第1弾は、ニュー・アレンジの
セルフ・カバー・ベスト!!
小倉泰治さんもアレンジで
参加しています。
EXH〜EXILE HOUSE〜 [DVD]
EXH〜EXILE HOUSE〜 [DVD]

TBS系列でO.A.されていた「EXH〜EXILE HOUSE〜」のDVDが発売。
小倉さんサポートのスタジオ・ライブも収録。
EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜(3枚組) [DVD]
EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜(3枚組) [DVD]

小倉さんがツアーメンバーで
ご出演です。
早くもDVD & Blu-rayで
3月14日発売予定!!
EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~ (3枚組DVD)
EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~ (3枚組DVD)

EXILE TRIBE(一族)による
6大ドーム・ツアーのDVDが
早くも登場!
10月17日発売予定。
もちろん小倉さんご出演。
EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~ (DVD)
EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~ (DVD)

小倉さんがツアーに参加した、ATSUSHIさんライブ。いよいよDVDでリリースです。
道しるべ (SINGLE+DVD)
道しるべ (SINGLE+DVD)

ATSUSHIさんが自ら作詞・作曲を手掛けた、<日本の心>をテーマとしたシングル。小倉さんがピアノ&キーボードで参加しています。
EXILE LIVE TOUR 2013
EXILE LIVE TOUR 2013

EXILEの2013年ツアー「EXILE PRIDE」の東京ドーム公演をDVD化。小倉さんも出演しています!
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)

ATSUSHIさん待望のセカンド・アルバム「Music」がリリース。小倉さんがピアノ&キーボードで参加しています。

101 East 2 West

キーボーディスト小倉泰治氏を応援する音楽好きの管理人の勝手なつぶやき〜気まぐれ更新中。

  • 2006.07.23 Sunday

ANRI CONCERT TOUR '05-'06 〜 Vol.3 Sol Summer Live 〜@伊賀

ANRI CONCERT TOUR 06

今年初めてのANRIさんのコンサート、それも伊賀市民文化会館。
名古屋で会社の研修があり、終了後、伊賀まで出かけたんだけど、
遠かった・・・。
名古屋駅から近鉄で乗り換え乗り換え、2時間余り。
車窓から見える風景はどんどん風光明媚になり、最後の乗り換えは
「♪単線の電車を」(from「嘘ならやさしく」)ってな感じ。

駅から会場までは歩ける距離でもなく、これまたバスかタクらないと
行かれず・・・。しかし、苦労して来た甲斐あって良いコンサート
だったのござるよ、ニンニン。(忍者ハットリくん風)

さて、写真は、今年のANRIさんのツアーのポスター。
ファンクラブの会報のインタビューにも載っていましたが、ポスターに
アルバムのジャケット写真が何枚か並んでいるんですが、それは、この
アルバムからのナンバーを今回歌うよっていうメッセージなんだとか。

よく見ると、「Sol」「ANRI The Best」「TWIN SOUL」「16th Summer
Breeze」「MOANA LANI」「BOOGIE WOOGIE MAINLAND」の
6枚のジャケット。

MCにもあったけど、「CAT'S EYE」は、今回はオリジナルVersion。

そう、名古屋駅で、蒲郡競艇のポスターが掲示してあったのを見た
んですけど、北条司氏のコミック「キャッツ・アイ」が、ムーンライト・
レースのイメージ・ポスターなんですよ。「月夜に舞った女神」の
Versionです。懐かしいですね〜。
ちなみに、このポスター、蒲郡競艇のHPで見れるんですよ。

私は、ANRIさんのアルバムを買うきっかけになったのが、このアニメを
見ていたから、ということもあって、なんだか、とても印象的だった。

今年のツアーでは、あの名バラード「夏の月」のアレンジがレゲエ調に
斬新に変わっていたりして、驚くのとともに、そのアレンジはすごく
好きだったりして、また次回のライブが、とても楽しみ。
さすが、小倉さんのアレンジ!!という感じです。

そうそう、今日は、男性コーラスが、比山貴咏史さんでした。
スタジオ・ミュージシャンのボーカリストとしては、もう重鎮の域の
方だったりするんですけど、そんな比山さんが、ライブに出演して
いらっしゃるのが見れるなんて、とても貴重でした。

  • 2006.07.17 Monday

信州vs越後 きのこの陣

ワタクシメ、毎週日曜日の朝は、TBSの「がっちりマンデー!!」を見ています。
今朝のオンエアーは、「雪国まいたけ」。
ANRIさんのファンサイトのBBSの投稿によると、年後半から、
「雪国まいたけ」のCMにANRIさんが登場するというので、
今日の内容は妙に気になるところ。

最近では、はなわさんの「雪国もやし」のCMがすごく話題。
「めちゃめちゃ高いから〜みんな絶対買うなよ」っていうの。
あのCMって、見た時から思ってたんだけど、「高い」って
絶対値段のことだと思うよね。ついでに、興味本位で、いくら位
なんだろうか?なんて妙に気になるようになり、ついスーパーで
「雪国もやし」探しちゃったりなんかして。なきゃ気になって
お店の人に問い合わせたりなんかして。

私みたいな人、けっこう多いみたいで、それこそが、雪国まいたけ
の術中に落ちてる・・・というもの。
そもそも、「もやし」自体そんなに高いお値段のものではないから
このCMのインパクトは、けっこうな効果があったみたい。
(実際に売り上げがすごく伸びたとオンエアーの中で社長も
話しておられた。)
そして、「高い」というのは、理念だったり、製品のクオリティ
だったりするのが、本意みたいです。

雪国まいたけの社長さんの理念、ちょっと感動しちゃったなぁ。

そうそう、この雪国まいたけの最大のライバルが、長野県に本社の
ある、きのこの唄で有名な「ホクト」。

私たちが本来は高級食材である、きのこやえりんぎ、しめじ、まいたけ
などが安く食べられるのは、この会社の価格競争のおかげだったりもする。
きのこは、最近話題の健康食材だったりもするので、ありがたいことです。

健康に関心の高いANRIさんが、「雪国まいたけ」のCMに出る、
というのもなんだか、うなずける感じがするし、なんだか誇らしい感じです。

  • 2006.07.16 Sunday

M:i:III

M:i:III

トム・クルーズ フリークではないが、見てしまった。
シリーズ最高傑作との評判だが、確かに一番スピード感があった。
っていうか、ドキドキ感もあった。

そういえば、心理学で「つり橋効果」っていうのがあるらしいが、
心拍数の上がった緊張状態を恋愛状態の心拍数上昇と錯覚するという・・・。
もし、ドキドキ感をいっしょに体験したふたりが恋に落ちるとしたら
この映画は、あとちょっとで恋人同士になりそうなふたりには
めちゃくちゃお薦めの映画かもしれん。

映画を見終わったら絶対、手はつなげちゃうんじゃないかって・・・
(希望的観測)
な〜んて、個人的には思える映画だと思う。

  • 2006.07.09 Sunday

UTADA United 2006@Shizuoka

UTADA UNITED

宇多田ヒカルのコンサートツアーは6年ぶりなんだそうだ。
1曲目は、New Album からの「Passion」でスタート。
「この曲新曲?」っていう感じのノリの静岡のオーディエンスだけど
2曲目のCMの曲、「This is Love」からは、会場もノリがよくなって
くる。おそらく、静岡の人は、ヒカルちゃんのライブは私も含めて
はじめて!という人も多いのでは?という印象。

ステージのバックの巨大スクリーンに映し出される映像は、ご主人の
紀里谷和明氏の演出らしいんだけど、その映像美と主張している
テーマのストーリー性は、圧巻。

前半は、アップテンポのヒット曲が続く。途中、「EXODUS」からの
英語詞の曲を歌うんだけど、やはり、英語詞を操る宇多田ヒカルは
素晴らしい、と思う。

途中、チェロをバックに歌う、バラードパートでは、シンプルに
生身の宇多田ヒカルの歌声を聴ける。なんとなく、オープニング
からアップテンポの曲を歌うヒカルちゃんは、サイボーグなんじゃ
ないか、なんて印象があったんだけど、ここの3曲では、ヒカル
ちゃんの生の息遣いみたいなものが感じられる。

MCでも、「チェロをバックに歌うって、私の感性ってどう?」って
話していたヒカルちゃんなんだけど、女性のチェリストの演奏で
っていうのも、すごく意外性があって素晴らしい演出でした。

後半は、ヒット曲のオンパレード。これだけのヒット曲を持ちながら
ライブのステージに立つことは、少なかったようだけれども、
会場のオーディエンスに後押しされて、きっと、このツアーの最後の
方では、ライブ慣れしたヒカルちゃんになっていくことだろう。

ツアーの進化と、ヒカルちゃんの進化も見てみたい、静岡のステージ
初日でした。

  • 2006.07.01 Saturday

ストーリー8月号

STORY (ストーリー) 2006年 08月号 [雑誌]
STORY (ストーリー) 2006年 08月号 [雑誌]

今日発売の女性誌「ストーリィ」8月号(光文社)のP190に、
ANRIさんのインタビュー記事が載っているんですが、その中に、
小倉泰治さんご夫妻の写真も載っているんです。

「今日は夫婦でおもてなし」のコーナーに、ANRIさんとリーさんが
葉山の別荘でパーティを開く模様の特集なんです。
ANRIさんのお料理レシピ、おいしそうですね〜〜。
早速、ワタクシメもトライさせていただきます!

リー・リトナーさんの新譜「スモーク・アンド・ミラーズ」
(8月23日リリース)も紹介されていました。
レコーディングには、ジェントル・ソウツのメンバーやLAの名うての
ミュージシャンも参加なさっているようだし、アントニオ・カルロス・ジョビンの
お孫さんもボーカルで参加しているようなので、早く聴いてみたいですね。
リリースが楽しみです。

ところで、リー・リトナー氏のアルバムのレコーディングには、かかせない
ドラムのヴィニー・カリウタ氏。ユーミンのアルバムにもよく参加されていて
おそらく松任谷正隆プロデューサーのファースト・コールのミュージシャン
なんだろうな、と思うの。ステラボールのライブ(2005年)にも参加
していたものね。

ANRIさんが、リーさんのプロデュースで、「Smooth Jam〜Quiet Storm」
ってアルバムを出した2002年に、ユーミンが「WINGS OF WINTER,
SHADES OF SUMMER」ってアルバムを出した折、このユーミンのアルバムは、
ドラムがカリウタ氏ではなかったんですね。ちょうどレコーディングが
重なったのかな〜なんて思ったことをちょっと思い出しました・・・。

Go to top of page