オススメ

ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ
ANRI AGAIN~ベスト・オブ・マイセルフ

ユニバーサル・インターナショナル
移籍第1弾は、ニュー・アレンジの
セルフ・カバー・ベスト!!
小倉泰治さんもアレンジで
参加しています。
EXH〜EXILE HOUSE〜 [DVD]
EXH〜EXILE HOUSE〜 [DVD]

TBS系列でO.A.されていた「EXH〜EXILE HOUSE〜」のDVDが発売。
小倉さんサポートのスタジオ・ライブも収録。
EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜(3枚組) [DVD]
EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜(3枚組) [DVD]

小倉さんがツアーメンバーで
ご出演です。
早くもDVD & Blu-rayで
3月14日発売予定!!
EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~ (3枚組DVD)
EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~ (3枚組DVD)

EXILE TRIBE(一族)による
6大ドーム・ツアーのDVDが
早くも登場!
10月17日発売予定。
もちろん小倉さんご出演。
EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~ (DVD)
EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~ (DVD)

小倉さんがツアーに参加した、ATSUSHIさんライブ。いよいよDVDでリリースです。
道しるべ (SINGLE+DVD)
道しるべ (SINGLE+DVD)

ATSUSHIさんが自ら作詞・作曲を手掛けた、<日本の心>をテーマとしたシングル。小倉さんがピアノ&キーボードで参加しています。
EXILE LIVE TOUR 2013
EXILE LIVE TOUR 2013

EXILEの2013年ツアー「EXILE PRIDE」の東京ドーム公演をDVD化。小倉さんも出演しています!
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)
(特典ポスターなし) Music (2枚組AL+2枚組DVD) (初回生産限定盤)

ATSUSHIさん待望のセカンド・アルバム「Music」がリリース。小倉さんがピアノ&キーボードで参加しています。

101 East 2 West

キーボーディスト小倉泰治氏を応援する音楽好きの管理人の勝手なつぶやき〜気まぐれ更新中。

  • 2007.09.30 Sunday

織田裕二「3920」コンサート@静岡

織田裕二 as 椿三十郎 会場ポスターコンサート・グッズ小倉泰治氏

行って来ました、雨の静岡。今日は、富士スピードウェイでは、30年ぶりに
F1レースが開催された、静岡県。県庁の星、もとい、県庁所在地の静岡では、
織田裕二ライブ!

会場の静岡市民文化会館は、駿府城址にある。今年は、徳川家康公が
大御所となり駿府城に入城されてから、400年が経ち、大御所四百年祭が
開催されているのだ。(すいません、織田の名を冠する方に・・・)

さて、会場には、今年の12月に公開される映画「椿三十郎」のポスターが
展示してある。ファンのみなさんが列を作ってカメラに収めている。
ミーハーなワタクシメも、とりあえず、一枚。

さて、織田裕二さん20周年のコンサートは、織田さんのフィルム・ヒストリーから。
そして、幕が開き、本編へ。ステージは、シンプルな設定。
バンドメンバーは、左から、Keyの小倉さん、Gの広保さん、DsのKennyさん
Bの小松さん、Gの俊介さん。

そして、小倉さんは、キーボード4台を使って音作りをしているとのこと。
正面の下段には、アコピ。その上段には、今回はHAMMONDのオルガン。
やはり、ロック・テイストを出すために、今回は多用しているのかな。
そして、ステージ右向きの下段がローズ・ピアノ。その上がKORGのシンセかな。

オープニングは、世陸のメイン・テーマ曲「All my treasures」
そして、「KODO 鼓動」。MCのあとは、ニューアルバム「ありがとう」から3曲。
アルバムからの1曲目の「FEEL LIVE」。これって、JRAのCMの曲ですよね。
そうだった。今日のスプリンターズステークス(G1)は、はずしちゃったよ〜。

ここで、織田さん椅子に座り、「20周年を振り返ってみたいと思います」と
1987年のフィルムから上映スタート。そして、途中MCをしながら曲を披露。
ここのコーナーは、アンプラグド・スタイルで進行していきます。

私、こういうアコースティックな曲目、好きなんですよね〜。
1991年の頃のフィルムの「現在、この瞬間から」は、小倉さんはローズピアノ。
俊介さんのアコギがいいですね。そして、1993年の頃のフィルムの「030」。
これは、携帯のCMに出た頃とのMCで、携帯の番号が「030」ではじまる
ので、このタイトルになったよう。この曲では、Kennyさんは、カホンを叩き、
小倉さんはアコースティックピアノ。私、この曲が一番好きです・・・。

最近、ANRIさんのライブでも、アコースティック・テイストの時は、カホンを
叩いているカホン巧者のケニーなんだけど、私は、このカホン(Cajón)の音が
大好き。
カホンは、箱の中に弦が張ってあって、バスドラ的なパーカッションの低音だけでなく
打面の位置で、中音や高音も叩けるのが、奥が深いなぁ〜と思うんです。
ちなみに、カホンは、ペルーが発祥の打楽器で、木製ゴミ箱や巣箱や
スピーカーではないんです悲しい

そして、1996年の頃の「踊る大捜査線」では、シリアスなシーンでいつも
流れていたという「Moon」。この曲でもカホンと小倉さんのローズピアノが
素敵でした。

「踊る大捜査線」の話をしていた時に、コンサート・パンフの写真に、和久さん
(故いかりや長介さん)の写真をどうしても入れたかった、みたいな話を
織田さんがされていたんですね。

いかりやさんというと、私の中では、やはり、ベーシストなんですよね。
KIRINのラガーのCMで、エレクトリック・アップライト・ベース(BSX-T4)を
弾いていらっしゃったけど、めちゃくちゃかっちょよかったもんな〜。

カンパイラガーCD

なぜか、うちにこのCDがあって、いかりやさんのベースライン、聴いてしまいました。
たった、50秒ほどなんですけど・・・。いかりやさんのソロ。

さて、ライブは後半。織田さんの衣装替えを中継しながら、サプライズで登場し
歌ったナンバーは、「OVER THE TROUBLE」。しまった、またタオル忘れたよ。
ファンのみなさんでは、恒例のタオル投げ。私には、空耳で、「♪オーバー
ザ・タ〜オル」と聴こえるような気がしてきました。

お次は懐かしい〜ぃWHAMのカバー「Wake Me Up GO! GO!」
(年齢がわかっちゃうわ〜)
この曲で、メンバー紹介があるんです。しかし!「事件は現場で起きてるんだ
(青島刑事風)」
小倉さんのメンバー紹介が、「おぐらともあき〜」に!!
アンコール後のラインナップの時にも、織田さん、恐縮しまくってましたね。
後日談では、楽屋で土下座までなさったという織田さん、いい方なんだな・・・。

もちろん、踊る〜のテーマ曲「Love Somebody」も演ってました。
織田裕二さんツアー、織田さんのボーカルもかっちょいいけど、やはり、
バンドのミュージシャンの演奏も素晴らしいぞ!!

アンコールの曲でも、小倉さんのキーボードの技は素晴らしかった。
ドラムセットや、キーボードの近くには、カメラが置いてあるので、時々
スクリーンにプレイ中のミュージシャンが映し出されるんですけど、
小倉さんのキーボード2段使いの技や、プレイ・スタイルが見事でした。
立ち上がって、キーボードを操る小倉さんも、ANRIさんのステージでは
なかなか見れないもんね。

そして、ファンのみなさんに、「ありがとう」と深々とお辞儀をなさって
いた織田さん。お辞儀の長さに、ただただ、感じ入ってしまうのでした。

SET LIST

01. ALL My Treasuers
02. KODO〜鼓動〜
03. FEEL LIVE
04. 天国の道
05. 君のいる朝

06. Boom Boom Boom
07. 今、この瞬間から
08. 030
09. Moon
10. Shake It UP

11. 風のない午後

12. OVER THE TROUBLE
13. Wake me up Go! Go!
14. Over and Over again
15. Love Somebody
16.「ありがとう」
アンコール
17. Hug,Hug
18. ラストクリスマス
19. I'll be back to you

Vo. 織田裕二
B. 小松秀行 G. 広保宣 Ds. Kenny Mosley Key. 小倉泰治 G. 鈴木俊介

  • 2007.09.29 Saturday

MUSIC FAIR21 〜杏里

ミュージックフェア

今日のミュージックフェアは、杏里さん、岩崎宏美さん、工藤静香さん。
J-POP界のFemaleのアーティストの中では、文句なし、実力派と言われる
歌の巧い歌い手さんたちなのであろうと思う。

杏里さんのアルバムでは、本家の岩崎宏美さんの「聖母たちの
ララバイ」もカバーしている。そういう意味でもこの競演は興味深い。
今年、デビュー20周年を迎えるという工藤静香さんも、この中では
一番お若いでしょうに。そういえばMusic Loversでは、杏里さんの
一週間前にオンエアーされていたっけ。

今回は、3人とも、ストリングスを入れ、アコースティックや、JAZZ
タッチに、バラードを熱唱するというプログラム。やはりみなさん、
いい楽曲をたくさん持っていらっしゃいますよね。長く、この世界で
第一線で活躍できるというのは、アーティストの資質もあるでしょうが
楽曲に恵まれるというのも、やはり、ひとつの幸運というか。

3人、MCで話している内容も、歌詞を大切に、「歌うこと」に関して、
やはり、ひとかどの思い入れを持っている、素晴らしいVOCALISTなんだな
と思いました。人の楽曲を歌っても、やはり、それぞれの個性がちゃんと
発揮されていて、素晴らしいと思う。

岩崎宏美さんというと、ちょうど一年前の「僕らの音楽」に、中村中
(なかむら あたる)さんが出演された時、岩崎宏美さんに楽曲提供した
中村さんの「友達の詩」をコラボした。

Natural

確かに、中村さんの楽曲も素晴らしいんだけど、岩崎宏美さんの歌唱も
素晴らしかった。多分、この曲を聴きながら、あんなに無意識のうちに
涙が溢れていたことは、かつてなかったと思う。
(MUSIC FAIRでは、今年の1月13日に、コラボされています)

さて、ミュージックフェア。
前半の3曲は、3人でボーカルを取り、後半の3曲は、それぞれソロで。
後半は、衣装を黒に統一しているところが、また素敵。

ANRIさんの「雨」は、「tears of anri」から、90年の森高千里さんのカバー。
この曲を聴けるのも、なかなか嬉しい。

全体的に、このANRIさんのアルバムでは、淡々と、そして涼しげに歌って
いるようにも思える。「声が、爽やか」と岩崎宏美さんも話していたけど
かえって、このフラットな歌唱の方が、逆に聴く側が感情移入しやすいと
思えるんだけどな。

On Air List

1 「聖母たちのララバイ」
2 「悲しみがとまらない」
〜「恋一夜」
Vo. 岩崎宏美、杏里、工藤静香

3 「雨」
Vo. 杏里
4 「めちゃくちゃに泣いてしまいたい」
Vo. 工藤静香
5 「思秋期」
Vo. 岩崎宏美

  • 2007.09.28 Friday

Maiden Earth LIVE @ JZ Brat

JZ BratMaiden Earth Official Site

小倉泰治さんが加入しているユニット、Maiden Earth のライブスケジュールが
JZ Brat のサイトに載っています。

2007/11/19 (Mon)  
Open : 18:00 / Start : 1st 19:30〜 2nd 21:00〜 (通し可)
at JZ Brat (渋谷)
問い合わせ・予約→ 03-5728-0168
料金: ¥4,200 + オーダー

Maiden Earth are 小倉泰治 (P) 片岡郁雄 (Fl) 佐藤鉄也 (B) 山下由紀子 (Per)

ぜひ!!足を運んでみてください。

  • 2007.09.27 Thursday

織田裕二 『3920』 ツアー、スタート!

小倉泰治氏

さて、満月の今日、織田裕二さんのコンサートツアーがスタートします!

Mr.Amazing 小倉泰治さんも4台のキーボードを操り、参加されています。

長いツアーですが、どうぞ、事故やケガなどなく、無事過ごせますよう、
ツアーの成功と、皆さんのご活躍をお祈りしています。

小倉さん、今日もかっちょいいプレーを!!
初日、楽しんでくださいね。

ところで、ツアータイトルの『3920』は、サンキュー20周年ってこと?!

  • 2007.09.26 Wednesday

YOUR SONGS 4 5 6

YOUR SONGS4YOUR SONGS5YOUR SONGS6

矢沢永吉さんの新譜が、今日リリースされた。

最近の楽曲をリミックスし、場合によっては、ボーカルを録り直したり、
シンプルな構成を目指した入門編の作品集。昨年リリースした、
「YOUR SONG 1 2 3」に続く続編のシリーズとなる。

やはり、永ちゃんは、いい曲をたくさん書いてらっしゃるんだなぁ〜って
思える出来栄え。今年は、このアルバムから、ツアーを行うんですね。

さて、ANRI-Band のコーラスの一員でもある、Noriko Lewis さん、
比山貴咏史さんが、「YOUR SONGS 6」の M-11「夏の終り」に
参加してらっしゃる。

ちなみに、この曲、9/5にシングルとしてもリリースされていて、
永ちゃんが出演している男性化粧品マンダム「LUCIDO−ルシード」の
CMにも採用されている。

アレンジフェチの私といたしましては、シングルverとアルバムverは、
アレンジがいっしょなのか?などと、興味深く聴いてはいるのですが、
違いのわからない、情けない女なのでした。

  • 2007.09.25 Tuesday

Fly Me to The Moon

Beautiful World / Kiss & Cry
Beautiful World / Kiss & Cry

ただ今、公開中の映画「エヴァンゲリヲン新劇場版:序」のテーマソングは
宇多田ヒカルの「Beautiful World」だ。そのCDに収録されている
「Fly Me To The Moon(In Other Words)」が大好きだ。
この曲、TVシリーズでは、エンディングの歌だった。

すっかり、ジャズのスタンダード・ナンバーとして、有名になった
「Fly Me To The Moon」なんだけど、実は、この曲、最初は3拍子で
演奏されていて全然ヒットしなかったそうだ。そして、8年後、タイトルを
今の「Fly Me To The Moon」に変え、4拍子で演奏したら、大ヒット!

なかなか、ヒカルちゃんのVersionも素敵です。

さて、今日は中秋の名月でした。やはり、満月ではないので、なんとなく
欠けている感じがするんですけど、私は、パーフェクトでない、このちょっと
欠けた「14番目の月」(実際は13番目か)な感じが好きですね。

ちなみに、満月は、27日ですぞ。
あ〜、また、Blogに月齢カレンダーを貼ろうかの〜。
実は、相場を月齢で見る方法もあるって知ってた?

  • 2007.09.24 Monday

Music Lovers 〜47th Live 杏里

Music Lovers

今週の「Music Lovers」はANRIさん。
この番組は、「架空のライブハウス『Music Lovers』に毎週一組の
ビッグアーティストを迎え、一夜限りのスペシャルライブを開催する。」
(番組HPより)というのが、コンセプト。

ファンクラブでも、観覧希望を募っていて、9/11に、番組の収録があった
ようだ。今日は、「杏里 涙の名曲ライブ」。

オープニングは、「オリビアを聴きながら」
今回も、Key は、小倉さんではなく、一連のサポートの安部潤さん。

そういえば、ANRIさんが、吉元由美さんとコンビを組んで、加賀美聖良さんに
楽曲を提供しているんですけど、そのアレンジをなさったのが、安部潤さんだったよう。

さて、ライブの2曲目は、「悲しみがとまらない」(tears of anri Version)
そして、3曲目は、「夜空ノムコウ」
今回のアルバムは、バラードが多いせいか、今回のライブも、全曲バラード。
やはり、ANRIさん、バラードでは歌唱力がすごくて、感動してしまう。
アンコールは、「サマーキャンドルズ」だ。

今回は、コーラスも、Noriko Lewisさんではなく、比山貴咏史さんと仁科薫理さん。
夏のライブの時のメンバーの高山さんと比山さん以外は、違ったミュージシャン
ではありますが、また、印象の違った演奏で、興味深く聴けました。
確か、仁科さんは、今井美樹さんの2004年の「ドリームツアー」にコーラスで
出ていらした方じゃないか・・・と思う。

それにしても、Guest Loversの伊達公子さん、宮迫博之さんを交えての
MCも、めちゃくちゃおもしろかったですね。相変わらず、CAPをかぶって
いらっしゃるANRIさんではあるんですけど・・・。

  • 2007.09.22 Saturday

織田裕二 コンサートツアー2007

織田裕二 TOUR 2007

いよいよ来週、織田裕二さんのコンサートツアー2007が始まります。

このツアーには、2005年のツアーに続き、ANRI-Band の一員でもある
Bass の小松秀行さん、Drum の Kenny Mosley そして、Key の小倉泰治さんが
参加されます。

今、織田さんのオフィシャル・サイトでは、コンサート2007の案内や、
ツアーメンバーのギタリスト・広保宣さんの期間限定 のBACK STAGE レポート
BLOGを見ることができます。

小倉さんは、”何マスター”で登場?!

最近のANRIさんの一連のメディア出演は、みなさん、してないけれど
織田さんのツアーでのご活躍をお祈りしています!!

  • 2007.09.19 Wednesday

SONGS 〜第18回 杏里

SONGS

今日こそ、何の「報道特番」もなく、無事にオンエアーされた、「SONGS」。

オンエアされた楽曲もよかったが、やはり、ANRIさんの江の島の旅は、
興味深く拝見しましたね〜。だって、個人的に、ワタクシメ、夏休みは
江の島に行ったりしたので、すんごくうれしかったですよ。

江の島ヨットハーバー

これはね、江の島サムエル・コッキング苑のマイアミ・ビーチ広場から見た
江の島ヨットハーバーだよ。杏里 SPECIAL MEDLEY に入る前に映ってた風景。

さて、残念ながら、今日のオンエアのANRI-Bandのメンバーには、
小倉泰治氏がいらっしゃらなかった。やはり、いつも耳にしている演奏と
違うように感じてしまうのは、私だけだろうか・・・。

そして、先日のビーナス・フォートのフリー・ライブの折に披露してくれた
ANRI MEDLEY は、このSONGSのためのSPECIAL MEDLEYでもあったんですね。

カバー・アルバムからは、「優しい雨」を披露されてました。

やはり、ANRIさんの歌声は素晴らしいし、ドキュメントに出てきたANRIさんの
笑顔もすんごくまぶしくて、ANRIさん、一生ついていきますぜ〜なんて
思いをあらたにした、オンエアーなのでした。

  • 2007.09.17 Monday

首位返り咲き

今日の巨人戦、4-1で勝利!!
それにしても、僅差でひっくり返したり、返されたり。

今日は、ユーミンちゃんのシャングリラ3のツアー最終日。
そういえば、前回のシャングリラ2の時は、ツアー最終日に、
阪神リーグ優勝が決まったっけ。

ってことは、ユーミンのシャングリラ YEAR は、阪神優勝の可能性が?!

  • 2007.09.15 Saturday

9月の蝉しぐれ

今日は、暑い日だった。
9月に入って、日中、蝉の声を聴くとやっぱり、ユーミンのこの歌。
「9月の蝉しぐれ」 from 「DAWN PURPLE」(1991)

ユーミンは絵を描く人だったんだな〜って思うのが、
「深みどりがまたひと刷毛 薄れるみたい」ってフレーズ。

今日は、とてもいいお天気で、めちゃくちゃ洗濯日和だったのに〜
私は、一日、体調不良で休んでいました。

夕方、やっと起きれるようになって、夕ご飯の買い物に。
じゃーん!ユーミンちゃんのラガー6缶パックを見っけ!

ユーミンデザインパック

今日は、シャングリラ3のラス前公演。でも、2回公演の日だから、
ラス前っていうのは、17日の14時公演になるのかな。
本当に、シャングリラも大詰めなんだな・・・。

人魚姫の夢(初回限定盤)(DVD付)
人魚姫の夢(初回限定盤)(DVD付)

シャングリラ3のテーマになっている「人魚姫の夢」今回のシャングリラでも
歌われているんだけど、9/5 に、New Single として、リリースされた。
スペシャル・サイトでは、PVやTV-Spotを観ることができる。
なんと、PVでは、シンクロの女王デデューも、観ることができるんです。
デデューの演じる人魚姫、というより、その泳ぎの素晴らしさ、必見。

  • 2007.09.14 Friday

HAPPY 58th BIRTHDAY,BOSS!!

E.YAZAWA

今日は、日本のロック・シーンの最高峰、矢沢永吉の58歳のお誕生日。

デビューから35年、いろいろな可能性の扉を開き続け、最近では、
アコースティックのライブや、ロックとオーケストラとの融合を目指すライブ、
そして夏にはロック・フェスにも出演している。

ライブにこだわり続け、観客動員数を誇り、とうとう今年の年末の12/16には
武道館公演100本を迎える。

私が、永ちゃんのアルバムで一番好きなのは、「KISS ME PLEASE」
「バイバイ サンキューガール」が好きだったんです。
そう!このアルバムには、昨年東京ブルー・ノートに出演した時のライブの
オープニング・ナンバーの「アップタイト」も収録されているんですよ。

永ちゃんのバラードで一番好きな曲は、「A DAY」
確か、2002年、東京スタジアム(現・味の素スタジアム)の30周年の
ANNIVERSARY SPECIAL NIGHTのライブで、ストリングスをバックに
歌ったのを記憶している。間奏のバイオリンのソロが、すごくあの曲に
あっていた。

そう思うと、永ちゃんは、ロックのバリバリの曲だけじゃなく、
本当にすばらしいバラードもたくさん書いていらっしゃいますよね。

今年も、永ちゃんのツアーは、観に行くんです。
ANRIさんの冬のライブ、あるのかなぁ?あったら、どうか、スケジュールが
バッティングしませんように!!

  • 2007.09.13 Thursday

安倍首相辞任表明

9/12は、ANRIさんのアルバムのリリース日だ。

アルバムのリリースのプロモーションの一環として、TV番組にも出演される
スケジュールもあったのに、今日のこのニュースの「特番」によって、
オンエアの変更を余儀なくされる・・・。

NHKの「SONGS」までが、来週9/19にオンエアが変更になってしまった。

さて、なぜ今、「辞任」なのか。今、取りざたされている話題が
首相の周辺に迫った「脱税疑惑」と「健康問題」。
いずれも、政権にとっては、致命的。ならば、先手を打って、「辞任」なのか。
エヴァンゲリヲンの主人公、碇シンジだって「逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ」
って言ってる。

相場に携わっているワタクシメとしては、昼過ぎからの報道が伝わった瞬間
緊張が走る、長い一日となった。

私の今のポジションは、「ベア」だ。日経平均225が、下落すると儲かる
というポジション。8月の月末に、ブルのポジションからベアにひっくり
返した。理由は、単純。7月の高値18295.7から8月の安値15262.1の
半値戻しを達成しなかったこと、そして、8/31は、高かったからだ。

相場の格言の中に、「半値戻しは全値戻し」という言葉がある。
高値から安値までの下げ幅の1/2戻しを達成するのなら、もとの高値までは
戻りますよって意味。

さて、明日からの相場をどう読むか、だ。
安倍首相が辞任したところで、次期首相が誰になっても、衆参のねじれ現象
には変わりはなく、困難な国会運営は続く。そういう意味では、政局リスクは
継続される、ということだ。

多分、一番気になるのは、外国人投資家の動向だろう。海外投資家は、政局混迷
や政治空白を嫌う傾向がある。速やかな次期総裁選びのスケジュールを当日に
発表しているのも、空白を避ける意味がある。だが、評価はネガティブと見る。

現在の金融市場は、米国のサブプライムローン問題に端を発した世界の市場の
混乱の影響が出ているが、これに、日本独自の政局問題が増えた、
というところか。

どちらにしても、週末のSQ、FOMCと、相場の変動には事欠かない材料が
控えている。2番底をつけに行くのか、それとも、もう底は打っているのか・・・。

  • 2007.09.12 Wednesday

tears of anri

tears of anri
tears of anri

今日は、ANRIさんが、ユニバーサル・ミュージックに移籍後、初の
アルバムをリリースする。「涙・別れ」がテーマのカバー・アルバム
「tears of anri」。

昨日、一日前に、店頭に並んだこのアルバムを早速買って聴いている。
やはり、気になるのは、小倉泰治さんが、アレンジをしているのか、
というところだったんだけど、残念ながら、クレジットはありません
でした。

このアルバムで、Pianoを弾いていらっしゃるのは、先日のフリー・
ライブでもKeyを担当していた、安部潤さん、でした・・・。

ワタクシメが、一番好きなのは、「探偵物語」。
なんと言っても、私、ボサノバ・タッチの曲にはかなり弱くて、(笑)
ヤラれてしまうんです。無条件に、好きなんですの。ANRIさんの
コーラスの字ハモのパートもすごくよくて。
(私、こういう鑑賞の感想とか、ちょっと人よりズレてるんです)
なんと言っても、大瀧詠一さんの楽曲ですしねぇ。

「悲しみがとまらない」のセルフ・カバー、ミディアム・スローな
テンポにしても、やはり、元の楽曲の良さが生きているなぁと思います。
ANRIさんの楽曲では、この曲、アップテンポの代名詞となっているけれど
テンポをおとして、アレンジし直したら、どうなるんだろう?と、
興味が尽きない楽曲は、実は、たくさんあると思ってるんです。

あと、ANRIさんの声質にすごくあっているな〜と思ったのは、「Love
is all〜愛を聴かせて〜」と「あなたのキスを数えましょ」ですね。
印象としては、原曲のシャーリーンの「I've Never Been To Me
(愛はかげろうのように)」を洋楽カバーしてほしいくらいなんです
けど・・・。「あなキス」は、サビの高音のところが、やっぱり、ANRI
さんの透明感のある高音で聴けるのが、いいなぁ〜と思います。

個人的には、「雨音はショパンの調べ」は、ロック・テイストのアレンジ
になっているんだと思うんだけど、イントロのメロディは、やはり、
サックスじゃなくて、アコピがよいなぁ、ショパンだし・・・と思いました。
あ〜、ユーミンちゃんのセルフ・カバーのイメージがあるんだね>私。

「雨」は、文句なく好きですね。
やはり、アルバム全編をとおして、ANRIさんのボーカルで聴けて
良かったなぁ〜という印象。やはり、音楽家として、Melody Maker
として、ANRIさんは素晴らしいと思うけど、VOCALISTとしても、
素晴らしいんだなぁ〜と思うアルバムです。

さて、カバーアルバムの企画であてているユニバーサル・ミュージック
だと思うんですけど、ANRIさんのアルバム、売れてほしいな〜と思います。
そしたら、今度、ANRIさんのオリジナル・アルバムをリリースする時には
予算を割いてほしいと思うし、小倉さんの敏腕も振るってほしいとなぁ〜
なんて、思っちゃったりして・・・。

ところで、話は変わるんだけど、ユニバーサル・ミュージックのサイト
Blogパーツから、ストーンズのDVDのリリースのを貼ってみたんですけど
ANRIさんのは、Blogパーツ、できないですかねぇ。

  • 2007.09.11 Tuesday

HAPPY BIRTHDAY TO ME

flower2flower

実は、昨日9/10は、ワタクシメのBirthdayでありました。
お祝いに、今日、お花をいただいちゃいました。
ありがとうございます!!

こんなふうに、生けてみたんですけど・・・。
どっかに、洋風の花瓶もあったと思うんだけど、
床の間の花瓶に生けてみまして・・・、どうでしょう?
雰囲気、台無しにして、すんません。

  • 2007.09.09 Sunday

首位奪取

やったね!!!!首位に立ったよ。
阪神タイガーーーース。
で、早速Blogのテンプレートを、タイガースVersionにしてみます。

  • 2007.09.04 Tuesday

秋の気配

小田和正さんのいた、オフコースの歌では、「秋の気配」が好きだ。
夜、窓の外から虫の音が聞こえると、なんとなくこの歌が聴きたくなる。

そういえば、小田さん、ユーミンの「海を見ていた午後」に
インスパイヤーされてこの曲を作ったんだとか、そういう話を
聞いたことがあったんだけど・・・。
(このエピソードが本当なのかもよくわからないんだけど・・・。)

なんか、最近、涙脆くなったよな〜と思うの。
後輩に言ったら、「若年性更年期ってのですか?」なんて言われたりして。
(やさしい後輩じゃ。)

先日は、あさのあつこさんの「バッテリー機廚辰鴇説をダラダラに泣きながら
読んだし、世界陸上の土佐さんの頑張って走る姿をテレビで観ているだけで
ウルウルきちゃうし、今日は、朝の通勤電車の中で、竹内まりやさんの
「みんなひとり」を聴いてるだけで、涙がこぼれそうになるし・・・。

「生まれる時ひとり 最期もまたひとり だから生きてるあいだだけは
小さなゆくもりや ふとした優しさを 求めずにはいられない」
竹内まりや 「みんなひとり」 from "Denim" (2007)

そうなの、ユーミンの「Midnight Scarecrow」 from "KATHMANDU
カトマンドゥ" (1995) にも

「人は何も持たずに生まれ 何も持たずに去ってゆくの
それでも 愛と出会うの」

って、歌詞があって、これって、真理だよなぁ〜って思うもん。

それにしても、「若年性?!更年期」っていったい・・・心配だなぁ。

  • 2007.09.02 Sunday

ANRI Summer Breeze 2007 Acoustic Tasty NITE,!!

Acoustic Tasty NITE,!!

さて、ANRIさんの夏のディナーショウライブである。
実は、9/1は、最初は、名古屋ドームでドリカムの「DREAMS COME TRUE
WONDERLAND 2007」を観に行く予定でした。アリーナ7列のチケットを
後輩に譲り、(すんごく喜ばれた)私は、岐阜に・・・。

今回は、「Summer Breeze 2007 Acoustic Tasty NITE,!!」と銘打ち
ライブは、アコースティク・テイストの「砂浜」から始まる。
オープニングの「砂浜」は、FAN CLUBのライブでもやっていた。

オープニングの3曲は、アコースティック・テイストの曲が続き、
ドラムのKennyも、パーカッションを担当。どこかの会場では、ANRI
さんがMCで、Kennyのパーカッション、はじめて見たと話されたそう
なんですけど、昨年の24時間テレビの日産ギャラリーのライブで
パーカッション、演奏しているんですね〜。

2曲目は、「Beach Boy In My Heart」多分、この曲、ライブで聴くのは
はじめてかもしれない。間奏の高山さんのアコースティック・ギターの
ソロと、コーラス・パートのNorikoさん、Ebonyさん、比山さんの
ハーモニーが素敵。

それにしても、この3曲は、選曲がシブイですよね。特に、3曲めの
「霧雨に消えてゆく」なんて、聴けて、涙モノ。この曲は、コーラス
パートがすごく美しいのと、間奏に、小倉さんのローズ(かな?)
ピアノのソロのパートがあって、かっちょいい。

さて、4曲目は、大好きな「Shoo-be Doo-be My Boy」この曲は、昨年の
冬のディナー・ショウでも演っていたんだけど、やっぱり、この曲の
Groove感は、めちゃくちゃかっちょいい。イントロ聴いただけで、グッと
きちゃいます。ベースの日野賢二さん、また、チョッパー・ベースと
ソロのパートが、聴けてよかったです。

特に、今回は、間奏でメンバー紹介をし、ANRIさんのスキャットって
いうのかな、それについて、メンバーが掛け合いで、ソロを弾いて行く
パートがあって、アドリブでしているのか、メロディが弾きにくいリズム隊
のベースもドラムも頑張ってましたねぇ。こういうポテンシャルが高いのも
ANRI−Bandのみなさんの技ですよねぇ。

この曲の途中で、ANRIさん思い切りMCしていたんですけど、岐阜には
お父様といっしょに来たことがあり、思い出もたくさんある地だとか、
昨日は、ホテルの窓から、能をやっているのが見えて、日本の伝統芸能の
素晴らしさに感じ入ったとか、子供の頃、鮎釣り(会場から、「鵜飼」
ってフォローが入り、それに「ありがとう!」と応えていた)鵜飼をした
写真があったこと、昨日、誕生日だったこと、ステージに飾ってある
お花は、誕生日のプレゼントであることを話されていました。

そのあと、小倉さんのアコピのけっこう長めのソロが入りました。
かっこいい。多分、この曲だけで、10分近く演っていたんじゃないかなぁ。

「Groove A Go Go」は、16th Summer Breeze のVersion なんだけど
「恋はMay Be」の前の間奏のところのコーラスパートが、すごくしぶくて
NorikoさんとEbonyさん、男性コーラスの比山さん、この3声の厚みと
グルーブ感は、見事!!でした。さすが!昨年の年末、Norikoさんと
比山さんは、矢沢永吉のツアーに出演していたチームですから。

そして、この「光に流されて」も、ライブで聴くのははじめて?かなぁ。
ラテンのリズムに、Kennyが、カホン(ゴミ箱ではありませんぞ)を叩く。
98年のナンバーで、TBS系の「世界・ふしぎ発見」のエンディングテーマ
だったんだけど、小倉さんのスピード感のあるソロも素敵でした。

「レディの決意はダイアモンドより硬い」は、96年のAngel Whisperの
ライブ以来だと思うんですけど、10年ひと昔、っていうけど、私は
5年くらい前の記憶のほうが、すごく遠いように感じるんですけど・・・。

そして「悲しみがとまらない」この曲は、やはり盛り上がりますよね。
さすがに、岐阜のお客さんは立ち上がったりする人はいなかったけど
手拍子が、がぜん増えるんで、ノッテるなぁ〜と思います。

そして、「オリビア」では、間奏で、会場から拍手が起こりました。
やはり、ANRIさんの名曲、ならではですよね。

アンコールでは、座席の裏に、コースターが貼り付けてある、との
ことで、当選者は、ANRIさんから、プレゼントが。
ネックレスとバッグ。ラッキーな3人でした。

「嘘ならやさしく」は、R134 Version。NorikoさんとEbonyさんの女性
コーラスがANRIさんをはさむようにして、パフォーマンス。
そして、エンディングは、「Summer Candles」これは、オリジナルの
Versionですね。やはり、夏のライブのエンディングにふさわしい。

岐阜のディナーショウ、少なくとも、私の席の周囲の方たちは、ファン度
が高い方はそんなに多くなくて、やはり、「オリビア」や、「悲しみが
とまらない」「Cat's Eye」なら、知っているという具合でしたが、
ライブの終演後には、とても満足されていたのが、印象的でした。

SET LIST

1.砂浜
2.Beach Boy In My Heart
3.霧雨に消えてゆく
4.Shoo-be Doo-be My Boy
5.Groove A Go Go
6.光に流されて
7.レディーの決意はダイヤモンドより硬い
8.悲しみがとまらない
9.オリビアを聴きながら
アンコール
10.嘘ならやさしく
11.SUMMER CANDLES

Vo. ANRI Key. 小倉泰治 G. 高山一也 B. 日野JINO賢二 Dr. Kenny Mosley
Cho. Noriko Lewis Cho. 比山貴咏史 Cho. Ebony Fay

  • 2007.09.02 Sunday

岐阜城

岐阜城岐阜城2

昨日、9/1は、ANRIさんの夏のディナーショーを観に、岐阜に来た。

街の真ん中に、金華山がそびえ、その頂に岐阜城が見える。
そして、そのほとりに、長良川が流れる。風光明媚なところだ。

こう見えて、けっこう戦国武将モノの歴史物語が好きな私。
織田信長公が、天下布武を唱え、「美濃を制するものは天下を制する」
といわれた美濃を中国の故事にちなんで、岐阜と改めたこの地を
訪れることができるなんて、ちょっと感激。

もちろん、岐阜城見学に出かけるのだ。この山の頂に登るには、
岐阜公園から、金華山ロープウェイに乗るのだ。
ロープウェイでは、観光案内もしてくれて、昔、稲葉山といわれた
この地を、金華山と変えたのも信長公なんだとか。
斎藤氏の居城は、稲葉山城だったもんね。

とにかく、この断崖絶壁のようなこの場所、きっと昔は難攻不落の
名城だったんだろうなぁ。
さて、折りしも信長公が、岐阜に居城を移したのは、永禄10年9月
初日、と案内板に書いてあった。ふふふ、なんたる偶然か、今日は
9月1日だ。これも、ANRIさんのお導きのおかげ。

そういえば、何年か前のNHK大河ドラマで、「利家とまつ」って
あったでしょう。あの時の信長公は、反町隆史さんだったんだけど。
反町さんの信長公は、口癖があって、「で、あるか」とおっしゃるの。
けっこう、それが好きだったので、私の携帯のアドレスは、
あんななの、なんです。

天下第一の門長良川グランドホテル長良川

真ん中の写真が、今晩、ディナーショーが開催される岐阜グランドホテル
を岐阜城から見た図。その横は、岐阜城から、西を見た眺め。

なんか、私、けっこう高いところが好きなのかねぇ〜、なんて思ってる?

ところで、私、ホテルでは、着いてから1回、ディナーショウ終演後に1回
翌朝起床してから、1回、温泉に行ったことは言うまでもありません。

Go to top of page