オススメ

ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ
ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ

ユニバーサル・インターナショナル
移籍第1弾は、ニュー・アレンジの
セルフ・カバー・ベスト!!
小倉泰治さんもアレンジで
参加しています。
EXH〜EXILE HOUSE〜 [DVD]
EXH〜EXILE HOUSE〜 [DVD]

TBS系列でO.A.されていた「EXH〜EXILE HOUSE〜」のDVDが発売。
小倉さんサポートのスタジオ・ライブも収録。
EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜(3枚組) [DVD]
EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜(3枚組) [DVD]

小倉さんがツアーメンバーで
ご出演です。
早くもDVD & Blu-rayで
3月14日発売予定!!
EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~ (3枚組DVD)
EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~ (3枚組DVD)

EXILE TRIBE(一族)による
6大ドーム・ツアーのDVDが
早くも登場!
10月17日発売予定。
もちろん小倉さんご出演。
EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~ (DVD)
EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~ (DVD)

小倉さんがツアーに参加した、ATSUSHIさんライブ。いよいよDVDでリリースです。
道しるべ (SINGLE+DVD)
道しるべ (SINGLE+DVD)

ATSUSHIさんが自ら作詞・作曲を手掛けた、<日本の心>をテーマとしたシングル。小倉さんがピアノ&キーボードで参加しています。
EXILE LIVE TOUR 2013
EXILE LIVE TOUR 2013

EXILEの2013年ツアー「EXILE PRIDE」の東京ドーム公演をDVD化。小倉さんも出演しています!
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)

ATSUSHIさん待望のセカンド・アルバム「Music」がリリース。小倉さんがピアノ&キーボードで参加しています。

101 East 2 West

キーボーディスト小倉泰治氏を応援する音楽好きの管理人の勝手なつぶやき〜気まぐれ更新中。

  • 2007.03.29 Thursday

満開までもうすぐ・・・

浜松城公園の桜

今日の夕方、所用があり、市役所へ。
浜松城公園の桜も、もう少しで満開。

天守楼の桜の大木が今、一番の見ごろかもしれない。
天守楼

浜松は、4月1日より政令指定都市になるんですよ。

  • 2007.03.27 Tuesday

宮崎アニメ

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」を観た。
今日は、映画監督の宮崎駿氏。先日、ジブリの次回作は、「崖の上のポニョ」
になると発表されたばかりだ。

この番組によると、昨年の4月から7月の間密着取材をしてきていて
そのときには、すでに、「崖の上のポニョ」のイメージは出来上がって
いたようだ。「ゲド戦記」の試写をご覧になっている様子も出てきて
いた。

宮崎駿監督の作品といえば、「ハウルの動く城」(2004)や「千と千尋の神隠し」
(2001)などが、近作になるんだけど、やはり、私たちの世代だと「ナウシカ」(1984)
「ラピュタ」(1986)「トトロ」(1988)「魔女宅」(1989)とかになる。

個人的には「ルパン三世 カリオストロの城」(1979)が大好きだ。
従来のルパン作品とは違って、ルパン三世が、かなりいい人だったりする
ので、賛否両論はあったと思うけど、「血肉踊る冒険活劇」という意味での脚本の
面白さには、あるお決まりのパターンがあって、それが好きなのだ。

「長靴をはいた猫」のラストで、ペロと魔王の追っかけシーンがあるの。
これは、宮崎氏が作画を担当したシーンで、魔王の弱点であるドクロの
首飾りを朝日に当てようと塔のてっぺんに向かうシーンなんだけど、
このパターンは、例えば「カリ城」でも、形を変えてラストに出てくる。
ストーリーが、夜明けとともに終焉するパターンも多いよね。

このあたりは、息子さんの宮崎吾朗氏が監督した「ゲド戦記」にも
継承されてるんじゃないかなぁ、なんて思うの。

そう、何かを創作する、例えば絵画でも、音楽でも、そういった何かを
クリエイトできる人って、すごいな〜と素直に尊敬の念を覚えるのだ。

番組の中でも、宮崎監督は語っていらっしゃる。そうか、「裸になって
つくる」のか、と感心しきりでした。何か、ひとつのものを創造する
のって、いろんな紆余曲折とかあるんだろうけど、その過程を見せる、
見せない、いろんな考えはあるとは思うけど、やはり完成した作品は
尊いものですよね。

さて、「映画を創る」宮崎監督の名言は、番組HPにありますので、ぜひ
見てみてください。

  • 2007.03.23 Friday

世界水泳&世界フィギュア

年度末も近い3月決算のこの時期、とにかく時間が取れない。

それなのに、世界水泳と世界フィギュアが同時期に開催されて
いて、見たいプログラムもたくさん。録画時間も重なることがあって
早くおうちに帰って見たい・・・。

マーメイド・プリンセスの活躍が楽しみなシンクロと、東京で開催
されていて昨日、日本の男子で初のメダルをもたらした高橋選手の
活躍で俄然、盛り上がりを見せているスケート。

今日は女子のシングル・ショートプログラム。浅田選手、残念な結果
になっているけど、明日は、どこまで挽回するのか、ガンバレ!
安藤美姫ちゃんは、苦難を乗り越えて、ここにきている感があるから
このままいい結果でいってくれたら、と思ったりもします。

さて、世界水泳のシンクロですよ。やはり、今大会の一番の話題は
一度、引退したんだけど、現役復帰をした、デデューでしょ。
ノーズ・クリップ(鼻栓)をつけないことで、有名なデデューだけど
やはり、ソロの孤高の芸術性を持つのは、デデューだけ。
(なぜか今日の日経のスポーツ欄には、「ドデュ」と書いてあったが)
そういう意味でも、ロシアの技のイシェンコを抑えての金メダルは
素晴らしいと、思いました。

今、世界水泳で頂点に立っているデデュー、実は今年のユーミンちゃんの
「シャングリラ3」に、武田美保さんと出演されるのが決まっている。
ユーミンも、この金メダル、きっと喜んでいらっしゃるでしょうね。

  • 2007.03.21 Wednesday

KIRIN THE GOLD

KIRIN THE GOLD

3/20発売のキリン・ザ・ゴールド、早速飲んでみました。
まずは、泡がクリーミーなのには驚き。飲む前からうまそ〜。
あ〜、クセがない、飲みやすいっていうのが、第一印象かなぁ。
でも、KIRINらしい「苦味」は、健在。

なんと言っても、このCMの曲「BATUCADA バトゥカーダ」かっちょいい〜。
この曲は、Marcos Valleの楽曲なんだそうだけど、私がよく聴いている
のは、SERGIO MENDES & BRASIL'66 の「LOOK AROUND」という
アルバムに収録されているバージョン。

ちなみに、このCMは、bird がカバーしているそうだ。

KIRINのHPによると、「BATUCADA」とは、サンバ等の複雑なリズムの
打楽器隊の演奏スタイルを指す、とある。

私、BOSSAとか、このラテンのリズム、嫌いじゃないんです〜(笑)
あ〜小倉泰治さんが参加していた”Nouvelle-B”のライブが聴きたいなぁ。
それにしても、最近、仕事が忙しくて時間も思うように取れず、見たい
ライブにも足を運べないというこのジレンマ。

  • 2007.03.18 Sunday

今井美樹 20th anniversary concert 『Milestone』

20th anniversary concert

東京国際フォーラムの今井美樹さんのコンサート初日に行って来ました。
(ネタばれしてます!ライブの内容を知りたくない方、読まないで・・・)

20周年Anniversary Yearイベントのラストを飾るのが、このツアーになると
MCで美樹さんが話していらっしゃいましたが、選曲が渋い・・・というのが
私の印象。
・・・と言っても、私は、通の今井美樹さんファンでもなんでもないが(笑)

コンサートは、18時開演だったが、初日ということもあり、15分おして
始まる。前半は、バラード中心のゆったりとした流れで進んでいく。

2曲目の「夢の夜」は、大好きな歌。この曲は、アルバム「Lluvia」に
収録されているんだけど、あまりライブでは聴いたことがなかったので
かなり、嬉しかった。

「一日の時間の移ろい」「季節の移ろい」そんな時間の流れを感じて
ほしい、みたいなニュアンスのことを美樹さんがMCで話していたけど
今回のライブは、20周年という記念の年のライブということも含めて
幅広いレパートリーの中から、選曲されたようだ。

中盤には、今回のツアーのタイトルになっている「Milestone」の
アルバムからも、何曲か披露されていた。やはり、ライブで聴けて
よかったのは、「年下の水夫」でした。

今井美樹さんというと、本当にボーカルの「繊細さ」というのが
見事だな、と思う。雑誌にもよく、インタビュー記事が載っているけど
「歌手」への思い入れとか、歌うことへの真摯な気持ちが記事を通して
伝わってきて、本当に真面目な方なんだな、という印象がある。

途中、初日ということもあるのでしょうが、美樹さんがステージ袖に
向かって、音を上げて、みたいな指示を出されていたところがあった
ように思うんだけど、繊細だからこそ、美樹さんのボーカルマイクの
音をバックの演奏よりも浮き上がらせるように客席に出すのはPAの
腕の見せ所なのかもしれない。

国際フォーラムのホールAは、おそらく音響がいいと言われている
ホールだと思うんだけど、やはりそれ故に、美樹さんのボーカルの
響きの美しさ、だとか、美樹さんのボーカルの透明感の、前半の
バラードのパートでの表現は、本当に素晴らしかったと思う。

最近、ユーミンが「四季」をテーマにして選曲したベストアルバムが
リリースされた。季節が移ろう様の情景を美しい詞で表現するのは
ユーミンの詞は素晴らしいと思う。
今回、美樹さんのコンサートを拝見して、「時間の移ろい」をテーマに
美樹さんが選曲された歌、もちろん美樹さんの作詞の曲も多いんだけど
情景の美しさが目に浮かぶような歌が多かったのはとても印象的だった。

そういえば、聞くところによると、ユーミンの苗場のコンサートに
(黒柳さんがお越しになった19日のライブのようです)美樹さんは、
ご夫婦でいらしたそうなんですけど・・・。

あ!アンコールで、客席から「美樹ちゃ〜ん」って、ちっちゃな女の子
が呼びかけて、美樹さんが投げKISSで応えたあとの「Part Of Your
World」、これは、ディズニー「リトルマーメイド」主題歌 のカバー
なんですけど、その偶然が、ちょっとドラマチックでしたね。

アンコールの最後の曲は、「春の日」。正直、私はこの曲をいつ歌う
のかと思ってすごく期待してたんだけど、最後に聴けて本当に良かった。

以前、ユーミンが出演したイベントライブで、コスモ石油の「アース
コンシャス アクト」のライブに、美樹さんが出演されて、多分それは
4月だったと思うんだけど、この曲を披露されたと記憶している。

桜並木の下を歩くなら、この曲を聴きたいなといつも思う、「春の日」
です。

昨年発売になった、Leslie Kee 氏の写真集に出ていた美樹さんの
写真のタイトルは、「SMILE」でした。美樹さんのオーディエンスに
向ける笑顔は、本当に「微笑みのひと」でした。

・・・でもでも、やっぱり、コーラスにmarronちゃんが出ていて欲しかったぞ。

SET LIST
1. 夢
2. 夢の夜
3. 初恋のように
4. 去年は8月だった
5. 未来は何処?
6. 夕陽が見える場所
7. PRIDE
8. 20才のころ
9. 雨のあと
10. PIECE OF MY WISH
11. 年下の水夫
12. ありふれたlove scene
13. メドレー
  LUNA
 〜氷のように微笑んで
 〜ホントの気持ち
 〜恋をしよう!
14. The Days I Spent With You
15. 愛の詩

E1. 素敵な一日でありますように
E2. Part Of Your World
E3. 春の日・・・

  • 2007.03.14 Wednesday

KIRIN グランド・エール

KIRIN GRAND ALE

3/7から発売された、KIRINのプレミアム・ビール、「グランド・エール
グラスに注ぐと、赤みがかかった、美しいエール・ビール。
(ビア・マグでごめんなさい。)
黒ビールにも通じる、深いコクが、独特の味わいがあるビール。

私の好きな、「無濾過 一番搾り」みたいな爽やかさではなくて
深いんだけど、フルーティな味わいが、華やかな印象。

私は、永ちゃんがCMに出ているSUNTORYのプレミアム・モルツは
飲んでないんだけど、ちょっと飲み比べてみたい深いコクって感じかな。
エビスの超長期熟成のまったり感ほどではないんだけど、琥珀エビスには
近いかなぁ。琥珀エビスもお気に入りだったんですけど。

とりあえず、ビール党のワタクシメの、今のお気に入り。

ところで、この「グランド・エール」のCMって、
プリプリの「M」の洋モノカバーだよね?!

  • 2007.03.13 Tuesday

TOUCH AND GO

Touch And Go
Touch And Go

1986年にリリースされた、角松敏生の6th アルバム。
角松氏のライブで、「紙ヒコーキ」が飛び交うのは、もう有名な話
なんだけど、当時から、歌のタイトルなどに、いわゆる「ヒコーキ」
モノが多いのである。このアルバムのジャケットは、プロペラ機に
乗る角松氏。「紅の豚」では、ないが、飛行機乗り、なのである。

「Lucky Lady Feel So Good」とか「The Best Of Love」とか
大好きだったなぁ。

あ!「The Best Of Love」のシンセのソロって、小倉泰治氏が
弾いてますよね?!>ね、小倉さ〜ん!!

さて、今日の高知空港での全日空機胴体着陸は、本当に大事なくて
良かったな、と思います。

  • 2007.03.12 Monday

寒すぎる・・・

浜松城公園

もうすぐ、桜の開花と思いきやこの寒さ。
静岡は、予想では明日、桜の開花・・・のはずなんですけど。

桜のつぼみは、ほころぶどころか、固いまま・・・。
静岡は、平年だと、東京の桜の開花のあとなんですけど
なんで静岡がこんなに早くなっちゃったんでしょうかね?!

すぐにでもお花見弁当は、食べてみたいですけど、それが何か?!

  • 2007.03.04 Sunday

Lapita 3月号〜デジタルリマスターCDと松任谷正隆氏

Lapita (ラピタ) 2007年 03月号 [雑誌]
Lapita (ラピタ) 2007年 03月号 [雑誌]

歯医者の待ち時間に、隣のおじさんが読んでいた雑誌。
ふと目に入ったのが、ユーミンのご主人、松任谷正隆氏の写真と
ユーミンのアルバムのジャケット。「をを?!」と思い、
おじさんのあとで、そっと手に取って見てみた。

「機材も人間の耳も変わった今、リマスターCDは必然か?」という
タイトル。今月号の「もう一度オーディオ!!」の中の記事だ。

「初期のCDを当時のオーディオ機器で聴くよりも、最新のリマスタ盤
CDを最新のオーディオ機器で聴く方がいい。昔買ったアルバムを
もう一度リマスター盤CDで聴き直す価値あり」という仮説を打ち立て、
この記事の中で、正隆さんがデジタル・リマスターされたCDの
メリットや背景を解説してくださる。

ユーミンのアルバムが「オリジナルかリマスターかを見分けるには
品番で確かめること」とある。「CAまたはCTで始まるのはオリジナル、
TOCTで始まるのがデジタル・リマスター盤だ。」

私は、こういうCDの音質やこだわりの話はけっこう好きなんですごく
興味深く読んでしまいました。特に、「何故、レコーディングや
マスタリングはロサンゼルスで行われているのでしょう。」のくだりは
本当に興味深かったです。

ついでに、私は、リマスターCDは有難い派!だって、自分でCDから
選曲してプレイリストを作る時、音のレベルが統一されてるから
アルバムごとに音量を上げたり下げたりしなくていいもんね。
他にもメリットはたくさんあるんだろうけど。

さて、3/7にリリースされるユーミンの35周年特別企画の
ベストアルバムは、デジタルリマスターされているそうだ。

ユーミンスペクタクル シャングリラのある年は、必ずDVDとベスト盤は
出るんですよね。やはり、プロモーションにすごく資金が要るんだろう
なぁ〜なんて、下世話なことはどうでもいいですね。

SEASONS COLOURS−春夏撰曲集−
SEASONS COLOURS−春夏撰曲集−

  • 2007.03.02 Friday

鉄が、踊る大相場戦?!

さて、年末から大相場の様相を深めてきた鉄鋼株。

本日、新日鉄が上げ幅拡大。ドイツ証券が投資判断を中立から強気に、
目標株価を640円から1000円に引き上げたことで弾みがついた。

折りしも昨日、新日鉄は、今期連結経常益6%増に上方修正する決算と
増配と1000億円を上限とする自社株買いの方針を発表している。
また、今期最高益との予想もされている。

本来、鉄鋼株というのは、重厚長大産業の一角で、発行株数が非常に
多かったことから、株価が、なかなか飛ばない傾向なのだが、
バブル期には、そんな値動きの小さな鉄鋼株ですら、「鉄が舞う」と
形容されるほど、鉄鋼株の値段が飛んだ時代があったのだ。

さて、先日もBlogに書いたんだけど、この鉄鋼株の大相場とTBS開局
55周年の記念ドラマ「華麗なる一族」のオンエアが重なっているのは
非常に興味深い。主人公のキムタクが扮する万俵鉄平は、阪神特殊
製鋼の専務だ。(←これは、一度倒産している山陽特殊鋼がベースか)
ドラマの中では、「鉄は国家なり」といわれた1960年代の
製鉄業界と金融再編を迎える銀行業界の世相がよく描き出されている。

さて、今、鉄鋼株が買われる理由として挙げられるひとつに、業界再編
がある。今年の相場のテーマとなるM&A(企業の合併・買収)だ。
昨年の鉄鋼業界では、世界最大手と世界2位の企業が経営統合したり
英蘭コーラスを巡る買収合戦が展開されるなど、国境を越えた再編が
進んでいて、M&A関連と捉えることもできる。

(ある意味、「華麗なる一族」でテーマになっている金融再編も
父・大介氏が目論む、小が大を喰う合併、というのもM&Aである)

また、2007年の世界の自動車生産台数が1位となるであろうトヨタ自動車
に、高級鋼板を供給できるのは、世界広しといえども、その技術力を
有するのは、日本の鉄鋼メーカーでしかない。

新日鉄の上場来高値は、89年につけた984円である。
さて、この上場来の高値をいつ更新するんでしょうかねぇ。

Go to top of page